盗賊同士の足の引っ張り合いを、“剃刀”久蔵が見事に裁く!

“隠居の彦八”と呼ばれる元盗賊が江戸に舞い戻ったという。処刑された頭(かしら)の酉蔵の一周忌の法要を行う目的らしい。一方、酉蔵の娘の周辺では、蝮の藤兵衛の一味が様子を探っていた。盗賊同士、どんなかかわりがあるのか? 南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵は、手下とともに盗賊どもを追いつめる!
好評シリーズ第18弾!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年09月13日
紙の本の発売
2013年08月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

秋山久蔵御用控 垂込み

Posted by ブクログ 2016年04月06日

20160406 安定のシリーズ。少しマンネリかしたかも。水戸黄門的な読み方をしてるので良いのだが。

このレビューは参考になりましたか?

秋山久蔵御用控 垂込み

Posted by ブクログ 2013年10月31日

第十八弾
久しぶりに読む
登場する人物は他のシリーズと重複するので意外と憶えている
短編四話?関連のある事件を続けているが、内容はあまり?

このレビューは参考になりましたか?