由利先生と愛しき日々
  • 完結

由利先生と愛しき日々

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

創幻堂出版に勤める六車君には愛する作家がいる。我が儘で気紛れ、だけど才能溢れるミステリ作家の由利京一郎だ。そんな由利先生と戀人のような関係になったものの、そこに貴族のお坊っちゃま作家、佐倉先生が横槍を入れてきたり、由利先生の婚約者の女学生が現れたり、相も変わらず六車君の悩みは尽きず……純情可憐な六車君と偏屈な由利先生の喧嘩あり、愛ありの愛しき日々の物語。

ジャンル
出版社
大洋図書
掲載誌・レーベル
HertZ&CRAFT
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
56MB

由利先生と愛しき日々 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年07月29日

    創幻堂出版に勤める六車君には愛する作家がいる。我が儘で気紛れ、だけど才能溢れるミステリ作家の由利京一郎だ。( エロアリ★)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月20日

    由利先生シリーズ1冊目と合わせて読みました。こちらでは六車くんの可愛らしさ以上にたおやかさ、芯の強さが描かれていて、随分と印象が変わりました。またこの本の中盤のすれ違いシーンでは、期待した通り由利先生から歩み寄る姿が見れたことで由利先生の変化(軟化)も伝わってきました。安易な言葉ではありますが2人の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月10日

    六車の可愛さはなんなんだろうな(笑)酸いも甘いもでやってきたであろう由利先生をこれほどまでに夢中にさせたのは、彼の無自覚さゆえだ。純粋であることに無自覚だと、こんなに強い魅力になるんだなぁ。そしてこの二人は冷静に読むと正に「ボケとツッコミ」なんだなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月23日

    相変わらず癒やされる一冊。
    このシリーズ大好きです。
    六車くんはもちろん、由利先生も相当可愛いと思った今作でした。
    いい夫婦!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月19日

    由利先生シリーズとうとう完結!
    待ちに待った続編は晴れて恋人同士になった由利先生と六車くんのドタバタラブコメの展開に。
    恋人同士になってからというもの、由利先生の六車くんの束縛ぶりはどんどんエスカレート(愛ゆえに?)していってます。
    嫉妬したり意地をはったりと、恋人同士ゆえにすれ違ってしまう二人。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月07日

    由利先生シリーズ続編!
    うはうはしながら買ってきました。
    あいかわらずかわいいカップリングで幸せ、です…vv
    由利先生の心情的なものとか、
    もうちょっと欲しいような気もしましたが、
    独特の間合いとかイラストの雰囲気とかで、
    そりげないせつなさやおぼつかなさが感じられて、
    全体的に幸せになれるまんがで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月10日

    今月一番楽しみにしてた本で、期待に違わぬ萌えっぷりでした。
    なんだろう、時代設定が好きなのかな?
    六車くんの成長っぷりにほっこりしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月07日

    由利先生とコイビトみたいになってる六車君ですが、お坊ちゃま作家の佐倉先生が茶々を入れてきたり、由利先生のお義母さんがジャマしにきたり、由利先生の婚約者の女学生が登場したりと波乱続きで、翻弄されてます。

    意外とヤキモチ焼きな由利先生が可愛い。
    腐女子的な柚子がいいスパイスになってますね。

    いろい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月04日

    これで完結かと思うと…(;ω;)木下さんらしい作品ですよね、由利先生シリーズ。本当に先生も六車君も愛しくて仕方がない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月30日

    え、発売から5年も経ってる!?

    全く知りませんでした、読んでないことを。
    好きなお話だったのに・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍