やっとかめ探偵団と殺人魔

やっとかめ探偵団と殺人魔

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

〃見知らぬ男が、見知らぬ家で自殺する〃――名古屋は中川区の一角で、どえりゃー事件が発生した。たちまち、波川まつ尾(74歳)が営む駄菓子屋には、情報屋・婆ちゃんたちが押し寄せ、蜂の巣をつついたよう。さらに、恐怖の連続殺人魔が出現。まつ尾をリーダーとする姥桜探偵団は、町内探索に飛びだした……。名古屋を知るための生きた教材。清水ワールドの原点!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年11月19日
コンテンツ形式
EPUB

「やっとかめ探偵団と殺人魔」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年01月16日

 『やっとかめ』とは、『久しぶり』という意味の名古屋弁。
 駄菓子屋を営む並川まつ尾おばあちゃんをリーダーとする、名古屋の婆ちゃん探偵団の連作短編集です。
 近所で起こるとんでもない事件の傍らで発生する恐ろしい連続殺人の真相にも迫ります。

 名古屋弁は全然知らないんですが、おばあちゃんたちの会話を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月30日

あれこれと謎を解きながら、
連続殺人を解決するやってかめ探偵団。
でも今回の犯人は身近な人物だったせいか、
本当に君なの?という感じだった。
印象が普通の人すぎた、というか。

まあ、おばあちゃんたちが元気なら良いんだけど。

名古屋弁の話せない鶯谷刑事と婦人警察官の中はなかなかすすまない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年05月07日

名古屋のおばあちゃんまつ尾さんが活躍する、連作短編集にみせかけた長編推理。なにげに各短編に、最後の一章のための伏線が張られています。正直名古屋弁は読みづらかったし、名古屋自慢は鬱陶しく感じるところもありましたが、読み終わってみるとそういうことが大事だったんですね。近所のお婆ちゃんたちのほのぼのとした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年03月03日

おばあちゃんの名古屋弁好きです。繁華街のミステリーではなく、下町のミステリーです。こういうのは初めてで、楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月31日

名古屋版のミス・マープルの三作目ですね。
名古屋弁を読むのも慣れてき来て、作品の流れに乗ることができた。

一連の殺人事件ををそれぞれ短編に仕立てた最後の一編でその謎をさらりと解いてしまう、悲しいけれど綺麗な筋書きとなっています。

相変わらず主人公波川 まつ尾の周りに集まる年老いていながらも自分の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「やっとかめ探偵団と殺人魔」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,646

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!