1997年―世界を変えた金融危機

1997年―世界を変えた金融危機

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アジア通貨危機が地球を駆けめぐり、日本では山一証券など大手金融機関がバタバタと倒れた「1997年」。気鋭の国際経済学者がこの年に着目したのは、97年をきっかけに世界の資本の流れが一変したからだ。未曽有の金融危機は、なぜ起きたのか。過度の悲観主義が世界を覆った時、人間心理はどう動くのか。息詰まる「経済ドラマ」を注目の経済理論「ナイトの不確実性」を駆使して分析、失敗の原因を検証する。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
電子版発売日
2014年02月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    1997年の状況を客観的に描く第1章はやや平板な記述で退屈だったが、危機を描き出すツールとしての「ナイトの不確実性」について解説する第2章に入ると突然面白くなる。以下、第2章を中心に印象的な部分を要約して抜粋。

    ・「流動性危機」に対して中央銀行はどう行動するべきか。これについて提案したのが19世紀...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月03日

    ナイトの不確実性。
    平常時は楽観的。危機発生時には悲観的。
    流動性の危機→担保見合いに、相応のプライスを付して、惜しみなく流動性を供給する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月09日

    [内に外にと翻弄の年]日本国内では大型金融機関の相次ぐ破綻、海外に目を転じれば東アジアでの通貨危機と、金融関係で大きな変動を経験した1997年。なぜこの年に危機が集中したのか、そしてこの年を境にしてどのように金融の世界は変貌したのかを記しつつ、キーワードとなる考え方である「ナイトの不確実性」について...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    アジアの隼を読んで、
    アジア通貨危機に興味を持ったため。

    ナイトの不確実性とは、結果についての確率分布が未知なもの。
    人は不確実性を前にすると、過剰に悲観的になってしまい、流動性を選択する傾向がある。
    それが、1997年のアジア通貨危機、また今回のサブプライムの原因である。
    これの対処法としては、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    現在になって、経済学の分野で注目されるようになってきたフランク・ナイトの不確実性という概念に触れています。

    フランク・ナイトは、彼の著書「Risk,Unsernity and Profit(危険、不確実性及び利潤)」で、確率によって予測できる「危険」と、確率的事象ではない「不確実性」とを明確に区別...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    アメリカの金融マーケットに従事している者として現在のサブプライム問題を理解するのにも役に立った。「ナイトの不確実性」に言及、確率分布を利用して説明できる「リスク」と真の「不確実性」を明確に区別する考え方は非常に斬新だった。また、アジア通貨危機、LTCMの問題、日本の不良債権問題も非常に分かりやす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    新書だから楽に読めると思ったら意外と難解だった。入門書のつもりで読むと面食らう。でもしっかり理解するとかなり勉強になる。1997年の通貨危機以来、世界は「不確実性」の時代に突入し、投資は冷え込み、危機の蔓延を防ぐために連銀は金融を思い切って緩和し、そしてそれが現在のサブプライム問題に…と金融史のパズ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    あのアジア金融危機は何だったのか?
    それを知ることができる有用な1冊。
    ま、私は当時は高校生で何をそんなに騒いでるの?って思ってましたが・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月29日

    2007年秋頃(サブプライム問題発覚、安部首相辞任後)に書かれた本ですが、今日の金融危機へ至るメカニズムを見事に洞察しています。名著に推す人が多いのも頷けます。,後半の97年以降の世界経済安定化の内容が難解で読み返しましたが、非常に示唆に富みます。,,■ポイントとなるワード,・ナイトの不確実性,・エ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月21日

    世界的な貯蓄過剰状態にある。
    不確実性を負う傾向。
    中央銀行の最後の貸し手としての役割=バジェットルール=相手が望むだけ、高めの貸出金利をつけて、貸す。=自分がカネを持っていることを示すには、惜しみなく使う必要がある=最後の貸し手の役割を果たす
    IMFへの批判=最後の貸し手にならない。

    ナイトの不...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています