行動経済学 感情に揺れる経済心理

行動経済学 感情に揺れる経済心理

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

完全無欠な人間が完全な情報を得て正しい判断をする-これが経済学の仮定する経済人である。だが、現実にはこのような人間はいない。情報はあまりに多く、買い物をしたあとでもっと安い店を知って後悔する。正しい判断がいつも実行できるわけではなく、禁煙やダイエットも失敗しがちだ。本書は、このような人間の特性に即した「行動経済学」を経済学史の中に位置づけ直し、その理論、可能性を詳しく紹介する。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
242ページ
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

    Posted by ブクログ 2015年10月20日

    合理的で完全な選択をしない人間を経済学的に研究する行動経済学。
    前から興味があり関連する本を何冊か読んだことがあるが、この本が1番わかりやすかった。

    あくまで行動経済学とはの部分であるが、どういうものでどのような研究なのか、この1冊で行動経済学に魅了されてしまった。
    本文内に、さまざまな数式が出て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月09日

    行動経済学とは、というところを抑えることができる。大学院入試の口頭試問で行動経済学について聞かれそうだったので、少し抑えておこうと思い読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月10日

    しばしば語られがちな「ホモ・エコノミクス」の批判本である。
    「思い込み」「確率より感情」「衝動買い」「記録より記憶」など、人間の非合理的・非経済的感情を分析する、という書籍である。

    政府の行う経済政策は、しばしば思ったような効果を上げない。その原因は、「複雑なものを単純に捉えようとする」という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月11日

    タバコ嫌いなひとは興味と理解を得やすいと思う。なぜかこの本によってタバコ税は上げるべきだとますます感じてしまう(笑)終盤はよく耳にする囚人のジレンマ等々。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月29日

    現実の人間は古典経済学で想定する「ホモ・エコノミクス」ではなく、一見非合理的な行動をとる。その事実に対する今日の「行動経済学」等のアプローチを説明する。一部数式もあるが特に理解できない、という程ではなく、バランスの良い入門書と感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月11日

    丁寧な内容。友野氏のものより若干取っ付きにくい印象は受ける。それでも行動経済学がいかに学際的な質を持つかが感じられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月01日

    専攻分野上、数式に興味があるので読んでみた。人間の心理からくる行動を経済学の観点から数値化し、分かりやすく説明している。経済学を専攻していなくても文系の人にも読みやすい一冊となっている。個人的に面白かったのは割引効用理論。合理性を高めるには物事を経済の観点からみることが大切であると改めて思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月15日

    読みきった。
    が、これは結構難しい…。もう一度読まないといけないかも。

    --気になった言葉--
    人間は必然的に誤りを犯す。(中略)大切なのは、人間の誤りをシステム全体に関わる重大事故につなげないような予防システムである。(P45)
    興味深いのは、同一の人間が一方で少額のギャンブルをしながら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月03日

    行動経済学については、なんとなくにしか理解していない私が読んだ感想としては、ちょっと沢山数式がでてきたけれど、非常に楽しくよむことができた。ただし、以前読んだ、「経済は感情で動く」の方が読みやすい。その本を読んである程度行動経済学について本格的な興味を持ったら、入門書としてこの本を読むといいかもしれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    流行の行動経済学を歴史の観点で整理した本。学問としての発生過程、ゲーム理論との関わりなどが記されている。割引率の解説は特に詳しい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています