欧州統合、ギリシャに死す

欧州統合、ギリシャに死す

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ドイツ一極支配の衝撃! ギリシャ危機の正体は何か? これから何が起きるのか? 国際経済学の第一人者による緊急出版! 第1章 ドイツとフランスを分裂させたギリシャの「毒」 第2章 90年債務不履行国家が、なぜ生き長らえたのか? 第3章 ノー・モア・アルゼンチン・ルール 第4章 真実に目を向けようとしない欧州 第5章 ギリシャ危機は「終わらない危機」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
講談社
電子版発売日
2015年11月06日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

欧州統合、ギリシャに死す のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年06月16日

    2015年に勃発したギリシャ発のユーロ危機に際して、当事者(ギリシャ)とユーロの主要国(ドイツ・フランス)、そしてIMFがどのように動いたかを、時系列で実況している感じの本。詳細な内容をテンポよく記述していて、ライブ感が良い。また、この200年弱の間、ギリシャが国家債務に関していかに杜撰であったかを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年09月22日

    2015年に表面化したギリシャ危機を解説。
    ドイツとフランスの経済的、政治的、文化的姿勢の
    違いがギリシャ危機、欧州統合危機の原因である。
    ギリシャの債務減免を認めないドイツは、
    2度の大戦時にどれほどの債務減免を受け、
    経済成長を成し遂げたか。
    特筆すべきは、欧州連合大統領トゥスクの言葉。
    背筋が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング