わたしもファラデー たのしい科学の発見物語

わたしもファラデー たのしい科学の発見物語

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
紙の本 [参考] 1,944円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

科学者・ファラデーはロンドンで鍛冶屋の子として生まれました。小学校しか出ていない彼は,7年の徒弟奉公をへて,一人前の製本職人に。ところが徒弟時代に知った科学の楽しさが忘れられませんでした。ファラデーはどのようにして大好きな科学への道を歩んだのでしょう。世界最初のモーター・電波の存在・半導体……ファラデーは,今日の私たちの生活に欠かせない数々の重要な発見をしています。それは今なら一人でノーベル賞をいくつも受賞するほどのもの。でも,それは彼が天才だったからではありません。数学ができなくても,豊かなイメージを武器に次々と世界的な大発見をなしとげたのです。これまでどの本にも取り上げられていない発見についても紹介。ファラデーの魅力と仕事をもっともよく伝える1冊! また,好きなことを仕事にした人のお話は子どもたちに知らせてあげたくなる魅力でいっぱい。

★★ もくじ ★★
第1章 ファラデーの生い立ち

第2章 新元素〈ヨウ素〉の発見に立ち会う
科学者としての第一歩

第3章 安全ランプの発明

第4章 磁力線のすばらしさの発見
世界最初のモーターの発明

第5章 電磁気の感応現象の追求
電磁誘導現象の発見

第6章 半導体物質の発見
白金の不思議な現象のなぞ

第7章 磁石を近づけると逃げる物質の発見
〈光も磁石に影響を受ける〉ことの発見から
〈電波の存在〉の予言まで

ジャンル
出版社
仮説社
ページ数
187ページ
電子版発売日
2013年11月29日
紙の本の発売
2003年11月
コンテンツ形式
EPUB

「わたしもファラデー たのしい科...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年01月02日

いたずら博士の本。著者の板倉聖宣はきっとファラデーのファンのはずだ。冒頭では「ファラデーの論文をすべて参照したが、数式はほとんど使われていなかった」として、ファラデーが数学に疎かったことを説明していたり、友人・同僚などに宛てたファラデーの書簡をたくさん紹介している。「いたずら博士」の異名はダテじゃな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月29日

もともとファラデーという人には興味がありました。
考える事とか,やってみる事とかが,いかに大切かわかります。
なるべくしてなった天才よりも,ファラデーのような人のほうがなんか素敵です。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,825

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!