教育が生まれ変わるために 教えるに価するものは何か

教育が生まれ変わるために 教えるに価するものは何か

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

8pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

いじめ・登校拒否・学級崩壊……と,暗い話題が多い教育界。そんな中で,この本は異常?と思えるほど,教育に関する明るい話題がたくさん盛り込まれています。教育の現状を新しい視点で眺め,仮説実験授業を中心とした具体的な改革の手だて,たしかな評価論等,教育に明るい見通しを持てる,画期的な論文集。

★★ もくじ ★★
第1部 教育の現状
自分の判断で行動する人の時代/校内暴力・いじめ・登校拒否/「理科離れ」現象について,他

第2部 一番大切なことは評価してはならない
子ども本位の教育思想と感想文/創造性と評価/うその効用/教えたいことがあれば評価したくなる/自然法と民主主義,他

第3部 読み書き・計算,原子模型
教育が生まれ変わるための具体的手だて
〈習うより慣れよ〉の教育学/英語教育解体論の試み/道徳教育のいやらしさとすばらしさ/理科ばなれ克服への道/分子模型作りを新しい国民常識に

第4部 理想主義の再発見
授業における「たのしさ」の意義/馬鹿についての覚え書き/仮説実験授業の考え方と成果,他

ジャンル
出版社
仮説社
ページ数
294ページ
電子版発売日
2013年11月29日
紙の本の発売
1999年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
51MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています