影詠みの天花―胡蝶の舞と月の記憶―

影詠みの天花―胡蝶の舞と月の記憶―

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

遊郭が集う天下の歓楽街――《胡蝶街》には、人やモノにとり憑く《影》を詠み、《影》を封じる《巫》と呼ばれる遊女たちが集められていた。胡蝶街一の巫と名高い少女・天花は、お祭りの夜、7年前に突然姿を消してしまった幼馴染の月長と再会する。喜びと戸惑いのなか、大陸からやって来た皇子からの依頼をきっかけに、ふたりの過去と運命と恋が動きはじめる――。栗原ちひろが描く、和風退魔浪漫ファンタジー開幕!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 一迅社文庫アイリス
出版社
一迅社
掲載誌・レーベル
一迅社文庫アイリス
電子版発売日
2014年03月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

影詠みの天花―胡蝶の舞と月の記憶― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月14日

    文章は、ああ手馴れた人の書いたものだなとそれなりに読み進められたけど……ヒロインとヒーロー(の、特に演技中のほうのわざとらしさ)がどうにも好きになれなかった。ヒロイン、可愛くないわけじゃないんだけど……ヒーローと対峙したときのそれでもわたしはあなたが好きなの!のテンションにまったくシンクロできなかっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています