地獄の思想 日本精神の一系譜

地獄の思想 日本精神の一系譜

作者名 :
通常価格 777円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本人は、生の力を肯定する思想とともに、生の暗さを凝視する思想を愛した。この地獄の思想こそ、人間の苦悩への深い洞察と、生命への真摯な態度を教え、日本人の魂の深みを形成してきた。源信、親鸞、紫式部、世阿弥、近松門左衛門、宮沢賢治、太宰治などは、みな現世に地獄を見た人びとであった。これら先人の深い魂の苦闘の跡を知らなければならない。生命の強さは、どれだけ暗い生の事実を見つめるかによって示されるからである。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
251ページ
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年04月04日

[ 内容 ]


[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年07月17日

芥川作品の影響で地獄というものに少なからず興味を抱き、地獄絵図を集めた画集などいろいろと読み漁っていたのですが中でもこの本は特に優れていました。
一度読むだけでずっしりと体の奥に響きます。
日本人として(?)一度は読んでおいてほしい一冊。
ただ、これを読んでいると頭おかしい人認定をされるとか…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月05日

源氏物語、平家物語、世阿弥、近松門左衛門、宮沢賢治の作品から地獄の思想を読み説くのが本書の内容なのですが、僕はそういうのを求めていたわけじゃないので、ちょっとがっかりでした。
『地獄の思想』というタイトルから、地獄の体系と歴史が書いてあると思っていたのですが、どうもそれらは末節のようです。

生の中...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年02月22日

梅原猛さんで初めて読んだ本。
ここから梅原さんと日本古代への好奇心は始まった。

ただ日本史、仏教史に詳しくない自分には理解できたとは言えない。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play