無力 MURIKI
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

ついに「力」と決別する時がきた。自力か他力か、人間か自然か、心か体か、生か死か――あらゆる価値観が揺らぎ、下降してゆくこの国で、私たちはどういう姿勢でこれからを生きていけばいいのか。絶対他力を説いた親鸞、楕円の思想を唱えた花田清輝、流民にたどる文化の源流、今日一日を生きる養生の実技、変容する死のかたち……。深化し続ける人間観の最終到達地を示す全十一章。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
188ページ
電子版発売日
2013年10月18日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

無力 MURIKI

Posted by ブクログ 2016年04月11日

五木寛之による、他力でも自力でもない無力(むりき)を説いた一冊。

実際、自力でできることは限られるし、運などの他力に左右されることも多いので、非常に参考になった。

このレビューは参考になりましたか?

無力 MURIKI

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年03月31日

下降、下山してゆく時代であるこの現代で
うまく生きてゆくための、

二元論、2つの間、二分法の選択に囚われない偏らない、自力でも他力でもない
「無力」という言葉から等の著者の考え方。
とらわれない、融通がきく、柔軟な心。考え方など。

本書では語られていないが、老荘思想に近いモノではと感じた。


...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無力 MURIKI

Posted by ブクログ 2013年07月17日

この本のタイトルですが、「むりょく」ではなく「むりき」と読みます。80歳になった五木寛之さんの本ですが、先行きのはっきり見えなくなった現在においては、必要な考えと思いました。

「むりき」とは、物事に白黒をつけるのではなく、どちらにもつかず不安定さを肯定する事を意味しています。要は物事にはグレーゾー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無力 MURIKI

Posted by ブクログ 2013年07月17日

無力をむりきとよませるのは著者の工夫。「~力」がつく新書が多い中でいっそ流れに身を任せようという提案。力むなということだろう。著者の行き着く先だと納得。

このレビューは参考になりましたか?

無力 MURIKI

Posted by ブクログ 2013年07月15日

この本のタイトルですが、「むりょく」ではなく「むりき」と読みます。80歳になった五木寛之さんの本ですが、先行きのはっきり見えなくなった現在においては、必要な考えと思いました。

「むりき」とは、物事に白黒をつけるのではなく、どちらにもつかず不安定さを肯定する事を意味しています。要は物事にはグレーゾー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無力 MURIKI

Posted by ブクログ 2018年03月30日

五木寛之さんの「無力(むりき)」(2013.4)、宗教的色彩もあり、五木さんの本にしては難しかったです。自力でもなく他力でもなく無力、「?」です(^-^) ただ、読んでて考えることは多々ありました! 自力か他力か、人間か自然か、心か体か、生か死か、意識か無意識か・・・。そして琴線に触れる文も~。人間...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無力 MURIKI

Posted by ブクログ 2014年12月23日

自力とも他力とも違う、無力(むりき)という考え方について語っている本でした。
人は常に揺れ動く存在だという主張は理解できましたが、結局無力とは何なのか最後までよくわかりませんでした。(^^;
本の内容もあちこちフラフラと揺れていますし、著者自身が無力という考え方を完全に整理しきれていない気がしました...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無力 MURIKI

Posted by ブクログ 2013年10月31日

著者は、浄土真宗の他力の思想に深く共感しながらも、しかし同時に自力をも否定しない。それどころか、どちらか一方を採用する二分法的な考え方自体を改めなければならないとする。そして花田清輝の「楕円の思想」(真円の中心点は1つであるのに対し、楕円は2つの中心点を持つ)を引き合いに出して、自力と他力という2つ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無力 MURIKI

Posted by ブクログ 2013年06月16日

「むりき」
ついに「力」と決別する時がきた。自力か他力か、人間か自然か、心か体か、生か死か―あらゆる価値観が揺らぎ、下降してゆくこの国で、私たちはどういう姿勢でこれからを生きていけばいいのか。いいね、これ。

このレビューは参考になりましたか?

無力 MURIKI

Posted by ブクログ 2013年05月20日

「明日のことはわからない」ということをわかっている人は、「明日のことなどわかっている」というひより、5割ぐらいはマシ

このレビューは参考になりましたか?