デビルズライン(13)
  • 完結

デビルズライン(13)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

菊原が告げる、戦慄の真実!! クイーンの計画の全貌、そして政府の中で暗躍する者たち。オニとヒトをめぐる様々な思惑が、避けようのない悲劇を呼び込もうとしていた。菊原との対峙の中で、安斎はある決断を迫られる。大人気の新感覚ダークファンタジー、ここに完結!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング・ツー
シリーズ
デビルズラインシリーズ
電子版発売日
2019年02月22日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
78MB

デビルズライン(13) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    本当に面白い

    hirokoue 2020年11月08日

    ずっと安定した面白さ。ここ数年ではダントツです。こんなすごい漫画が描ける人がいるなんて尊敬します。もっと続けて欲しかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月27日

    本編の最終巻。もっと続くものだと思っていたのに唐突の終焉。問題は解決していないものの、それぞれの関係に一定の落ち着き処を与えた感じはする。
    物語の後半に行くにつれ、鬼と人間というよりセクシャルマイノリティの問題が色濃く描かれるようになっていった。私としてはもっと鬼としての葛藤を深く掘り下げていっても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月28日

     何で読んだのか、ハマった経緯はさっぱり思い出せないのですが、とにかく、この漫画はすごい!と思って、ずっと買い続けていました。
     まだまだ続くと思っていたのですが、まさか、その、終わる、とは。思って、いなくて。
     いや、まあ、その、もう一巻だけ出るみたいなんですが。その後の物語的な。
     それはそれと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    大好きなマンガ

    soes 2020年04月11日

    登場人物が全員優しい。
    そしてとっっても物語がおもしろい。

    人種も、性別も、あちらもそちらもない。
    全ては実は、同じこと。


    最初に無料公開していた頃から、何年もかけていま読み終えて、このメッセージは最初から最後まで貫かれているのだと、心に沁みました。
    すばらしかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年04月03日

    最終巻。といっても、番外編の14巻が出るみたいだけど。ひとまず本編はこれで終わりとのこと。結局政府が明かされた真実に対してどういう対応をしたのか鬼は認められる世の中になったのか、曖昧なままのものが多いけどそれが逆に良かったかもしれない。突然、鬼が受け入れられる世の中になりましたみたいに終わったらきっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    かなりの不完全燃焼

    ウタ 2019年03月09日



    各キャラのエピソードは独創性が見られたが、陰謀渦巻く、人種差別を盛り込んだ話にまとめるには、作者の勉強不足、設定の浅さ、荒らさが目立つ。

    アニメ化されたところまで辺りが良作かな。
    ただの恋愛漫画にすれば良かったのに。と口惜しい作品。

    使い古された設定の中で独創性をだそうとし、自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

デビルズライン のシリーズ作品 全14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • デビルズライン(1)
    完結
    660円(税込)
    都会の喧騒の裏で連続発生する吸血殺人。ある日、恋愛に疎い大学院生・平つかさは、自分にじっと向けられた男の視線に気づく――。愛と欲望、暴力と献身が交錯するダークファンタジー第1集!
  • デビルズライン(2)
    完結
    660円(税込)
    血を飲み、暴走した安斎(あんざい)は、危うく傷つけそうになった、つかさと距離を置く。一方、吸血鬼の撲滅を目指す組織は、ある大事件を企てていた。つかさの身に、危険が迫る――。
  • デビルズライン(3)
    完結
    660円(税込)
    愛するゆえに近づけない安斎(あんざい)、愛するゆえに近づきたいつかさ。微妙にすれ違う二人の気持ち。そして深まる安斎の過去を巡る謎。一方、鬼のせん滅を目論む組織に狙われた、一人の鬼の運命は…? ヒトと吸血鬼、本当の「鬼」は、どっちだ――。鮮烈なるダークファンタジー。
  • デビルズライン(4)
    完結
    660円(税込)
    甘酸っぱさと、激しさ満載! 愛と欲望、暴力と献身が交錯する新・吸血鬼漫画! 安斎(あんざい)との関係が微妙な中、つかさは、鬼のせん滅を目論む組織の人間に拉致される。だが、彼らも組織から逃亡中の身だった。組織の追手に追い詰められるつかさ達。危機を知り、安斎とハンスが動く!
  • デビルズライン(5)
    完結
    660円(税込)
    ついに付き合うことになった安斎(あんざい)とつかさ。だが安斎は、つかさへの愛しさと、制御しきれぬ己の欲望の間で苦悩する。ハンスと沢崎(さわざき)の秘めた過去。安斎を名乗る女の登場。そして安斎達に忍び寄る陰謀。それぞれの過去と現在が交錯する、哀しさと愛しさが滾る興奮必至の第5巻。
  • デビルズライン(6)
    完結
    660円(税込)
    石丸(いしまる)率いる新体制の公安五課F班は、鬼の殲滅を目指す組織・CCCへの反撃を開始。CCCから脱走したゼロナナ達と共闘体勢をとる。一方つかさとの交際によって、鬼と人間への意識が変わり始めた安斎(あんざい)は、自らの封印された過去と向き合い始める。その先にいた、「ある男」と、安斎は対峙する!!
  • デビルズライン(7)
    完結
    660円(税込)
    鬼と人の、愛と犠牲の物語!! F班が侵入したCCCのアジト。そこに待っていたのは、罠と殺意だった--。牧村(まきむら)の苦悩、菊原(きくはら)の決意、安斎(あんざい)の喪失、つかさの献身。吸血鬼と人の戦いが、戦慄の旋律を奏でる交響楽的第7集!! そして7巻デジタル版のみのスペシャル特典! 花田陵が今最も注目する漫画『累』とのコラボ企画! 花田氏自らが描きおろした『累』イラスト付きで推薦! 『累』試し...
  • デビルズライン(8)
    完結
    660円(税込)
    凶弾に倒れた瀕死の安斎(あんざい)を救ったのは、つかさだった。しかし、安斎は自らが犯してしまった"罪"の意識に苛まれる。絶望に堕ちた安斎に、意外な人物から連絡が……!! デビルズラインが新章に突入する、激動の第8巻!
  • デビルズライン(9)
    完結
    660円(税込)
    警視庁の地下駐車場で起きた爆発は、明らかに菊原を狙ったものだった。CCCのメンバーが何者かに消されていく一方で、鬼関連の法案も立て続けに成立する。鬼が急速に認知されていく中、異物として忌む集団が暴力によって鬼を排斥しようとしていた――。
  • デビルズライン(10)
    完結
    警察を辞めた安斎は、自身の出生の秘密を知るため、幼少の頃を過ごした地・帯広へ向かった。そこには安斎の母・みどりが待っている。一方つかさは、鬼に関する貴重な資料を閲覧するために、みどりに呼ばれ帯広に向かおうとしていた。今はまだ接近禁止令が出ているので会えない二人だが、試練の時は近づいていた……。吸血トレーニング2回目、開始。
  • デビルズライン(11)
    完結
    母・みどりと話すことで、自身の出生の秘密を知った安斎。オニとヒトの関係について思いをはせる安斎に、みどりはつかさも帯広に来ていると告げる。折しも接近禁止令も解かれ、自由になった二人はようやく再会を果たし、熱い抱擁を交わすのだった。みどりの提案により、2回目の性交渉トレーニングに臨む安斎とつかさ。互いの思いを確認しあいながら、愛を交わす中で安斎にある変化があらわれる……!!
  • デビルズライン(12)
    完結
    ハンスの足に撃ち込まれたGPS弾は、元CCCのクイーンの手によって取り除かれた。しかしその代償として、ハンスは鬼擁護派の広告塔として駆り出されてしまうことに。一方、クイーンは配下のエカに命じ、森宗総理を狙撃する。鬼をめぐり、社会は再び大きく動き出す。そして、クイーンとエカはさらなる改革のために暗躍していた……。彼らは何を抱え、どこへ向かおうとしているのか?
  • デビルズライン(13)
    完結
    菊原が告げる、戦慄の真実!! クイーンの計画の全貌、そして政府の中で暗躍する者たち。オニとヒトをめぐる様々な思惑が、避けようのない悲劇を呼び込もうとしていた。菊原との対峙の中で、安斎はある決断を迫られる。大人気の新感覚ダークファンタジー、ここに完結!
  • デビルズライン(14)
    完結
    本編では描かれなかったキャラクターのその後。5つの番外編を収録。Line.1.5 秋村肖太、Line.67 牛尾直也、Line.68 菊原桐郎、Line.x ヨハネスクレーマン、Line.69 安斎結貴 平つかさ

デビルズライン の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています