賭けに必勝する確率の使い方、酩酊した千鳥足と無理数、賢い貯金法の秘訣・平方根――。整数・分数の成り立ちから暗号理論まで、人間・社会・自然を繋ぎ合わせる「世界に隠れた数式」に迫る、極上の数学入門。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川学芸出版
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2013年10月24日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2015年01月13日

理系が得意な方には当たり前の考え方が多いのかと思いますが、完全なる文系の私には新鮮な内容でした。
少し難しい箇所もありましたが、単に読み物として楽しめたので、普段あまり理数系の本を読まない方には新しい視点を得られるのでオススメ出来ます。
数学は苦手ですが、こちらの本は苦手意識なく、最後までさくさく読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2012年08月23日

「数学は社会に出ても使わない」という考えを持っている人は多いだろう。確かに、学校の授業以外で二次方程式を解いたり、三角関数を使って計算したり、+-×÷以外に、微分積分などの計算方法を日常生活で用いることはほとんどないだろう。
しかし、今ある技術や、この社会全体を見渡した際に、「数学のない世界」は考え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2011年04月14日

思考回路はショート寸前まで追い込まれましたが、数学というものを現実世界と絡めて、極めてリアルに感じさせてくれた一冊。ここ最近で読んだ数学の本で一番面白い。

このレビューは参考になりましたか?

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2008年12月23日

興味深い話題がポンポン出てきてなおかつ分かりやすいので、
数学にちょっとだけ興味がある人には非常によい本。
ただ、はじめに書いてあるような、
「数学嫌いな人」には絶対オススメできません。

このレビューは参考になりましたか?

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2018年11月05日

多彩な話題を扱っていて面白い。条件付確率、確率の独立性、ネイピア数、ポワッソン分布、カオスあたりは実生活や仕事に馴染み深いか。一方、素数や複素数といった理論的な話もRSA暗号のところで実生活にかかわる。ただし、RSA暗号の量子コンピューターによる解読のくだりは完全にお手上げ。ベルヌーイシフトなんかも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2015年04月14日

数学って面白いと感じさせてくれる本。
正直、数式は解説があっても分からないところもあったがそれでも数学世界に惹き込まれた。

このレビューは参考になりましたか?

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2014年01月27日

高校時代に出会っていれば数学に対する学習も進路も変わっていた、かも。「数学なんて社会で役立たない」という言葉に華麗に反論する一冊。

このレビューは参考になりましたか?

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2011年05月16日

今まで公式丸暗記で意味を理解しない勉強していたつまらなかった数学が、この本によって、公式の生まれた経緯や意味を学ぶことによりとても楽しく感じられた。

このレビューは参考になりましたか?

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2011年03月25日

カオス辺りから難しくなってくるが、十分数学の楽しさがわかる本である。

人間があみだした数という概念が、自然界に密接に関わっているのが信じれない。

このレビューは参考になりましたか?

世界を読みとく数学入門 日常に隠された「数」をめぐる冒険

Posted by ブクログ 2011年01月30日

文系一辺倒のきわめて偏向した知しか有さない者にとっても、辛うじて随伴していける点、ありがたい数学書である。

このレビューは参考になりましたか?