発泡スチロール球で分子模型をつくろう

発泡スチロール球で分子模型をつくろう

作者名 :
通常価格 1,728円 (税込)
紙の本 [参考] 2,160円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「原子・分子」と聞いて,難しいものというイメージを抱いている人が多いかもしれません。でも,そんな「目に見えない原子・分子」でも,「目で見ることができる分子模型」を使って考えてみると,とても親しみを持つことができます。
 いろんな「原子・分子」を発泡スチロール球で作ってみませんか?(とってもかわいいのです)。原子・分子が身近になると,いろんなイメージが広がって,世界を見る目が変わるかも?! 工作しながら楽しく化学入門できます。小学生から大人まで。化学が苦手な人から大好きな人まで。
★★ もくじ ★★
見えないものが見えてくる
分子模型とたのしい授業
ボクと分子模型とのおつきあい
分子模型をつくろう
入門者用・模型づくりのABC
出門者用・いろいろな分子作り
●水・氷・過酸化水素・水素
●二酸化炭素・一酸化炭素・アセチレン・ベンゼン・メタン・エタン・プロパン・ブタン
 石鹸・合成洗剤・メチルアルコール・エチルアルコール・メルカプタン・砂糖・黒鉛
 ダイヤモンド
●イオウ・硫化水素・二酸化硫黄
●窒素・二酸化窒素・アンモニア・酢酸とグリシン
●塩素・塩酸・食塩

ジャンル
出版社
仮説社
ページ数
114ページ
電子版発売日
2013年10月11日
紙の本の発売
1992年08月
コンテンツ形式
EPUB

「発泡スチロール球で分子模型をつ...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年01月08日

分子模型を作るというのは化学を学ぶはじめの一歩だと思った。高校大学時代,化学は苦手というかまったくわからなかった。当然興味ももてなかった。ところが分子模型に出会い,興味を持つことはでき,もっと学びたいという気持ちになった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,967

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!