有料版の購入はこちら
値引き価格: 275円
 (250円+税)
5月12日まで
通常価格 550円 (税込)
獲得ポイント:

1pt

新刊オート購入

OUT 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    ただのヤンキー漫画ではない

    レイ 2020年01月24日

    主人公と要の出会い方はオーソドックスでしたがアウトローな感じもあります。喧嘩のシーンもリアルに描かれていて、面白いです。
    達也がどういう人間になるのか、期待です

    このレビューは参考になりましたか?

    楽しい反面シリアスな所もありま

    mattya-wheelchair 2019年11月14日

    単なるヤンキー漫画だと思ってたら、面白い面も有りシリアスな面もあり、少し行き過ぎた面も有り読みがいがあります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    おすすめ

    higu 2020年04月24日

    オモロイ

    このレビューは参考になりましたか?

OUT のシリーズ作品 1~20巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~20件目 / 20件
  • OUT 1
    値引き
    275円(税込)
    「ドロップ」「チキン」で大活躍の“狛江の狂犬”井口達也。17歳になった彼が地元を離れ、新たなる仲間とともに、凄絶な物語を紡ぐ!!
  • OUT 2
    値引き
    275円(税込)
    ダチを守るための喧嘩をしてしまった達也。だが、それで警察署に連行される。新しき地、仲間、すべてが「アウト」になる…!!
  • OUT 3
    値引き
    275円(税込)
    「ナメられたまま生きるのは、無理だ。」井口達也がつぶやいた言葉に凝縮されるアウトサイダー達の行動原理。 新人総長・丹沢敦司と井口達也。惹きつけ合うように出会った危険な2人。その時、互いの間の空気温度は一瞬で上昇する。沸点に達した不良達は越えてはならない一線を簡単にアウトするのだ…!!
  • OUT 4
    値引き
    275円(税込)
    ダチの要が爆羅漢の襲撃を受け、生死不明の重体に。総長・丹沢の号令のもと、動く斬人。だが、達也はまだ、この喧嘩の意味を考え、一人悩んでいた…。悩みに悩んだ末達也が出した結論は…!?
  • OUT 5
    値引き
    275円(税込)
    井口達也VS爆羅漢・下原賢三の死闘は続く!! 互いに“一線”を越えてしまった喧嘩は思いもよらない結末を迎えた。いや、迎えてしまったのだ…!!
  • OUT 6
    550円(税込)
    「いつでも人殺しになれる」。爆羅漢・下原賢三との死闘で己の闇に気づいた井口達也。自己嫌悪と自省の感情にさいなまれ、更正生活の仕切り直しを決心するが…!?
  • OUT 7
    550円(税込)
    斬人・特別遊撃隊隊長、田口勝と井口達也の死闘!! 強烈な投げで地面に叩き付けられ、意識が遠のく井口達也!! このままでは敗北は免れない。起死回生の策はあるのか…!?
  • OUT 8
    550円(税込)
    少年院から出てきた斬人6代目幹部連!! 7代目総長・丹沢敦司率いる斬人を取り戻すべく勢力拡大中!! そこに、井口達也とも死闘を繰り広げた爆羅漢・下原賢三が合流!? 西千葉市に再び血の匂いが漂い始めた…!!
  • OUT 9
    550円(税込)
    運命の悪戯か、アウトローとしての宿命か。丹沢敦司の宿敵「弦巻良樹」と出会ってしまった井口達也は…!?
  • OUT 10
    550円(税込)
    狂命戦争で命を落とした5代目斬人総長・皆川状介。丹沢敦司はその男の「死の真相」を達也に伝えようとしていた。斬人の歴史の最暗黒面を覗き込む達也だったが…!?
  • OUT 11
    550円(税込)
    街の影から突如現れる黒ずくめの鬼達。狂乱鬼のゲリラ攻撃が斬人を徐々に削っていくなか、心奥に狂気を飼う男が動く。狂乱鬼・春川剣一郎。その巨大な爪が、斬人、武藤将吾と沢村良を狙う。一方、中立の立場を取る達也には楽崎海が。狂乱鬼入りを懇願された達也の返答は…!?
  • OUT 12
    550円(税込)
    達也とトシの前に現れた長嶋圭吾。新人屈指の戦闘能力を誇るバトルジャンキーはあろうことか、狂乱鬼のチームシャツを纏っていた…。一方、副総・安倍要は状況を打開すべく単身で阿修羅の総長・火咲透の元へ。友好的に進むかと思われたトップ会談は急変、危険な事態に…!!
  • OUT 13
    550円(税込)
    その報告はあまりにも突然だった。耳を疑う斬人幹部達、そして井口達也。目黒修也が死んだ。恐れていた事は現実になったのだ。時間は遡ること5時間前……。斬人有数の戦闘力を誇る男に何が起こったのか。
  • OUT 14
    550円(税込)
    暗闇から突如として現れた巨大な陰。狂乱鬼・角田一輝が目黒修也の前に立ち塞がる。恐ろしいほどの戦闘力とタフネスを誇るこの男。さらに、その手には鈍く光るバットを握っていた…。6代目斬人と7代目斬人。血塗られた2つの世代の怨讐を終わらすべく振り下ろされる、それは危険なタクト。目黒を死地に送る葬送曲が始まる…。
  • OUT 15
    550円(税込)
    目黒修也の放つ強烈な連続攻撃がニカクにクリーンヒット。しかし、全身に筋肉の鎧を纏った怪物は微動だにしなかった……。イッカク戦で体力のほとんどを使いはたした目黒。そして相手はノーダメージのニカク。状況は絶望的。万策は尽きたのか…!?
  • OUT 16
    550円(税込)
    ついに判明した狂乱鬼のアジト。戦いを前にして、斬人メンバーの前で丹沢は自分たちの存在意義を語り始め……。
  • OUT 17
    550円(税込)
    決戦を目前にして、丹沢の脳裏をある記憶が駆け巡る。それは狂命戦争の元凶となった、5代目斬人総長・皆川状介との記憶。若かりし頃の二人に何があったのか…。
  • OUT 18
    550円(税込)
    ヤード内各地で繰り広げられる血で血を洗う死闘。1人、また1人と屈強な男たちが倒れていく…。安倍要率いる斬人副総隊は次第に追い詰められ、絶体絶命のピンチに陥ってしまう…。一方、弦巻良樹の元を目指していた丹沢たちの前に狂乱鬼副総長・三浦佑也が立ちはだかる。互いの正義が激しくぶつかり合い、戦乱の渦は大きくなっていく…。そして哀しみは連鎖し、新たな哀しみを生む。闇に侵され、業を背負った男...
  • OUT 19
    550円(税込)
    死者を出してもなお、激化の一途をたどる斬人と狂乱鬼の抗争。田口勝を捜索していた軽部玄也は突入先で目を疑うような惨状を目の当たりにする…。そんな中、独自の目的の為に“お宝”を求めて暗躍していた下原賢三は、本郷流希亜の墓標にたどり着く。だがしかし、そこで第三の勢力が抗争に介入…。それぞれの思惑が交錯し、戦火はより兇悪な大炎と化していく。
  • OUT 20
    550円(税込)
    次々と明らかになっていく斬人メンバーの過去。憎しみ、葛藤、後悔。様々な感情が増長し、抗争は喧嘩の域を大きく逸脱していく…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています