アイディアを10倍生む考える力

アイディアを10倍生む考える力

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

考える快感・達成感・爽快感が、豊かな発想を生む。そのためにはまず、「考える身体」を作ること。その実践的なトレーニング法とは!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
大和書房
掲載誌・レーベル
だいわ文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年09月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

アイディアを10倍生む考える力 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年12月10日

    「アイデアを10倍生む考える力」5

    著者 齋藤孝
    出版 大和書房

    p48より引用
    “頭を使う事も、
    そういう「運動」としてとらえることが必要だ。”

    大学教授である著者による、
    考える事を習慣とし楽しくするための一冊。
    以前に同社から刊行された物の加筆・修正文庫版。

    上記の引用は、
    頭の使い方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月05日

    考えるとは何か、そして考えるコツを筆者の豊富なエピソードを交えて理論立てて説明している著書。

    『考える』とは言葉と言葉の新たな組み合わせを探す脳の作業。だから考えがまとまらない、考えが進まない時は、まず頭に出てきたキーワードを紙に全て書き出す。そしてそれらを分類していく。この時大切なのは、『切り口...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月17日

    アイディアを生み出すことを知りたくて読書。

    集中する儀式を持つ。
    ミカン集中法や自立訓練法をもっと活用する。

    環境を変える。
    あまりこれまで実践していない方法。これから少しずつ取り入れてみたいと思う。
    空港ラウンジは、比較的にいい氣分になれる環境。

    期限を設ける。
    原稿執筆やサイトを作るときに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月31日

    齋藤孝メソッドが濃縮されている1冊。
    ある意味齋藤孝の色々な本で言ってる内容がここでまた使われているようなものでもあるが、それが逆に復習みたいな効果になってより内容が定着して良いものになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月02日

    斎藤先生のアイデア法。


    集中するための方法は場所を変えること。
    喫茶店やファミレスを利用する。
    これは共感共感。

    私もいつも読書・考え事はカフェです。


    第5章の「考える力」をつけるトレーニングは
    自分にあったものだけ選択するといいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    アウトプット(成果)につながる「考える力」を
    鍛えるための仕組みとトレーニング方法が紹介されている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月06日

    脱力タイムズで、コメンテーターを務める齋藤孝さんが書いた本。
    齋藤さんらしさのある文で、楽しませてもらった。
    古い本だが、学ぶべきことは、多かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月27日

    この手のHow to本?は考え事をするとか自分の生き方を見直すよいきっかけになる。思考法の本は数多くあれど、齊藤先生の本の場合は過去の賢人たちの例がたくさん出てくるのでなんか自分もそんな人に近づけるのではないかとか思ってしまう。まぁ錯覚には違いないわけですが、そういった賢人たちの行動を真似してみるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月11日

    正にthinking highというやつですかね。
    本書の中に出てくる一説「喋る言葉の中に意味がどれくらいの含有率があるか」なんてあったけども、思い当たること多々ありますね。
    ベラベラ長々喋ってるけど、要約すると数秒で完結してしまうような方々。

    自問自答も極め過ぎると、別人格が生まれてしまうのでは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月22日

    著者の作品は2作目ですが、前作を読んだ時と同様に「難しさ」を感じました。すばらしい内容なのかもしれませんが、私には内容がスッーと頭の中に入ってこず、理解するのに苦しみます。

    私の理解力が弱いのか、著者の文章との相性が悪いのか・・・

    もう一冊くらい著者の作品を読んでみて、そこら辺を見極めたいと思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています