大砲とスタンプ(3)
  • 完結

大砲とスタンプ(3)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

スラム育ち、刑務所帰りの大公国軍所属アーネチカ・A・アルセニエワ兵長。軍人らしからぬ自由奔放な性格で、男好き。持ち前の度胸と腕っぷしで、兵站軍のトラブルを解決する頼れる武闘派。だけど、書類を扱う「紙の兵隊」なのに読み書きが出来ない問題児! そんな彼女が軍隊に入るきっかけとなった過去を描いたエピソードを収録!! さらに、敵国軍の補給基地をめぐって味方の陸軍空軍との激しいレースが勃発したり、ひと波乱もふた波乱もあるマルチナの帰郷エピソードもあります!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング・ツー
電子版発売日
2014年02月14日
紙の本の発売
2013年12月
サイズ(目安)
77MB

大砲とスタンプ(3) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年01月22日

    出てくる兵器群は架空のものなのだが、実に中二心をくすぐるのだ。また、架空世界ではあるがロシアあたりがベースになっているので、読んでいるとニヤリとする場所がちらほら。けど戦争は続いている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月23日

     戦争において物資の手配や書類の処理などを行う兵站軍所属の主人公とその仲間たちを中心としたお話の第3巻。

     相変わらずキャラクターは丸っこくてデフォルメ調で話もコミカルなんだけど、話の内容は結構黒かったりえぐかったりする。まあこれも角を削っているので読みやすいんだけど。

     本作では全体を通して不...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月09日

    戦争を紙の兵隊さんこと兵站軍から見た架空?戦記漫画
    毎回登場するオリジナルで味わい深い兵器も楽しみだが、終わらない戦争のタダでさえややこしい業務に思惑含みまくりの様々な人間が絡んできて、いい感じにごちゃごちゃしてる所がいいです。
    裏事情をいやというほど知ってきてるはずなのに、主人公が天然なほのぼのさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月15日

    憲兵隊のスィナン中尉が出てきて、話に幅が出て、さらに面白くなってきた。アーネチカの入隊前のエピソードもいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月13日

    のほほんとした作風ですが、中身はいろいろと物騒。
    補給が足りなくて敵の物資を味方同士で奪いあったり、横流ししたモルヒネをめぐって兵隊とギャングが銃撃戦をしたり。ダブルスパイ…というより戦時下の商売人の暗躍もあります。
    まともな神経では戦争に付き合いきれないなぁと思うなか、マルチナは生真面目に事務仕事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月26日

    1〜2巻既読。
    この作品の世界観が好き。ペットのイタチモドキはフェレットがモデルだと思うんだけどどうなんだろう?フェレット飼い主としては、そこがかなり気になる。
    ボイコの奥さんのお話しが、戦争らしいなかにも、あったかくて可愛らしくてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月24日

    絵柄は可愛いけれど,ストーリー(本巻ではキャラの過去)が結構重い。
    まるでロシアの冬のよう・・だがそれがいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月23日

    アーネチカの大活躍が良いね。そしてまさかの双腕重機まで登場⁉でも一番印象に残ったのは、休暇を巡るラドワンスカ大佐との会話。「頭を日課から切り離して考える余裕を取り戻す」ねー

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月25日

    第20話北極番外地。
    野良猫さんの過去語りなんですが、啖呵切る場面のセリフ。伏字になってないんですけどいいんでしょうか。

    あれか、野良猫さんなら、日本の検閲逃れるぐらいなんてお茶の子さいさいですか。
    そんな頭のいい子じゃないんだけどね。

    このレビューは参考になりましたか?

大砲とスタンプ のシリーズ作品 全9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 大砲とスタンプ(1)
    完結
    660円(税込)
    “素人は戦術を語り、玄人は戦略を語り、プロは兵站(へいたん)を語る”銃の代わりにペンを持て! 我らは「紙の兵隊」!! 戦争の裏方、兵站軍所属の熱血官僚主義っ娘マルチナ・M・マヤコフスカヤ少尉。彼女の主な任務は物資の輸送や補給。前線兵士に馬鹿にされようが振り回されようが、私は信念貫きます! 「私たちは書類で戦争してるんです!」唯一無二の“ミリタリー法螺”漫画!!
  • 大砲とスタンプ(2)
    完結
    660円(税込)
    マルチナの上司、大公国軍所属のキリール・K・キリュシキン大尉。彼は名門軍人一族出身のエリートでありながら、組織の中でイチバン馬鹿にされている後方支援の兵站(へいたん)軍に自ら志願し、所属している。仕事をサボってSF小説を書いてばかりのお気楽大尉だけど、何故か部下からの信頼は厚い! そんなキリールの弟・コースチャがマルチナたちの補給廠管理第二中隊に着任。出世欲が皆無の兄とは正反対の...
  • 大砲とスタンプ(3)
    完結
    660円(税込)
    スラム育ち、刑務所帰りの大公国軍所属アーネチカ・A・アルセニエワ兵長。軍人らしからぬ自由奔放な性格で、男好き。持ち前の度胸と腕っぷしで、兵站軍のトラブルを解決する頼れる武闘派。だけど、書類を扱う「紙の兵隊」なのに読み書きが出来ない問題児! そんな彼女が軍隊に入るきっかけとなった過去を描いたエピソードを収録!! さらに、敵国軍の補給基地をめぐって味方の陸軍空軍との激しいレースが勃...
  • 大砲とスタンプ(4)
    完結
    660円(税込)
    大公国兵站軍アゲゾコ要塞補給廠管理部第二中隊所属ボリスラフ・B・ボイコ曹長は元陸軍所属のベテラン兵士。前線で勇敢に戦っていたことを胸の勲章の数が物語っている。キリールやマルチナのボディーガードのような存在で、治安の悪いアゲゾコで、兵站軍の士官を守る頼れる男。故郷には若くて可愛い元共和国人の奥さんがいる愛妻家!
  • 大砲とスタンプ(5)
    完結
    660円(税込)
    大公国兵站軍所属の若き士官、コースチャ・K・キリュシキン少尉。名門軍人一族出身で、キリール大尉の弟。サボり魔のお兄さんをバカにしているが、本人もデスクワークは大の苦手。軍人らしい軍人を一途に目指し、一日も早く勲章をもらうために、見当違いの方向にやる気を発揮しては今日も騒動を巻き起こす!
  • 大砲とスタンプ(6)
    完結
    660円(税込)
    マルチナが自らの存在の意味を問い、涙した『治安戦編』を収録! さらにアーネチカの意外な才能が開花した『ラジオのお仕事編』最終話から、アゲゾコを揺るがしたテロ計画を謎の美女(?)が追う『要塞祭り編』など、盛りだくさんの第6巻!
  • 大砲とスタンプ(7)
    完結
    660円(税込)
    心に傷を負ったマルチナが、故郷で自分のお仕事に向き合う。父や母、兄たちと話すうちに見つけた答えとは? そして突撃タイプライターの復活はあるのか? 西へ東へ、上へ下への第7巻!
  • 大砲とスタンプ(8)
    完結
    660円(税込)
    マルチナ復活! 補給に装備に仕事は山積み、今日も戦争をウラで支える突撃タイプライター面目躍如の第8巻!
  • 大砲とスタンプ(9)
    完結
    715円(税込)
    大広告本国で革命勃発! 新政府は戦線離脱を決めるもアゲゾコの兵たちは取り残され……兵站軍の戦いがついに完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています