サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ

サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人は自分で考えているほど、自分の心の動きをわかっていない。人はしばしば自覚がないままに意志決定をし、自分のとった行動の本当の理由には気づかないでいるのだ。人間科学の研究が進むにつれ、「認知過程の潜在性・自動性」というドグマはますます明確になり、人間の意志決定の自由と責任に関する社会の約束ごとさえくつがえしかねない。潜在的精神を探求する認知・行動・神経科学の進展からうかびあがった新しい人間観とは。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
303ページ
電子版発売日
2013年11月08日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年04月12日

無自覚的な心のはたらきをもとに、行動・認知・神経科学的な過程をさまざまな実験結果を引用し説明。わたしたちは自分の行動の理由を説明できるけれど、実は行動に現れる無自覚の認知過程と言語報告に現れる意識的な過程とは別物だそうだ。何度も見ることで好感が上がり、商品の購買につながること(サブリミナル・コマーシ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月29日

下條先生がCalTechに言ってしまう前に、最終講義がわりにこの本の読書会を開いたって覚えがある。なにか一生懸命質問したはずだが、覚えてない。当時、下條先生がディスカッションするときの「3つ質問があります」というスタイルを真似ることに夢中でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月22日

面白い。

人の行動が潜在的な、本人にとって無意識の認知過程に大きな影響を受けていることを、心理学史上の様々な実験を紹介しながら解き明かしていく。

密閉したビルの中でネズミを飼うと、ある程度まで増えた後、性的不能な個体や子殺し、同性愛などが多発し、場合によっては個体数が減少することもある。
言うま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月02日

<目次>
 0.私の中の見知らぬ私―講義に先立って
 1.自分はもうひとりの他人である―自己と他者の社会認知心理学
 2.悲しいのはどうしてか?―情動と帰属理論
 3.もうひとりの私―分割脳と「自己」
 4.否認する患者たち―脳損傷の症例から
 5.忘れたが覚えている―記憶障害と潜在記憶
 6.見え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月21日

大学で心理学部に入ってすぐ読み、心理学に興味を持たせてくれた一冊。

実験・生理心理学の入門には最適。読み終わった後は、抽象的な人間のこころとは何なのかが少し理解できるようになるはず。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play