二・二六事件 「昭和維新」の思想と行動 [増補改版]

二・二六事件 「昭和維新」の思想と行動 [増補改版]

作者名 :
通常価格 842円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和十一年二月二十六日、降りしきる雪を蹴って決行された青年将校たちのクーデターの結果は全員処刑により終った。本書は、多くの資料によって事件の経過を再現し、彼らが意図した「昭和維新」「尊王攘夷」の意味を探り、軍隊のもつ統帥権意識を解釈の軸として、昭和初期からの農村の疲弊に喘ぐ社会との反応、軍部の政治への結合と進出の過程を追う。なお、改版に当り「命令・服従」という日本軍隊の特性について増補・加筆する。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
254ページ
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年06月25日

本書では、軍隊を統帥幕僚と戦闘集団というグループに分けて論じられている。何十年も前に書かれた本ながらこれは新しかった。
読み進めていくと、単なる皇道派対統制派という対立ではなく、統帥幕僚対隊附将校、軍事参議官対幕僚派、反乱軍将校対元老、重臣、財閥、軍閥、官僚、政党という構図が見えてくる。
しかし、本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月11日

改定を重ねているとはいえ、内容の理解はやや難しかった。
特に事前の知識が薄く、序盤の事件の推移を
理解しきれなかった印象がある。
しかし六章にて追求される青年将校側の動機については
非常に興味深く読むことができ、
また処刑時に彼らが残した言葉は深く染み入るものがある。
補章の内容も踏まえ、自分とそう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月02日

この本を読んでいる途中、
平成25年正月、
226事件の舞台となる地区を散歩した。

九段下から靖国神社、
イギリス大使館、半蔵門、四ツ谷駅、迎賓館、赤坂、山王日枝神社、
溜池、アメリカ大使館、霞が関、そんな順序だった。

歩いたお陰で、事件エリアの地図が頭に入り、本の理解の一助となった。

幕僚派...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月19日

みすず書房で現代史の史料編纂に携わってきた著者が二・二六事件について前史から収束までをまとめた作品。
事件を起こした青年将校たちの手記や省部・参謀本部の日記などを通して事件の周辺人物が局面ごとに何を考えていたのかを丹念に追っている。
また昭和初期の陸軍内の派閥争いや青年将校が「昭和維新」を求めた心情...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月17日

昭和維新、を目指した青年将校たちによる二二六事件。その詳細を記した新書です。私のこの事件の入門書。増補版があるのですが、そちらのほうがより内容が充実しているのでおすすめ。かなり内容が凝縮されている重厚な1冊です。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play