交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から
作者名 :

1巻配信中

価格 616円 (税込)

国際交渉の「陰の立役者」が
舞台裏を生々しく語る
決裂必至の国際会議で合意をつくる根回し術とは?

相手国を満足させ自国の利益にもなる落としどころはどう探る? 日本外交の強みと弱みとは? コソボ軍事紛争調停から名古屋議定書まで、世界の修羅場をくぐりぬけ独自の交渉スタイルを確立した著者が、メディアでは報道されない国際交渉の舞台裏を紹介し、より尊敬される日本への道筋を提言する。

ジャンル
出版社
NHK出版
掲載誌・レーベル
NHK出版新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年05月11日

メモ
◆交渉では勝つことではなく、互いに一緒に結論を導いたという達成感を共有することが大事。
◆そのために、信頼関係の醸成と構築が必要
◇エレベータープレゼンテーション
30秒~1分で案件の進捗状況報告、問題点とその対策を提案し、承認してもらう「じゃやってみろ」というところまでもっていく。

相手...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

Posted by ブクログ 2014年09月02日

交渉では「勝つ」ことを目標にしてはいけない。
メディエーターは、訳せば「調停官」である。
ごめんなさい、お願いします、と言えるように。
エレベーター・プレゼンと、A41枚に主張をまとめるすきる。
リーダーシップとは任せること。相手に、センス・オブ・オーナーシップをもたせること。
まず聞くこと。そして...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

Posted by ブクログ 2014年07月23日

国際紛争や 環境交渉に国際ネゴシエーターとして関わる著者の軌跡を活写するもの。大変、興味深く、参考になります。交渉のあり方のヒントも満載。

このレビューは参考になりましたか?

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

Posted by ブクログ 2014年03月12日

”国際ネゴシエーター”なる謎の職業についている島田久仁彦氏の半生を振り返りつつ、国際交渉官の職業内容・そこに伴う責任感や緊張感を詳しく解説している。

傭兵みたいな生きかたもいいかもなぁ

このレビューは参考になりましたか?

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

Posted by ブクログ 2013年11月27日

交渉のプロが自身の経験を通して、失敗談を交えながら交渉の成功方法を伝授してくれる1冊。
最初から完璧な提案資料を出してはいけない。や、
双方の折り合いのちょうど良い所を分かっていても、まずは互いに意見を言わせる。など、平和的交渉に向けてのアドバイスが盛りだくさん。
著者は国際交渉のプロなので、扱う案...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月05日

国際ネゴシエーターというなかなか普段耳にしない仕事をされている方のエピソード。紛争解決のための交渉や環境問題のための国際会議などで活躍されている。環境問題に関して自分も興味がありNGOの立場から問題に取り組んでいるがやっぱりそのNGOでの思惑とかが入った視点となってしまう。そのあたりにもコメントがあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

Posted by ブクログ 2018年11月25日

COPや国際会議のファシリテーターを務めるわけでないにしても、会議のまとめ方とか、交渉技術について、リアルな教訓が詰まっている。

このレビューは参考になりましたか?

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

Posted by ブクログ 2018年11月11日

国際会議などの舞台で活躍する著者の交渉のノウハウや経験談が書かれている。さすがというまでもなく、読みやすくわかりやすい文章でどんどん読んでいける。
口下手でプレゼンもうまくないと自認している身としては、何かヒントになることが書いてあればという思いで読んだのだけど、わりと知識としてはわかっていたり腑に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年02月18日

本書は、国連紛争調停官・日本政府交渉官を務めた筆者が、国際交渉の舞台裏を紹介するもの。そこで重要なのは、場にとけ込み、相手と心を通わせ、そのためにも相手のこと・自分のことをよく知ること、これらは普段の仕事や人付き合いにも当てはまる本質だと感じました。
それにしても本書で紹介される交渉のプロ達の生き様...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

交渉プロフェッショナル 国際調停の修羅場から

Posted by ブクログ 2014年01月22日

チームの代表として社内折衝や事前交渉が必要とされる機会が増え、交渉力を身につけたいと思っていた時に出会った本。正に交渉のプロが自分の経験を記した一冊。
印象的だったのは次の2点。
•初めから100%の回答は示さない
•大事なのは、相手に「自分が参加した、一緒に作り上げた」と当事者意識=sense o...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?