「知の巨人」佐藤優氏と「メディア界の長老」竹村健一氏による知的興奮に満ちた白熱のインテリジェンス対談書。沖縄、ロシア、憲法、官僚、宗教、読書法……多角的論点から整理された、佐藤氏による対象への圧倒的な洞察と分析を、膨大な情報と経験に根ざした竹村氏の問いが見事に導き出してゆく。読む者の知的構築力を鍛え、日本と世界の実相を理解し、未来を考えるための1冊。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月02日

佐藤優氏と竹村健一氏の、沖縄、宗教、知力、ロシア、官僚、憲法などのテーマに関する対談。竹村健一氏と言えば特徴あるキャラのイメージが先立ち、あまり注目してこなかったのですが、誤解をしていたようです。テーマ自体は佐藤氏お得意の分野ですが、竹村との対談によりさらに突っ込んだ内容になっています。さすがに中村...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

Posted by ブクログ 2008年12月23日

この値段でこんな本が読めるのはありがたいと思います。勉強法のところは高校生以上なら参考になるかと。
それ以外の部分も多くの人に読んでほしいですね。

このレビューは参考になりましたか?

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

Posted by ブクログ 2008年11月24日

2008/11/24 メトロ書店御影クラッセ店にて購入
2011/9/16〜10/1
佐藤優氏と竹村健一氏の対談集。私も昔、竹村氏のラジオを良く聴いていたので、懐かしかった。佐藤氏や竹村氏が、小渕さん、森さんを高く評価しているのは意外であった。マスコミが報道しないので誤解されていたのか。また、佐藤氏...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

Posted by ブクログ 2018年10月24日

佐藤優、竹村健一の両巨匠による対談を、2007年12月に発刊したものを文庫化したもの。両氏の生い立ちや考え方のよく分かる本。両氏とも基本的に保守的な自由主義者であって、天皇制を重んじる国際派であることがわかる。佐藤氏が、護憲論者であることには驚いた。
「収監された日のメニューは今でも覚えています。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年12月14日

以下、備忘録的に印象に残った言葉を記す。

竹村「(学者というのは)難しいことをやさしくするどころか、やさしいことを難しくいいたがります」「日本のマスコミは一点集中型で同じ話題を「これでもか」と報道する」

佐藤「語学こそ努力しないと上達しないものです。集中して机に向かう訓練が大事なのです。(中略)...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

Posted by ブクログ 2012年03月27日

なまじっかなビジネス書よりもよっぽど勉強になる。親子ほど年の離れた二人がお互いに敬意を抱きつつ対談する様子も伺えて読んでいて楽しかった。

このレビューは参考になりましたか?

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

Posted by ブクログ 2011年08月15日

天皇や憲法に対する考えは全く逆の二人だが、タイトルにあるように、寛容と多元主義こそがこれからの世界の平和に重要であるという点で一致している。
そのためにも欧米の一神教的思想では無く、神道の精神を世界に広めることがその具体的な方策になりえるとの見解には賛成。

このレビューは参考になりましたか?

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

Posted by ブクログ 2011年03月31日

今まで自分の中で曖昧になっていた部分がクリアーになる快感が味わえる。例えば憲法改正の問題。感覚的に改正すべきでないと思っていたが。権威と権力が明確に分けられていること。天皇は日本国の象徴という権威を持っていて権力を持っていないことが大事だという点。うなずける。こと憲法問題に関しては竹村氏は改憲、佐藤...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

Posted by ブクログ 2011年02月10日

テンポ良い対談。新しい見方を発見できた一冊。

人間の煩悩から来る悪を見定め、知的に対応する佐藤優氏のパワフルなエネルギーに勇気をもらう。

佐藤優氏の本ははじめて読んだが、彼は護憲派だったことを知る。
理由は、愚集政治の中で、人民主権さえ守れば良いという気風が出来上がると、世界に稀な皇統廃絶...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

国家と人生 「寛容と多元主義が世界を変える」

Posted by ブクログ 2010年05月14日

日本は世界から甘く見られてしまうとか、財布のように思われているなどと言う話はよく聞きますが、優秀な政治家や官僚もそりゃ、いますよね。皆さんそれなりの鍛練を積んで今の地位にいるわけですから。そういう人たちが十分に力を発揮できる国造り。重要だと思います。

このレビューは参考になりましたか?