戦中のハルビン、戦後の日本、そして現代――。数多くの謎に満ちた事件が起こり、交錯するとき、日本を震撼させる出来事が明かされる! 磐石の地位を保ってきた政権党から第二党への初めての政権交代なるかが注目された総選挙の投開票日に、東海地方での地震予知情報の発令が。そしてその日、弁護士兼探偵の森江春策に「日本分断」と告げる謎の電話があった――。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
370ページ
電子版発売日
2013年10月25日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

時の審廷

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年01月27日

森江春策の元にかかってきた「日本分断」と呟く電話。戦前のハルピンで起きたロシア貴族インキジノヴァ伯爵一家の失踪事件。事件に関わった新聞記者・和智雄平。伯爵家のタチアタとの恋。戦後起きた国鉄総裁・汐山氏の殺害事件と大都銀行事件。和智の目の前で殺害された川堀。和智を救うハルピン時代の友人の警部。森江事務...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

時の審廷

Posted by ブクログ 2014年02月23日

「時」シリーズ第3弾になるのか。実際の事件や人物がモデルになって面白い。若い二人の(その後の)ロマンスもよかったな〜。戦前のハルビンから現代の東京までの網羅はいいが、場面展開が激しくてちょっと辛かった…

このレビューは参考になりましたか?

時の審廷

Posted by ブクログ 2013年10月16日

政権交代が確実と見られた総選挙の投開票日、森江春策にかかってきた謎の電話。「日本分断」とはどういうことなのか…
現代と、戦前のハルピン、戦後の日本のエピソードが交錯し、ラストにそれらが一つの真実にたどり着く。前半は場面転換など少々わかりづらくて混乱したところもあったが、帝銀事件や下山事件も取り入れて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?