生ききる。

生ききる。

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

岩手県・天台寺の名誉住職である瀬戸内寂聴と、宮城県出身で日本を代表する哲学者・梅原猛が緊急対談! 東日本大震災後、日本人がこの難局を乗り越え、希望を見いだすために語り合う。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川oneテーマ21
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

生ききる。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月05日

    生ききっている二人にしかできない対談。確かに読む価値のある本ですが、そこから何をすべきかは見えてきません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月30日

    東日本大震災後に行われた瀬戸内寂聴さんと梅原猛さんの対談を1冊の本にしたもの。
    ともにアラナインティーでそれなりの地位を確立された方々なので、まさに歯に衣をきせぬ対談でした。

    でも、ちょっと梅原さんは思想が凝り固まってるかな…。
    柔軟性で言えば女性で僧侶でもある瀬戸内さんのほうが、どんな意見もいっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月08日

    東日本大震災について語り合う対談に興味を引き、手に取りました。
    そのものについては多くは語らず、日本の文学作家や文芸、文化などに触れるところが多かったですね。
    この本を通じて古事記、源氏物語、能に興味がそそられましたが、
    元々私が読みたかった部分は最初と最後の章だけで十分であったかなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月09日

    東日本大震災後におこなわれた対談。瀬戸内が89歳、梅原が86歳。瀬戸内は、壮絶な恋愛の末に出家するという経歴を持っています。梅原は、日本古代史の分野で大胆な仮説を次々と提示し、さらにはスーパーカブキの原作をも手がけるという異端の思想家です。

    人生の酸いも甘いも噛み分けた2人の対談なので、東日本大震...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月01日

    仏教や源氏物語のことなど、私には勉強不足でわからないことが多かったのです。ただ、どん底はずっと続かない、必ず救われるときがくるというメッセージが強く感じられました。源氏物語、読んだことないので、読んでみようかなと思いました。原文ではきついので、与謝野版か瀬戸内版で。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月25日

    お二人の対談が多岐に渡るものであり、非常に興味深く読むことができました。片方では飾らない、ざっくばらんな生きかたであり、もう片方は、信念を貫く生きかたをされているお二人のお話しに惹きこまれます。お二人のこれまでの生きかた、東日本大震災を経験した後の生きかた、考えさせられます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています