ロードス島戦記 灰色の魔女 ORIGINAL EDITION

ロードス島戦記 灰色の魔女 ORIGINAL EDITION

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

30年前の魔神との戦いの傷も癒え、平和の続くロードス島に、新たなる戦乱の兆しが現れ始めていた。暗黒の島マーモの皇帝ベルドが、カノン王国を攻め滅ぼしたのだ。しかも、彼の背後には強大な力を秘めた謎の魔女、カーラの姿があった! その頃、辺境の村ザクソンの青年パーンは、己の正義感の赴くまま、神官のエト、ドワーフの戦士ギム、魔術師スレインらとともに、故郷の村を旅立とうとしていた。自分の前に立ちはだかる、大いなる運命も知らずに……。これぞ日本ファンタジーの金字塔! 刊行当時の魅力そのままにお届け!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 角川スニーカー文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

書店員のおすすめ

日本ファンタジーの金字塔にして、メディアミックスの先駆け的存在ともなった大ヒット作品。
ラノベ黎明期に出版され、作品の世界観や設定などは、後の作品に大きな影響を与えました。
特に、多くのファンタジー作品で見られるエルフの特徴「長い耳」は、出渕裕氏デザインのヒロイン「ディードリット」の人気から定着したという話は有名です。
騎士に憧れる血気盛んな青年「パーン」の冒険を中心としながらも、諸国の興亡が描かれる文字通りの戦記であり、王や英雄たちの群像劇であり、人間ドラマであります。
硬派で骨太な日本ファンタジーの原点。
一度、手にとって頂けたら幸いです。

ロードス島戦記 灰色の魔女 ORIGINAL EDITION のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年09月12日

    『指輪物語』よりもオイラにとっての剣と魔法とエルフの出てくるファンタジーはこれをおいて他になし。何度読んだことか。そして現在までシリーズは続いており、今も読んでいる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月05日

    ファンタジー小説が好きにななったきっかけの本です。主人公パーンの長い旅立ちの話。ここから全てが7巻まで、カーラという魔女を追いかける事も続いていきます。エド・スレイン・ディード・ウッド・ギム。それぞれの背景もしっかりしています。また、パーンだけではなく、この後の巻で他のキャラ達もそれぞれの方向で戦い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月17日

    ファンタジー小説の名作。ライトノベルの先駆けとなった作品と言えるけれども、メディアミックスされた展開や、そもそもが『ソードワールド』というTRPGの世界観を踏襲した小説として、この作品が切り開いた地平はかなり大きいと思う。

    私が注目したいのは、巻頭の登場人物の紹介がイラスト付きで書かれているという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月22日

    私のファンタジーの原点。

    初めて読んだのは小学生の頃で、
    当時はまっすぐなパーンと美しいディードに憧れたものですが…
    大人になって読み返すとスレインが男前過ぎて泣けます。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月22日

    「D&D」の後に目にした「ソードワールド」であり「ロードス島」であった。ワクワクしましたねぇ♪自分とは違うキャラクターになってスーパーヒーロー並に活躍して・・・・。この、本でエルフって美しくて賢い印象が蔓延したんですよねぇ(笑)そんなに、賢明なら種が衰退する事も人間に闊歩させる事も無いはず(笑)なの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ご存知ロードス島戦記。日本ファンタジーはここから本格的になったと言っていいんじゃないんでしょうか。この作品で出渕裕が日本でのエルフのイメージを作った。今読んでも普通におもろい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    TRPGが原型のハイ・ファンタジー小説。エルフも精霊も神も魔法も存在する、典型的なファンタジー世界が舞台。
    第一部(全7巻)のパーンやディードリッヒが主人公の話が一番良い・・・と思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ライトノベルの始祖!
    ファンタジーの王道!コレを読まずして
    ファンタジーを語るべからず。
    とりあえず読め!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    日本のいわゆるファンタジー小説のさきがけの一冊。

    他の物語と違い、主人公が「ただの人」で、世界の変化の中で生きていく、その中で徐々に成長していく姿がすごくいいです。

    「主人公」が選ばれた人じゃない、というのは、国内外のどのファンタジーの中でも、コレだけじゃないかな、と思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ロードス島戦記全7巻
    私が最初に手に取ったファンタジー。戦士、魔術師、神官、エルフ・・。各々の成長物語、そして皇帝との戦い。
    読み始め一気に引き込まれました。今では私のバイブル的シリーズ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ロードス島戦記 灰色の魔女 ORIGINAL EDITION に関連する特集・キャンペーン