都会の喧騒の裏で連続発生する吸血殺人。ある日、恋愛に疎い大学院生・平つかさは、自分にじっと向けられた男の視線に気づく――。愛と欲望、暴力と献身が交錯するダークファンタジー第1集!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング・ツー
電子版発売日
2013年09月20日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • デビルズライン 1巻
    通常版 1巻 540円(税込)
    都会の喧騒の裏で連続発生する吸血殺人。ある日、恋愛に疎い大学院生・平つかさは、自分にじっと向けられた男の視線に気づく――。愛と欲望、暴力と献身が交錯するダークファンタジー第1集!
  • デビルズライン 2巻
    通常版 2巻 540円(税込)
    血を飲み、暴走した安斎(あんざい)は、危うく傷つけそうになった、つかさと距離を置く。一方、吸血鬼の撲滅を目指す組織は、ある大事件を企てていた。つかさの身に、危険が迫る――。
  • デビルズライン 3巻
    通常版 3巻 540円(税込)
    愛するゆえに近づけない安斎(あんざい)、愛するゆえに近づきたいつかさ。微妙にすれ違う二人の気持ち。そして深まる安斎の過去を巡る謎。一方、鬼のせん滅を目論む組織に狙われた、一人の鬼の運命は…? ヒ...
  • デビルズライン 4巻
    通常版 4巻 540円(税込)
    甘酸っぱさと、激しさ満載! 愛と欲望、暴力と献身が交錯する新・吸血鬼漫画! 安斎(あんざい)との関係が微妙な中、つかさは、鬼のせん滅を目論む組織の人間に拉致される。だが、彼らも組織から逃亡中の身だっ...
  • デビルズライン 5巻
    通常版 5巻 540円(税込)
    ついに付き合うことになった安斎(あんざい)とつかさ。だが安斎は、つかさへの愛しさと、制御しきれぬ己の欲望の間で苦悩する。ハンスと沢崎(さわざき)の秘めた過去。安斎を名乗る女の登場。そして安斎達に...
  • デビルズライン 6巻
    通常版 6巻 540円(税込)
    石丸(いしまる)率いる新体制の公安五課F班は、鬼の殲滅を目指す組織・CCCへの反撃を開始。CCCから脱走したゼロナナ達と共闘体勢をとる。一方つかさとの交際によって、鬼と人間への意識が変わり始めた安斎(あ...
  • デビルズライン 7巻
    通常版 7巻 540円(税込)
    鬼と人の、愛と犠牲の物語!! F班が侵入したCCCのアジト。そこに待っていたのは、罠と殺意だった--。牧村(まきむら)の苦悩、菊原(きくはら)の決意、安斎(あんざい)の喪失、つかさの献身。吸血鬼と人の戦いが...
  • デビルズライン 8巻
    通常版 8巻 540円(税込)
    凶弾に倒れた瀕死の安斎(あんざい)を救ったのは、つかさだった。しかし、安斎は自らが犯してしまった"罪"の意識に苛まれる。絶望に堕ちた安斎に、意外な人物から連絡が……!! デビルズラインが新章に突入する...
  • デビルズライン 9巻
    通常版 9巻 540円(税込)
    警視庁の地下駐車場で起きた爆発は、明らかに菊原を狙ったものだった。CCCのメンバーが何者かに消されていく一方で、鬼関連の法案も立て続けに成立する。鬼が急速に認知されていく中、異物として忌む集団が...
  • デビルズライン 10巻
    通常版 10巻 540円(税込)
    警察を辞めた安斎は、自身の出生の秘密を知るため、幼少の頃を過ごした地・帯広へ向かった。そこには安斎の母・みどりが待っている。一方つかさは、鬼に関する貴重な資料を閲覧するために、みどりに呼ばれ帯...

デビルズライン 1巻

購入済み

(匿名) 2014年04月24日

見開きの使い方がうまいなと1巻を読んだ時も思ったが、2巻も良いシーンがいろいろあった。間のとり方が上手なマンガ家さんだと思う。特にP123~127は映画を観ているようだ。繊細で臆病な心を持つ登場人物達と、血の飛び散る暴力とスピード感の対比が物語を際立たせている。

このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン 1巻

購入済み

人間模様と大きな組織と過去

まこと 2015年12月01日

吸血鬼が人の中で生きていく哀しさ、愛すればこそ殺めるかもしれない苦悩、恐怖。
深いテーマだけでなく、大きな組織が絡む影や、失われた過去の記憶も見え隠れし、そんな中での、血生臭さに縁なく生きてきた素朴な女の子との純愛。また、脇役にも人間らしい恋愛模様や過去があり、深みを持たせていて、良くできたストー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン 1巻

好き

afri 2016年09月27日

すごくすごく好きな漫画。
たまに絵がごちゃってる時がありますが、内容が良すぎて、どうでもよくなります(笑)
私、こんなに感動した漫画久しぶりでした。
カッコよくて、でも伏線もあり、回収もなされ、いい具合に頭の整理がつき、読者を置いてきぼりにしない。
しかもキャラクターの個性がそれぞれしっかり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン 11巻

Posted by ブクログ 2018年06月07日

この巻までまとめ買い&まとめ読み。
ここ最近はバトルが少ないせいか、愛の形の模索がテーマになるシーンが多いように思う。しかもマイノリティ。愛しているけれどしたくない。愛せないけれどしたい。愛しているからしたいというのが「普通」だと思うが、そのパターンにはまるのが、人と鬼というイレギュラーな主...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン 9巻

Posted by ブクログ 2018年06月07日

一転、どうしたんだというくらい恋愛キュンキュンモードだが、まぁ、こういうのもたまにはいいか。随分と当初のキャライメージが変わってきたが…。とにかく牧村が生きていて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン 8巻

Posted by ブクログ 2018年06月06日

菊原の真意が一体どこにあるのか更にわからなくなってきた。ただ思うのは、善と悪すっぱり二項に分けられるものではないということ。鬼と人もそうかも。
牧村の無線連絡が泣ける。生きていてほしいキャラ。石丸が益々可愛くなってきた。

このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン 7巻

Posted by ブクログ 2018年06月06日

菊原倒して、ラスボスの01の正体明かして倒しておしまい…かと思っていたら、全然違った。もっと根深く奥があった。作者はこの作品がデビュー作だと聞いているが、凄いな。一体どこまでプロット書き上げて作品に臨んでいるのだろう。

このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン 6巻

Posted by ブクログ 2018年06月06日

石丸が13だと分かっても、02や05と違ってまだ何かあるような気がしてならない。切れ者であることは間違いないのだろうけれど。06の正体もそう単純ではないように感じる。バーで既に手を汚しているが、11まで手にかけるのだろうか?
つかさの大胆な言動には驚く。安斎、あの状態でよく変異しなかったな。

このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン 5巻

Posted by ブクログ 2018年06月05日

吸血欲トレーニングのシーンは少しアダルティでドキドキする。だからこそ、その後一人で自分を静めようとする時の安斎の煩悶が切ない。
後半には沢崎の捜査一課時代の話。仲間の鬼捜査員を守ろうとする沢崎の原動力となっているのだろう。本当に上司にしたいキャラ。彼も救われてほしい。

このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン 4巻

Posted by ブクログ 2018年06月05日

暗闇に囚われ続けてきた安斎に、やっと光が射し込み始めた。つかさは自分の心に素直で、偏見なく誠実に向き合う。鬼という劣等感にもがき苦しんできた安斎にとって彼女の存在は救い。
やっと、今更、付き合うことになった二人。順風満帆とはいかないのだろうけれど、李や沢崎、加納先生…彼等の力になってくれる人達が沢山...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?