逃げるは恥だが役に立つ(10)
  • 完結

逃げるは恥だが役に立つ(10)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 484円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

契約結婚から本当の結婚へ。家庭という仕事場で、雇用主と被雇用者だった関係から、共同経営者になったふたり。社会的にも正社員として勤め始めたみくりちゃんと、転職した平匡さんのその後は? 家庭生活も会社生活も激変が続く、待ちに待った新刊!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kiss
電子版発売日
2019年08月09日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
57MB

逃げるは恥だが役に立つ(10) のユーザーレビュー

    購入済み

    さすがです

    lavender 2019年08月10日

    ストーリー自体も楽しいし、
    前作同様、今の社会慣習にぐいぐいツッコミを入れて、
    読み手としては超きもち良かったです。
    ホモソの上司へのモヤモヤモヤモヤ、めっちゃわかるー!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    待望の最新刊

    ゆっか 2020年01月29日

    相変わらず日本社会の問題点が露わにされていて、そこに平匡とみくりが切り込んでいく爽快感がある。
    みんな言いたくても言えないことをズビズビ言ってくれる。気持ち良い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    流石です!!

    2020年01月15日

    テーマと内容がしっかりマッチしていて、共感しながらテンポ良く読み進めれました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    待望の続編!

    カヨコ 2020年01月04日

    まさか続編が出るとは!
    みくりがちょっと大人っぽくなっていてり、津崎さんは変わらず、クールなようで優しいままだったり、周りのみんなの上京も色々変化しつつもただの恋愛マンガで終わらない深い内容なところは健在で面白いです!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    逃げずに楽しめ

    昭和のオヤジ 2019年12月17日

    雇用関係と言いながら、シャイな二人の恋愛物語です。昭和の時代の真っ直ぐな愛情表現とは違って、それぞれの考えや人生観を尊重することでお互いが人生を豊かに楽しく過ごしていくことに重点を置いている。  のかな?  何も考えず、楽しく読むのが一番ですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ホモソへの嫌悪感

    かち 2019年11月24日

    ホモソーシャルの団結感とか、その中での女性に対する自己満足的な気遣いとか、日常社会で感じる嫌悪感を上手に言語化してくれています。旦那さんに呼んでほしい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    うらやましい感じ

    naoma. 2020年07月12日

    ドラマのその後のお話です。
    妊娠、育児、育休などの夫婦のあり方について、理想形が描かれていて、自分はまったくそうではなかったのでうらやましいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月04日

    ハグって良いよね〜!
    『ハグの日』懐かしさと共に うるうるしちゃいました

    みくりちゃんに又会えて嬉しい!!

    海野先生の『後書き』に なるほど〜と思いつつ
    連載再開に感謝です!!

    新たな みくりちゃん・平匡さんの生活と、百合ちゃん・風見さんのこれからが気になる!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    結婚の次は出産、育児か~。
    日本人は働き方に余裕がないよね。
    子育ては仕事以上に大変なのに、両立できる自信が全くない。
    かといって、片方だけの収入でますます高額になる教育費を捻出する自信もない。
    老後の生活も心配なのに。少子化はなるべくしてなってるね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月30日

    みくりさんと平匡さんみたいな夫婦になりたい~。妊活中の身なので、この先うまくいったときに、こんなふうになっていくのかもだなぁと思います。
    みくりさんみたいに、相手を思いやりながら、言いたいことを丁寧にわかりやすく伝える力がいるなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

逃げるは恥だが役に立つ のシリーズ作品 全11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 逃げるは恥だが役に立つ(1)
    完結
    森山みくり(25歳)、彼氏なし。院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、ただいま求職中。見かねた父親のはからいで、独身の会社員・津崎平匡(36歳)の家事代行として週1で働き始める。両者ともに快適な関係を築いたふたりだが、みくりが実家の事情から辞めることに。現状を維持したい彼らが出した結論は、就職としての結婚――契約結婚だった! ひとつ屋根の下、秘密と妄想(?)の生活が始まる……...
  • 逃げるは恥だが役に立つ(2)
    完結
    津崎平匡(36歳)と森山みくり(25歳)は、どこにでもいそうな普通の夫婦。夫=雇用主、妻=従業員の契約結婚という点を除いては! 万事うまく運んでいた彼らの生活に、不穏な風が吹く。津崎の会社の後輩・風見涼太(28歳)から、ふたりは仮面夫婦ではないかと疑われ……。そして風見が持ちかけた驚きの「提案」とは!? ひとつ屋根の下、新婚家庭(という職場)に波乱あり! 海野つなみが現代の諸問題を...
  • 逃げるは恥だが役に立つ(3)
    完結
    『このマンガがすごい! 2013』オンナ編(宝島社)で堂々の第8位! 話題の契約結婚ストーリーの第3巻です。津崎さんと風見さんとの「みくりちゃんシェア」という衝撃の発言で終わった第2巻。契約婚夫婦のふたり+風見さんの関係はどうなったのか!? そして、百合ちゃんは!?
  • 逃げるは恥だが役に立つ(4)
    完結
    風見(かざみ)さんでのお仕事(家事代行)が百合(ゆり)ちゃんにバレて、仕事現場に乗り込まれたみくり。急遽開かれた津崎(つざき)さんとの話し合いの結果、自分たちに足りない新婚感を手に入れようということになり、初めての◯◯が行われた。やがて、百合ちゃんの家庭訪問をきっかけに事態は思わぬ方向へ!?
  • 逃げるは恥だが役に立つ(5)
    完結
    母親のケガで急遽実家に帰っていたみくりが久しぶりに帰宅する。内心大喜びの津崎(つざき)さんだが、素直に嬉しさを表せない。そして迎えた月2回の「ハグの日」。やっぱり自分からは言い出してくれない津崎さんだが…!?
  • 逃げるは恥だが役に立つ(6)
    完結
    定例のハグの最中、想いが募ったみくりが発した一言を津崎(つざき)が否定したことから、ふたりの距離は遠ざかってしまい……? そして訪れた津崎の37歳の誕生日。彼らの結婚生活を急転させる、長い長い夜が始まる──! 話題の契約結婚ストーリー、急展開!!
  • 逃げるは恥だが役に立つ(7)
    完結
    就職としての契約結婚をした、みくりと津崎(つざき)さんだが、契約恋人の期間を経てホンモノと恋人となった。それはいいのだが、結婚の契約部分はどうなるのか新たな問題が持ち上がる。そんなとき、津崎さんの勤務先に統合の話が!? 急展開の最新刊!!
  • 逃げるは恥だが役に立つ(8)
    完結
    ある日、ふたりで飲みにいった帰りに思いがけず、風見さんの前で涙が止まらなくなってしまった百合ちゃん。百合ちゃんの涙の理由は? そして、風見さんのその後の行動は? みくりと津崎さんの別居生活の行方もあわせて、見逃せない最新刊刊行!
  • 逃げるは恥だが役に立つ(9)
    完結
    2016年最大のヒットドラマとなった「逃げ恥」の原作。ドラマの最終回とほぼ同時にこちらも連載の最終話を迎えて、それも話題になりました。最終巻となる9巻では、百合ちゃんと風見さんのその後を描いた番外編を加えて、お届けします!
  • 逃げるは恥だが役に立つ(10)
    完結
    契約結婚から本当の結婚へ。家庭という仕事場で、雇用主と被雇用者だった関係から、共同経営者になったふたり。社会的にも正社員として勤め始めたみくりちゃんと、転職した平匡さんのその後は? 家庭生活も会社生活も激変が続く、待ちに待った新刊!!
  • 逃げるは恥だが役に立つ(11)
    完結
    妊娠がわかってから、話し合いと入念な準備をして出産にのぞむはずのふたり。しかし、会社も家庭も、ふたりを取り巻く環境も周囲の人々も、予想外の問題も発生し、思うようにはいかないことだらけ。ぎくしゃくし始めたふたりの関係を救うものは!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています