戦後の日本社会で人々は、会社や家族という「共同体」を築き、生活の基盤としてきた。だが、そうした「関係性」のあり方を可能にした経済成長の時代が終わるとともに、個人の社会的孤立は深刻化している。都市、グローバル化、社会保障、地域再生、ケアなどの観点から、新たな「つながり」の形を掘り下げる試みである。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

Posted by ブクログ 2017年01月01日

経済の成熟化により、富の源泉がフローからストックにシフトしている。ストックからの分配を行うこと。
人生前半の社会保障を行うことの2点が今後の社会保障のポイントである。
といった箇所が最も共感できた。
もう一度読み直したい。

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

Posted by ブクログ 2015年10月12日

コミュニティの機能が失われた現代社会で、コミュニティの再生のために、コミュニティを問いなおす。しかし、それは、従来のコミュニティの再構築ではなく、新たな関係性、価値観にもとづいた、新たな機能を持ったものになるだろう。
本書の中で、著者はコミュニティの定義について、「人間が、それに対して何らかの帰属意...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

Posted by ブクログ 2012年10月14日

これは新書のレベルじゃない。
人生を懸けないと作れない大著だ。

参考文献100冊。
学問分野は経済学、社会学、心理学、人類学、宗教学、歴史学、哲学、倫理学をはじめ、科学論、独我論、医学、生物学、疫学、生気論、社会システム論、都市論、公共論、思想論、政策論、国家論、格差論、環境論、文化論、社会保障論...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

Posted by ブクログ 2011年05月12日

内容の鮮度が高く、密度が濃くて、読後は新書にもかかわらず、「お腹いっぱい」の感がある。それぐらい、本書を「コミュニティ論」の入り口として、また新しい研究への出口として、活用できる良書である。

人は一人では生きられない。コミュニティには功罪があるが、しかし、そこを無視しては、何事も解決の糸口はつか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

Posted by ブクログ 2010年09月14日

日本におけるコミュニティのあり方、というのは2010年現在、ある意味でとてもホットな話題である。

ちょっと厚めの新書一冊によくこれだけ色々なものを詰め込んだと思える浩瀚な論であり、参考になる視点が様々にあった。

特に、筆者の言う『福祉地理学』は今後重要さを増す思考法であろう。どのような地域におい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

Posted by ブクログ 2010年04月08日

『コミュニティ』はアンテナ張っているキーワードだったから即購入。あたりでした。まとめると、日本はもっと共同体を超えた規範を共有することで、個人としてつながれる環境を整える必要がある、となる。コミュニティやソーシャルキャピタルなどに興味がある方は必読か。

コミュニティは暫定の定義として『人間が、それ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

Posted by ブクログ 2018年11月26日

 第二部は”社会システム”という切り口からコミュニティを問い直していく章でした。主に都市計画や福祉政策の歴史的展開の振り返りや、社会システムの国際比較を通して、現在のコミュニティや公共を分析していくというテーマです。
 具体的には、第一部の視座に加え、「公-共-私の役割分担/力点の相違」「社会システ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

Posted by ブクログ 2015年02月06日

トマ・ピケティ「21世紀の資本」が売れに売れている2015年新春というタイミングでこの本を開きました。そのベストセラーにはまだ手をつけていませんが本書は「フローからストックへ」という社会の変化を先駆けて提示しているように思いました。もちろんエコノミーとコミュニティと目指すベクトルは違っているのですが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年12月05日

 戦後の日本社会とは、「農村から都市への人口大移動の歴史」であった。都市に移った日本人は都市的な関係性を築いていくかわりに「(核)家族」という、閉鎖性の強いコミュニティをつくった。これは家族の利益を追究することが、個人のパイの取り分の増大にもつながるという意味で一定の好循環を作っていた。しかし、経済...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティを問いなおす ――つながり・都市・日本社会の未来

Posted by ブクログ 2013年06月02日

人のつながりの形と、地域社会の課題をつなげて考えている一冊で、複雑化している問題の各論について考えるのと同時に全体感としての方向性をどっちに向けていくべきなのかという部分を考える助けになる本だなと思いました。
道に迷って迷って「あ、こことつながってたんだ」って思う瞬間と同じような、この問題とこの問題...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?