神曲 天国篇

神曲 天国篇

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

永遠の女性ベアトリーチェと再会し、九つの天を昇りはじめたダンテ。星々の光が饗宴する中、天上の至高天でついに神の姿を捉える--第3部。「文学の枠を超えた、表現の怪物」(中沢新一/本書エッセイ)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
シリーズ
神曲シリーズ
電子版発売日
2013年11月25日
紙の本の発売
2013年11月
サイズ(目安)
13MB

関連タグ:

神曲 天国篇 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年04月15日

    天国編では訳者も解釈にかなり苦労なさったあとが、脚注や巻末解説のあちこちに見られる。カトリックの神学用語に脳内変換しないと読みづらい箇所も多かった。キリスト教嫌いが多いこの国では、どう受容されているか考えたくもない感じだが、カトリックにシンパシーを抱く人なら、誰でも感動するだろうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    ダンテの旅もようやく集結。最後を飾る天国篇は風景描写がイメージしにくかった。そして、ベアトリーチェがやたらと出てくる。まあ、ダンテの個人的な愛を反映しているので、聖母マリアではなくベアトリーチェでいいのだろうけれど。理解するには膨大な知識が必要だと思い知った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月18日

    やっと読み終わった…。興味がなくてもそのうち湧いてくるかと思ったけど無理だった!笑
    なんかでもてんごくって割とぶらっく企業?私の信仰は学生時代スコラ神学の本を読むことで得られました!会社のルールと自分のルールが違う?会社のルールが一番です!
    しかも役員には伝説~歴史の教科書に載るレベルでないとなれな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年02月27日

    イタリア古典文学の最高峰

    作者ダンテが自分を主人公に描いた夢物語小説

    1265年フレンツェに生まれたダンテは9歳の時にであったベアトリーチェに恋し、その愛が彼の創作活動の源となった。

    彼はわざわざ市民たちが読みやすい口語体のイタリア語で『神曲』を13年かけて書き上げた。完成直後に亡命先のラヴェ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年03月01日

    ああ この喜悦(よろこび)!いうすべのないこの愉しさ!
    ああ 愛と平安に満ちたこのいのち!
    ああ 望むものとてないこの富(たから)よ!

    前作の煉獄篇での地上の楽園から、いよいよダンテは天国の世界に足を踏み入れます。

    といってもこの天国篇、なかなか難解です。
    前作の地獄篇や煉獄篇よりも難解に感じる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

神曲 天国篇 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川ソフィア文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング