ほんものの人間を見つめる寺山修司の目には、偉人、天才も欠陥だらけに見える。母親のエゴイズムにあやつられ、暴君への道を歩んだネロに幼時の自分を感じて共鳴。一方、大気汚染のためにのびる都会人の鼻毛は進化か? とダーウィンを皮肉る。体験と今日的問題に例を取りながら、世界史上の大人物を真っ向うから斬ってみせる。ユニークな筆が冴えるやぶにらみ怪物伝!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

さかさま世界史 怪物伝

Posted by ブクログ 2009年02月02日

世界のありとあらゆる偉人を言葉でぶった切っていきます。ニュートン、ポー、ガンジー、ヒットラー、ランボー、空海、ダーウィン、etc・・・

特にヒットラーの記事は秀逸。

このレビューは参考になりましたか?

さかさま世界史 怪物伝

Posted by ブクログ 2013年04月06日

考えも及ばぬ批評が書かれている。

個性的な人物を個性的な見地で評されている。


少々…かなりの下ネタあり

このレビューは参考になりましたか?

さかさま世界史 怪物伝

Posted by ブクログ 2013年08月30日

偉人たちをぶった切ってちょいと見てみような話。
特に差異というか、影の部分を取り上げて、世間とは逆の視点から読み解こうとしている。
提示というよりは、ただ煽っているだけにも感じるけどね。
反骨精神って、知識がなければ神風になるだけね。

このレビューは参考になりましたか?

さかさま世界史 怪物伝

Posted by ブクログ 2007年10月05日

寺山修二デビュー。ハイ、遂に手に取りました、読みました。
ラスプーチン、写楽、サド侯爵、マキャヴェリ、モーゼ、ネロ、ダーウィン・・・etc
寺山的世界史上の有名人批評本。
寺山の名前は前から知ってたし、なんとなく気になってもいたと思うんだけど、食わず嫌いでずっと放置してた。
前に一度読んで見ようとし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

さかさま世界史 怪物伝

Posted by ブクログ 2007年08月02日

後世に名を残した歴史上の人物や思想家,科学者などを取り上げ,さまざまな角度,とくに負の側面にスポットを当てて批評を加えていくというコンセプト.ニュートンやヒットラーを初めとして,モーセやら空海やらグリム兄弟やらと,もうありとあらゆる分野の人物が矢面に立たされてしまう.批評の内容はともかくとして,著者...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?