ラブ・マスターX(3)
  • 完結
  • 最新刊

ラブ・マスターX(3)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

息が止まりそうなくらい大好きだったのに、なんでもう何も思わないんだろう……。先輩にオトコを感じたナオは、急に先輩を遠ざけるようになってしまう。それに、姿を変えたハミオのコトがなんだか気になっちゃうし、スキって消えてしまうものなの? マイジに惚れていたはずのユリナは、いつの間にか先輩に本気になっていて……。それぞれの恋がクライマックスを迎える!? 安野モヨコの恋愛スペクタクル、最終章!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
なかよし
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
87MB

関連タグ:

ラブ・マスターX(3) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    完結です

    全部通して学んだなぁという感じ

    好きって難しいな

    人って難しいな

    好きってなんだろう

    でも、すごい共感

    今まで考えてたもやもやがすっきりした

    少し人生をわかった気がした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月15日

    京王堀之内という狭い街の中で、誰かが誰かを好きになり、みんながみんなを知っていて、しかもそれは報われない。物語の材料にふさわしいシチュエーションのような気がするけれども、でもそんなことは実は、実際の現実によく起こっている出来事だ。

    なんで・・・急にスキとかキライとか自分の勝手で決めて
    相手にいきな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月30日

    ラストは割と予想していた展開かな、といった感じ。

    モヨコは常に「ラブなんて病気、幻想、でもせずにはいられない!」と言っているような気がするのだけれど、それを思いっきり出した作品だったなあというイメージ。

    私があまり恋愛に興味がないせいか、「そうだねー」で終わってしまうんだけれど、やはり作品のパワ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    わかりづらいけど、ちょっと色々考えさせられた。
    まだ、結局作者が何を言いたかったのかちょっとよくわからない。
    二度三度読み返す気には、いまのところならない。
    独特の表現もあって個性的。

    このレビューは参考になりましたか?

ラブ・マスターX のシリーズ作品 全3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • ラブ・マスターX(1)
    完結
    恋をしているやつは誰だ!? どこにでもいる普通の中学生・野沢ナオ。入学当時から好きな先輩は、ちょっと暗めでハヤリに流されてないカッコイイ人。けれど、先輩が噂の美少女に告っているのを見てしまい……。スキってどういう気持ちなんだろう。狭い街のそこでもあそこでも、誰かが誰かに恋してる。恋の連鎖はとどまるトコロを知らず、永遠に続いていくかのよう……。安野モヨコの恋愛スペクタクル!!
  • ラブ・マスターX(2)
    完結
    片思いしていた先輩と、甘酸っぱいレンアイをすることになったナオ。嬉しいはずなのに、なんだかヘンな感じで……。一方、先輩と噂になった美少女・ユリナは、好きな男を振り向かせるため、芸能界入りを果たした。スキって永遠に続くものじゃないの……? 最近様子がおかしいナオの両親も、ナオを追いかけるハミオも塾の先生も、みんなが誰かをスキでいる。恋をせずにはいられない!? 安野モヨコの恋愛スペク...
  • ラブ・マスターX(3)
    完結
    息が止まりそうなくらい大好きだったのに、なんでもう何も思わないんだろう……。先輩にオトコを感じたナオは、急に先輩を遠ざけるようになってしまう。それに、姿を変えたハミオのコトがなんだか気になっちゃうし、スキって消えてしまうものなの? マイジに惚れていたはずのユリナは、いつの間にか先輩に本気になっていて……。それぞれの恋がクライマックスを迎える!? 安野モヨコの恋愛スペクタクル、最終章!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています