考えない練習

考えない練習

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ベストセラー作品の文庫版を電子化!話題の僧侶による、休脳のススメ
「イライラ」「不安」は、練習でなくせる。

考えすぎて、悩みがつきない私たちに必要なものは、もっと「五感」を大切にする生活。
それは難しいことではなく、ちょっとしたコツの習得で可能になる。

著者の著作のなかでもっとも実践的と評され、多くのメディアでいまなお取り上げられ続ける本書で、不安のない日常を手にしよう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
小学館
シリーズ
小池龍之介の練習シリーズ
ページ数
267ページ
電子版発売日
2013年11月01日
紙の本の発売
2012年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

考えない練習 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月28日

    非常にためになりました。大抵の悩みは承認欲求か怒り。
    それな流されない為に感じることが大切ということが分かりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月07日

    人はより強い刺激を求めて暴走する生き物である。

    しかし、その刺激の求め方を変えてはどうか?というのがこの本の一番言いたいことである。

    街歩きをすれば、とにかく目立ちたい看板で人の目を刺激する。また音を出しながら走る車もまた、人に目立ちたいから耳を刺激する。強い香りは鼻を刺激して目立とうとし、強い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    簡単にまとめれば、『(アレコレ余計なことを)考えない(で、集中力を高める)練習(でもキツいことは何にもありませんよ)』といったところ。各章で挙げられるネガティブな考え方・生き方の例が、まさしく自分に当てはまることばかりで、「今まで随分と、自分で自分を苦しめてきたのだなぁ」と神妙な気持ちになった。内容...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月01日

    また何度か読みたい本。

    考えない練習、というよりは、余計なことを考えないで集中する練習、かなと思った。
    本文ももちろんおもしろいですが、最後の脳の研究家さんとの対談、一番しびれました。

    表紙のキャッチに書いてある、イライラや不安を消したい、という願望がそもそも余計な考えってことだけど、それを無理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月05日

    【三毒】
    ・欲
    情報を求める心の衝動エネルギー

    ・怒り 
    情報に反発する心の衝動エネルギー

    ・迷い 
    目の前のことに飽きて別の刺激を求める心の衝動エネルギー
    無知の煩悩とも言う=自分の体の中での意識の働きや思考の動きを知らない


    【八正道】
    ステップ⓵ 自己ルールを律しぶれない芯を作る
    正思惟...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月15日

    心の三毒である欲、怒り、迷いから離れるための方法。
    目・耳・口・鼻・舌・身体を使って、感じることが大事。自分自身のことを考えるのではなく、周りの人や本などから、聞く、話す、触る、書く、読むことで、自分を客観視することが大事。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    考えない練習
    著:小池 龍之介

    本書で提案する思考の調教とは、五感を研ぎ澄ませて実感を強めることにより、思考というヴァーチャルなものを乗り越える手だてである。目・耳・鼻・舌・身の五感に集中しながら暮らす練習を経て、さらには思考を自由に操ることを説いている。

    本書の構成は以下の9章から成る。
    ①思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    「考える」ことにエネルギーを割かれないための方法を、仏教の手法をベースに具体的に書かれた本。

    情報を入り口で止めて自分の自我を刺激しない、自分の感情をぶつけて相手の自我を刺激しないというのは、練習が必要だけど、それができたら心が穏やかになるだろう。
    ささいなウソもつかない、というのもハッとする。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月19日

    何か嫌なことを思い出して、もやもやしながら時間を無駄に過ごしてしまうことが多かったで、本書を読みはじめました。まだ、練習中なのですが、だんだんと効果を感じています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月09日

    僧侶である著者が「なぜヒトはやたらと雑念が多くなってしまうのか」について説明しています。また、雑念をうまく振りほどいて安穏な精神状態になるにはどうすればよいかについても説明しています。雑念発生のメカニズムについては概ね僕が普段から思っていることと同じで、しかもそれを明文化してくれているのでよりはっき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

考えない練習 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング