日本史に刻まれた最期の言葉

日本史に刻まれた最期の言葉

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

死に臨んで先人たちは何を言い遺したのか―。それを知ることは、その人の人生のすべてを知ることだ。そして彼らの言葉が、この国の歴史を彩ってきた。満足して死んでいった者などいやしない。誰もが死の直前まで生き抜こうとした。血の通った言葉で探る、童門版・日本通史!

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社新書
電子版発売日
2013年10月11日
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

「日本史に刻まれた最期の言葉」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年06月04日

[ 内容 ]
「人は誰でも一生のうちで突然火花が散ることがある。
それは生命の燃焼といっていい」(「まえがき」より)。
死に臨んで先人たちは何を言い遺したのか―。
それを知ることは、その人の人生のすべてを知ることだ。
磨かれた一言を口にしたときがその人の最期なのだ、とする著者は、日本史に刻まれた“最...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,979

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!