龍馬の油断 幕末七人の侍

龍馬の油断 幕末七人の侍

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

撃剣家として知られた坂本龍馬は、人を斬るのを厭いピストルを常に所持していた。彼が池田家でみせた油断とは? 父の失脚で辛酸を舐めた少年時代をおくり、勝海舟のもとにきた陸奥宗光の剣。ほか山岡鉄舟、吉田松陰など、幕末維新の世にひと際光を放った七人の剣士たち、それぞれの剣の道を枯淡の筆致で描く短篇集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年11月29日
紙の本の発売
2013年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

龍馬の油断 幕末七人の侍 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月10日

    坂本龍馬、陸奥陽之助、山岡鉄舟、中村郁蔵、高橋泥舟、
    勝海舟、吉田松陰

    中村郁蔵はググってもヒットしない人物で実在してるのか謎。
    紀州藩士で三浦休太郎の護衛役。天満屋事件で中井庄五郎の首をはねたとあり。別には、新撰組がやったともあり、真偽不明。ここで、陸奥陽之助の動きも取り上げて欲しかったな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月27日

    タイトルは『龍馬』だけれども、取り上げられているのは、坂本龍馬の他に以下6人にまつわる短編集。
    ・陸奥宗光
    ・中村郁蔵
    ・山岡鉄舟
    ・高橋泥舟
    ・勝海舟
    ・吉田松陰

    著者は剣術に詳しいことで有名で偉人の若い頃の剣術修行についての内容が興味深い。
    個人的には高橋泥舟と山岡鉄舟の短編が印象に残る。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています