「相手は薄汚ねえ盗賊だ。情け容赦は無用だぜ」。江戸の悪を“剃刀久蔵”が斬る! 

錺職(かざりしょく)の男が鎌倉河岸で死体となって浮かんだ。北町奉行所の調べでは溺死と判断されたが、頭には殴られた跡があり、客ともめていたのを見た者がいた。客が注文したのは丸に揚羽の蝶の銀簪。男の女房に真相究明をたくされた久蔵は、”丸に揚羽蝶”の家紋を手がかりに、背後に蠢く悪に迫る。久蔵の、心形刀流が炸裂する! 三編の読切り時代小説を収録。
好評シリーズ第13弾!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2014年02月07日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

秋山久蔵御用控 口封じ

Posted by ブクログ 2014年11月15日

この先生の作品は、別シリーズでも演者が同じ
だから主役がドッチでもいいような気がする
カミソリとあだ名される与力と、知らん顔の
同心が仲良しさんで良かったね

7/2 再読
どこかで読んだ気がしていた・・・途中から

このレビューは参考になりましたか?

秋山久蔵御用控 口封じ

Posted by ブクログ 2016年04月19日

20160419 安定しているシリーズ。今回でこれからの話の種が生まれた。どう展開するのか楽しみだ。

このレビューは参考になりましたか?

秋山久蔵御用控 口封じ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年07月02日

二度目だった。
自分で気を付ければいいのは重々承知だが、出版社替えての再販ってやめてほしい。
間違って買ってしまう。

このレビューは参考になりましたか?