生まれ変わるキューバ(ニューズウィーク日本版e-新書No.39)

生まれ変わるキューバ(ニューズウィーク日本版e-新書No.39)

作者名 :
通常価格 275円 (250円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

アメリカとの国交正常化で、止まっていたキューバの時計が50年ぶりに動き始める!
情熱の国に生きる素朴な人々と、今も続く「革命」――。
キューバには今後どんな変化が待っているのか?

<内容>
1、新生キューバへ向かう人々の「今」
2、荒廃と困窮が生む唯一無二のアート
3、大作家ヘミングウェイとキューバの秘めた関係
4、半世紀止まっていた時計の針がいよいよ動きだす

*この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年5月5/12日合併号掲載の特集記事で構成しています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
CCCメディアハウス
掲載誌・レーベル
ニューズウィーク日本版e-新書
電子版発売日
2015年08月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

生まれ変わるキューバ(ニューズウィーク日本版e-新書No.39) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

ニューズウィーク日本版e-新書 のシリーズ作品 1~43巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~43件目 / 43件
  • ポスト中国の世界経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.1)
    中国の成長が世界を支えた時代は終わりを告げた! 中国ビジネスで高まるリスクの本質と、世界経済の新たな成長エンジンとして注目を集める東南アジア各国の最新の経済事情を詳細にリポート。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年1月29日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、「ポスト中国」の時代と世界経済の行方 2、東南アジアの時代がやって来る! 3、インドネシア~消費ブームに乗った稼ぎ頭 4、ミャンマー~世界が熱視線を送る最後のフロンティア 5、タイ~リスクに負けない規模と質 6、シンガポール~超近代都市国家のアキレス腱は 7、マレーシア~先進国入り目前の優等生国家
  • 動き出した10億人市場 アフリカ新時代(ニューズウィーク日本版e-新書No.2)
    かつて「絶望の大陸」と呼ばれたアフリカに今、世界の企業が熱い眼差しを向けている! いまだに貧困や汚職を抱えながらも、急速な発展へと向かう新興アフリカ諸国の実情を、現地在住ジャーナリストらがリポート。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年3月12日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、眠りから覚めた10億人市場の底力 2、新生アフリカをリードする国は 3、ボツワナで輝く民主主義の伝統 4、石油輸出国からの脱却図るナイジェリア 5、ケニアの消費経済モデルは憧れの的 6、「頭打ち」との声でも期待される南アフリカ 7、援助をてこに成長したルワンダの奇跡
  • シェール革命で何が変わる?(ニューズウィーク日本版e-新書No.3)
    「夢のエネルギー」とまで呼ばれるシェールガスは、世界の何を変えるのか? 日本の脱原発議論から世界のエネルギー勢力図、さらには国家間のパワーバランスまで。「シェール革命」が引き起こす世界情勢の変化を詳しく解説。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2012年12月12日号」に掲載された特集の記事を編集したものです。 <内容> 1、世界の勢力図を塗り替えるシェール革命 2、アジアを揺るがす「夢のエネルギー」 3、シェール革命は本当に脱原発の切り札か 4、シェール採掘が地震を誘発?地元のジレンマ
  • 貧困層ビジネスの新時代(ニューズウィーク日本版e-新書No.4)
    40億人の世界の貧困層をターゲットにしたBOP(ベース・オブ・ピラミッド)ビジネスを成功に導く秘訣とは? BOPビジネスの提唱者である米コーネル大学教授が、BOPビジネスの目指すべき未来を語る。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年4月23日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、貧困層ビジネスが世界を変える 2、モバイルマネーで動きだすタンス預金(ケニア) 3、地元女性を活用する販路拡大のお手本 4、携帯メッセージで農民に有益な情報を(インド) 5、複合的メリットで本国事業を支える(雪国まいたけ) 6、日本企業はBOPの救世主?
  • オバマ外交が危ない「アジア重視」の真実 (ニューズウィーク日本版e-新書No.5)
    「アジア重視」路線へと米外交の方向転換を打ち出したオバマの真意とは? アジアでは中国と北朝鮮を放置し、中東地域では混乱を引き起こしたオバマ外交。その危うさを多角的に検証する。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年3月5日号」に掲載された特集などから記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、二枚舌オバマの無気力外交 2、「アジア重視」外交一年半の成績表 3、米外交が中東をダメにした 4、無人機で民間人を殺すノーベル賞大統領 5、強権オバマをあがめる危うさ
  • 外資系で生き残る処世術(ニューズウィーク日本版e-新書No.6)
    「実力主義」なんて嘘っぱち!? グローバルでフェアな職場というイメージとは程遠い、想像以上にウエットな外資系企業で日本人が成功を収める処世術とは。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年2月5日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、日本人が勘違いする外資系の掟 2、突然のクビ宣告に負けない自衛策 3、アメリカでも進まない職場いじめ対策 4、セクハラされる男たちの悩み
  • 名作シネマで旅する世界の街角(ニューズウィーク日本版e-新書No.7)
    海外旅行より面白い名作シネマの旅へようこそ! 観光旅行では見えない、映画だけが描き出せる世界の都市の魅力を綴ったコラム集。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版4月30日・5月7日合併号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、ロマンチックなパリへの賛歌『ミッドナイト・イン・パリ』 2、『28日後…』が描く孤独で憂鬱なロンドンの現実 3、美しさと歴史の痛みが同居するソウル・漢江 4、ハリウッドが愛する西海岸の夢と憧れ 5、陽気なリオの街の裏に潜む犯罪と貧困 6、悠久の歴史を見守る長江の流れ 7、こんなテーマで旅してみては
  • 日本人が知らない村上春樹(ニューズウィーク日本版e-新書No.8)
    日本人作家ハルキ・ムラカミに、なぜ世界は熱狂するのか? アメリカ、フランス、韓国、中国――。世界各国の作家、ジャーナリストが、謎に包まれた村上春樹の人物像と文学の真価を探る。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年5月21日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、日本人が知らない村上春樹 2、『多崎つくる』書評~心地よい声音の中を旅して 3、アメリカが見たムラカミ・ワールド 4、韓国の反日感情を一変させた「喪失感」 5、フランスの絶大なムラカミアン人気 6、ノルウェー日本文学ブームの火付け役 7、中国の20年、村上ファンの20年
  • 行き詰まる韓国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.9)
    韓国経済の成長を阻む構造的な欠陥とは? 過去10年に渡って順調な成長を続けてきた韓国が今直面する、格差拡大、財閥の市場独占、イノベーションの欠如といった深刻な経済課題の詳細をリポート。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2012年12月5日号」に掲載した特集などから記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、限界が見え始めた韓国経済 2、イノベーションを阻む「コピー文化」 3、韓国をむしばむ財閥ジレンマ 4、新大統領を待つ「左傾化」の波 5、日本外しを狙う韓国の誤算
  • 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)
    中国の成長神話を脅かす不安要因とは? 下方修正される成長率、金融不安を引き起こす「影の銀行」――。借金漬けのまま低成長を迎えた中国経済は、すでに「危険水域」に入った! *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年7月2日号」に掲載した特集などから記事を抜粋して編集しています。 <内容> 1、水増し中国経済、成長率3.6%の衝撃 2、シャドーバンキングという時限爆弾 3、改革の抵抗勢力、国有企業の胸算用 4、成長優先で「和諧」の夢が破れるとき 5、経済弱体化で中国はますます危なくなる
  • TOEFL時代の英語術(ニューズウィーク日本版e-新書No.11)
    大学入試へのTOEFL導入で日本の英語教育が変わる? 留学希望者の英語力テスト「TOEFL」が求める、「読む・書く・聞く・話す」能力はどうすれば向上できるのか。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年7月23日号」に掲載された特集記事を編集しています。記事中の事実関係、データ、年齢、肩書等はすべて掲載当時のものです。 <内容> 1、TOEFL時代を乗り切る英語術 2、噂のTOEFLテストってどんな試験? 3、TOEFL義務化で英語下手は治る? 4、なぜ日本人は今も英語が苦手なのか 5、「使える英語」への終わりなき迷走 <表紙イラスト> Ken Crane
  • 東京五輪まで7年の課題(ニューズウィーク日本版e-新書No.12)
    2度目のオリンピックを7年後に控えた東京が今、直面する課題とは? ロサンゼルス、シドニー、ロンドン……。過去の五輪開催都市から、成功と失敗の法則を学ぶ。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年9月24日号」に掲載された特集記事などを編集しています。記事中の事実関係、データ、年齢、肩書等はすべて掲載当時のものです。 <内容> 1、東京五輪、あと7年の過ごし方 2、五輪の呪いとロンドンの苦悩 3、ロサンゼルスの成功に学べ 4、ソフト面での3つの課題とは? 5、「ブランドと知的所有権」の問題は大丈夫か?
  • 日本を極めた外国人(ニューズウィーク日本版e-新書No.13)
    日本文化に心底ほれ込み、その道を極めた16人の外国人を紹介! 茶道や能楽といった日本の伝統文化、アニメやラーメンなど日本独自のポップカルチャーに心を奪われ、スペシャリストを目指す達人たち……。 彼らの姿から、日本人が忘れかけていた匠の技、和の心の神髄が見えてくる! <内容> 1、輪島塗に飛び込んだイギリス人女性の23年 2、「メリハリ」が生む深遠な尺八の調べ 3、「道」に導かれてたどりついた茶道の心 4、HENTAIばかりがアニメじゃない! 5、囲碁という果てなき宇宙へ 6、「週5でラーメン食べてます」 7、剣道の心技を究め武士道の神髄を追う 8、イラン人作家と異文化の風 9、木造和船の秘伝を守り抜く職人魂 10、アニメ主題歌をおしゃれに輝かせて 11、仏教に失望した末に到達した座禅の理想郷 12、消えゆく琉球語を守りたい 13、目からウロコの墨絵をより自由に大胆に 14、元エリート外交官はうどんで日韓の橋渡し 15、クリエイティブで奥深い弁当箱ワールドへ 16、英語で追求する能の道 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年8月20日号(夏季合併号)」に掲載された特集記事を、再編集したものです。
  • 過激化する韓国の反日(ニューズウィーク日本版e-新書No.14)
    国をあげて日本バッシングを繰り返す韓国。その反日感情の深層で何が起きているのか? 過激化する「反日」を読み解くカギとなる、韓国社会の構造変化を詳細にリポート! <内容> 1、過激化する韓国の反日心理 2、韓国が戦争犯罪を認めない訳 3、対日「袋小路」外交の理由 4、朴が日本に放つ和解のシグナル *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年10月1日号」に掲載された特集記事を編集しています。
  • エアライン新常識(ニューズウィーク日本版e-新書No15)
    世界の航空業界は、変革の時代を迎えた! 機体製造や運航技術の革新、大幅な規制緩和によって空の旅は日々進化を遂げている――。 エアライン業界の最新トレンドと「新常識」を徹底取材して好評を博したニューズウィーク日本版の特集から、厳選記事を一挙掲載! <内容> 1、旅を楽しくするエアライン新常識 2、ほかでは絶対に言えない! 現役CAの本音トーク 3、トラブル続出 B787は飛び続けられるか 4、事故率わずか500万分の1 それでもやっぱり怖い? 5、急増する中国エアライン 操縦士は信頼できるか 6、空飛ぶプリウス 実用化計画が進行中 7、究極の快適さを目指す 座席&客室革命 8、「天空の覇権」をめぐる アライアンス三国志 9、日本が迎えた「LCC元年」 ピーチ独り勝ちのワケ 10、意外に使える!?茨城空港 目指すはLCCのハブ *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2013年7月9日号掲載の特集から記事を抜粋して構成しています。
  • 宮崎駿が世界に残した遺産(ニューズウィーク日本版e-新書No16)
    世界の批評家、クリエーターたちを虜にし、日本発のアニメ文化「ジャパニメーション」を牽引し続けた宮崎駿が、引退を宣言した。 巨匠ミヤザキが世界に残した「遺産」とは何か? アメリカ、中国、フランスのジャーナリスト、クリエーターがその真の意味を語る。 <内容> 1、宮崎駿が世界に残した遺産 2、世界を魅了した宮崎駿とその哲学 3、ナウシカと中国SFと共産党と 4、ジブリのアニメは現代の浮世絵だ 5、緑深いジブリの庭に忍び込んだら 6、『風立ちぬ』のヒロインが「菜穂子」である理由 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2013年12月3日号などに掲載された記事を再編集して構成しています。
  • アメリカも困惑する韓国の世界観(ニューズウィーク日本版e-新書No.17)
    なぜ韓国は日本を敵視するのか? なぜアメリカのアジア戦略に反して中国に歩み寄るのか? 同盟国アメリカを困惑させる韓国の外交姿勢の混乱とジレンマ、その根底にある驚くべき「世界観」を探る。 <内容> 1、アメリカが困惑する韓国の世界観 2、日本批判にアメリカもうんざり 3、韓国がアジアで生き残る方法 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2013年12月3日号掲載の特集記事を再編集して構成しています。
  • ビットコインの可能性(ニューズウィーク日本版e-新書No.18)
    革命的な発明か、それとも単なるバブルか――。 世界が注目する「新通貨」ビットコインの仕組みとリスクを徹底解説! <内容> 1、ビットコインの可能性 2、現金と電子マネーに並ぶ「第3の通貨」になる? 3、サトシ・ナカモト その痕跡と正体 4、ビットコイン懐疑論の大きな勘違い *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年2月25日号掲載の特集記事を再編集して構成しています。
  • 中国軍の虚像(ニューズウィーク日本版e-新書No.19)
    中国軍は本当に強いのか? それとも弱いのか? 膨大な軍事費で新兵器を増強しても、実戦能力や兵士の士気には難点だらけ――。 過大評価される人民解放軍の実像に迫る。 <内容> 1、弱いがゆえに危険な中国軍 2、膨張する中国海軍は張り子の虎か 3、ロシア最新機を買いたい理由 4、中国は超大国と張り合わず *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年3月25日号掲載の特集記事を再編集して構成しています。
  • ロボットと人間の未来(ニューズウィーク日本版e-新書No.20)
    家庭や職場から、災害対応、戦場まで……。 いま世界では、様々な分野のロボット開発が加速している。 人型ロボット「ヒューマノイド」時代の到来は、 人類に明るい未来をもたらすのか? <内容> 1、ロボット革命が切り開く人類の未来 2、ターミネーターを禁止せよ 3、兵士とマシンの奇妙な愛情 4、鉄腕アトムをあきらめないで *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年4月29日/5月6日合併号に掲載した特集から記事を抜粋して再編集しています。
  • 世界に広がるスマホ依存症(ニューズウィーク日本版e-新書No.21)
    集中力の低下による仕事力や成績のダウン、 そして交通事故やいじめの弊害……。 世界各国で社会問題化する「スマホ中毒」と 私たちはどう向き合えばいいのか。 <内容> 1、世界に広がるスマホ依存症 2、韓国の子供たちは「スマホ漬け」 3、スマホの5つの落とし穴 4、SNSはやる気を高めるが 5、ブルーライトで効率低下 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年5月20日号に掲載した特集から記事を抜粋して再編集しています。
  • アルツハイマー最新研究(ニューズウィーク日本版e-新書No.22)
    記憶だけでなく最後には生命まで奪うこの難病とどう向き合えば良いのか。 患者と家族、社会がいま知るべき、アルツハイマー治療と予防の最前線。 ≪内容≫ 1、社会が見落とすアルツハイマーの現実 2、介護家族が豊かな人生を送るために 3、認知症が母に安らぎを与えた 4、脳インプラントで記憶力を回復 5、緑茶とサケで病をシャットアウト 6、癌との不思議な相関関係 7、子供時代のIQと脳の老化 8、母乳で育てたらリスク減少 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年5月13日号に掲載した特集から記事を抜粋して構成しています。
  • 中国の横暴と深謀(ニューズウィーク日本版e-新書No.23)
    南シナ海で「領海拡大」を目指す中国と周辺国の間で緊張が高まっている。 横暴にしか見えない中国の行動の裏に隠されたその真意、深謀とは何か。 ≪内容≫ 1、「平和的台頭」の幕が下りる日 2、中国が南シナ海にこだわる理由 3、南シナ海を狙う共産党の妄想と野心 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年5月27日号に掲載した特集から記事を抜粋して構成しています。
  • TOKYO EYE セレクション(ニューズウィーク日本版e-新書No.24)
    ニューズウィーク日本版で2014年7月まで連載された人気コーナー、東京在住外国人のリレーコラム「Tokyo Eye」が電子書籍になりました! 本書では、個性溢れる5人のライター(仏フィガロ紙記者レジス・アルノー、イギリス人翻訳家スティーブン・ウォルシュ、歌舞伎町案内人・李小牧、明治学院大学教授マイケル・プロンコ、一橋大学准教授クォン・ヨンソク)のコラム40本をセレクション。 東京を愛してやまない彼らが、震災後の街中で見つけたミラクルな日常を綴ります。 <表紙イラスト>南後卓矢
  • 中国天安門の記憶(ニューズウィーク日本版e-新書No.25)
    急激な経済成長による繁栄に目を奪われ、忘れられた天安門の惨劇。 民主主義を拒否し続ける中国は今後どこへ向かうのか? 1、繁栄で忘れられた血染めの過去 2、天安門の精神は死んでいない 3、世界で後退する民主主義 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年6月10日号に掲載された特集記事で構成しています。
  • エアライン極限の進化(ニューズウィーク日本版e-新書No.26)
    ホテルのスイートルームさながらの究極の快適さと、サービスコストを徹底的にカットした究極の格安エコノミーと――。 激しい競争を繰り広げる世界のエアラインは、二極化へと進む! 1、エアラインは極限の進化へ 2、空の旅を変える新型機の実力 3、「未完の名機」MRJにライバル機が迫る 4、ウクライナの迷える航空産業 5、ウクライナの撃墜が370便捜索を妨げる 6、大型旅客機がミサイル攻撃の格好の標的に 7、空の保安官TSAは正義の味方か 8、安全飛行を担うパイロットの気になる実力 9、それでも空の旅は安全だ 10、NY~北京間が2時間に!? 弾道飛行の衝撃 11、吹き荒れるオイルマネー旋風 12、中東と中国が牽引する空港開発ラッシュ *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年8月12日・19日夏季合併号に掲載された特集から記事を抜粋して構成しています。
  • ビッグデータ 可能性と限界(ニューズウィーク日本版e-新書No.27)
    パソコンやネットの誕生に匹敵する変革の波となるビッグデータ。 来るべきビッグデータ時代に生活とビジネスはこう変わる! 1、すべてを予測するビッグデータ時代 2、「死の確率」割り出します 3、オープンデータは「宝の山」だ 4、電波のデータ活用で宇宙人を探せ 4、オープンデータは「宝の山」だ 5、データ収集だけでいいの? *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版9月2日号に掲載された特集記事で構成しています。
  • 等身大の中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.28)
    根強く飛び交う中国経済の「崩壊説」。 しかし等身大の中国人の経済活動は、指標や統計データからは見えてこない――。 8つのニュースキーワードで読み解く中国経済ガイドも収録! <内容> 1、 見失われる等身大の中国経済 2、 ニュースで読み解く中国経済(シャドーバンク、中国株、上海経済特区、インフレ、米国債残高、国有企業、人民元、不動産バブル) 3、 ゴミ拾いをしなければ生きられない老後 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年9月23日号掲載の特集記事で構成しています。
  • 進化し続ける都市TOKYO(ニューズウィーク日本版e-新書No.29)
    東京五輪とアベノミクスで加速する東京都心の再開発――。 近未来と伝統が融合する東京と日本の未来像とは。 <内容> 1、 進化する都市TOKYOの未来 2、 ハイブリッド型都市をめざす東京の挑戦 3、 外資誘致に都のおもてなし 4、 ロンドンに学ぶ五輪レガシー *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年10月7日号掲載の特集記事で構成しています。
  • 韓国 理不尽な現実(ニューズウィーク日本版e-新書No.30)
    民主化と経済成長に伴って世界の中で存在感を高めた韓国。 しかしそのプライドをくじくような出来事が最近相次いで起きているのはなぜなのか? 急速な発展の裏で韓国社会に生じた「歪み」の実態に迫る! <内容> 1、韓国、社会の歪みと「歴史問題」 2、軍隊生活はいじめの温床 3、米軍慰安婦が求める謝罪 4、驕れるサムスン久しからず? *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年11月4日号掲載の特集記事から抜粋して構成しています。
  • 2015年 世界を読み解く(ニューズウィーク日本版e-新書No.31)
    「テロ組織が跋扈する中東に希望はあるのか?」 「強硬姿勢のロシアが第2の『冷戦』を生むのか?」 「アメリカは世界のリーダーの気概を失ったのか?」 米国務長官ジョン・ケリー、元香港総督クリス・パッテン、米コロンビア大学教授ジェフリー・サックスら、各界トップの専門家が世界の今を読み解く! <内容> 1、「不安の時代」は2015年も続く 2、第2次冷戦を回避するために(ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領) 3、アメリカは内向きにならない(ジョン・ケリー米国務長官) 4、絶望的な中東にも希望の芽はある 5、中国が夢見る「アジア人のアジア」 6、「皇帝」習近平が抱える深刻な矛盾(クリス・パッテン元香港総督) 7、小さな政府とも金融緩和とも違う第3の道へ(ジェフリー・サックス〔米コロンビア大地球研究所長〕) 8、グーグルを脅かす次のグーグル(エリック・シュミット〔グーグル会長〕) 9、米中主導の「脱・温暖化時代」が始まる *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年新年合併号掲載の特集記事で構成しています。
  • 2015年 世界経済の行方(ニューズウィーク日本版e-新書No.32)
    「拡大中国が世界経済の覇権を握るのか?」 「アメリカは利上げに踏み切るのか?」 「ユーロ圏は危機を克服できるのか?」 ジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大学教授、クリスティーヌ・ラガルトIMF専務理事、マリオ・ドラギ欧州中央銀行総裁ら各分野の第一人者が、世界経済の行方を見通す! <内容> 1、危機克服の真価が問われる2015年 2、大事なのは政治だ、ばか者!(ジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大学教授) 3、失敗は許されない 世界経済3つの選択(クリスティーヌ・ラガルトIMF専務理事) 4、絶好調の予測に死角が潜む 5、円安が暴いた真の課題 6、賢くも愚かな中国主導の新秩序 7、ユーロ圏は統合の深化を(マリオ・ドラギ欧州中央銀行総裁) 8、原油価格の反転上昇はそこまで来ている 9、持続可能な開発へ舵を切るチャンスの年(ジェフリー・サックス米コロンビア大学地球研究所所長) *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年1月13日号掲載の特集記事で構成しています。
  • 日本の和食、世界の和食(ニューズウィーク日本版e-新書No.33)
    「世界無形文化遺産」の登録で、海外では空前の和食ブームが続く! しかし日本国内では、伝統を受け継ぐ仕組みが危機に瀕している。 岐路に立つ和食の現状を、国内と海外からリポート。 <内容> 1、日本の和食、世界の和食 2、世界を目指すSAKEの挑戦 3、和食文化の神髄を守り続けるべきだ 4、本物に近づく海外和食 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年1月20日号掲載の特集記事で構成しています。
  • 「イスラム国」過激思想の原点と実態(ニューズウィーク日本版e-新書No.34)
    シリア内戦をきっかけに中東で急速に勢力を拡大する「イスラム国」。 残虐さで世界を戦慄させるテロ集団の、知られざる原点と実態をリポート。 <内容> 1、追いつめられる残虐ISIS 2、自称カリフの平凡な素顔 3、残忍ISISの支配の実態は 4、安倍中東外交 機能不全の実態 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年2月3日号、2月17日号掲載の特集記事で構成しています。
  • 中国経済の新常態(ニューノーマル)(ニューズウィーク日本版e-新書No.35)
    国家大改革の狼煙か、単なる景気減速の言い訳か――。 中国が打ち出す「ニューノーマル」の真の狙いと習近平政権の未来とは? <内容> 1、中国「新常態」の厳しい舵取り 2、新常態がもたらす中国経済の新常識 3、PM2.5と新常態は遠くて近い関係 4、習体制を脅かす異常事態の影 5、ハエたたきの影響はトラ狩りより深刻? *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年3月31日号掲載の特集記事で構成しています。
  • パイロットが危ない!(ニューズウィーク日本版e-新書No.36)
    衝撃のドイツLCC機墜落事故は副操縦士の故意だった! 「安全の守護神」と信じられていたパイロットへの信頼が、今揺らいでいる。 <内容> 1、崩れたパイロットの安全神話 2、空の旅、危ないのはアジア 3、操縦士のメンタルはどう調べるべきか 4、悲劇を生んだ原因は守られ過ぎた操縦室? *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年4月7日号掲載の特集記事で構成しています。
  • 米中 覇権争いの新局面(ニューズウィーク日本版e-新書No.37)
    中国主導のアジア投資銀行AIIBに殺到するヨーロッパ諸国――。 アメリカは中国との「覇権争い」に敗れつつあるのか? <内容> 1、アメリカは中国に追い越されたか 2、AIIBの次に中国が狙う基軸通貨の座 3、脅威も規模も過大評価? AIIBをめぐる誤解 4、アメリカを裏切る欧州の代償 5、中国にふさわしい役割を与える時 6、中国がひた走る「100年マラソン」 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年4月14日号掲載の特集記事で構成しています。
  • ヒラリーは勝てるか?(ニューズウィーク日本版e-新書No.38)
    2016年のアメリカ大統領選に出馬を決めたヒラリー・クリントン。 ヒラリーは果たしてアメリカ史上初の女性大統領になれるのか? ヒラリー、そして女性政治家が持つ「強さ」と「弱さ」を検証する。 <内容> 1、ヒラリー出馬と女性の権力 2、女が権力を握る本当の意味 3、本命ヒラリーの強みは弱み 4、リーダーさえも逃れられない女らしさの呪縛 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年4月28日号掲載の特集記事で構成しています。
  • 生まれ変わるキューバ(ニューズウィーク日本版e-新書No.39)
    アメリカとの国交正常化で、止まっていたキューバの時計が50年ぶりに動き始める! 情熱の国に生きる素朴な人々と、今も続く「革命」――。 キューバには今後どんな変化が待っているのか? <内容> 1、新生キューバへ向かう人々の「今」 2、荒廃と困窮が生む唯一無二のアート 3、大作家ヘミングウェイとキューバの秘めた関係 4、半世紀止まっていた時計の針がいよいよ動きだす *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年5月5/12日合併号掲載の特集記事で構成しています。
  • 中国 新シルクロードの野望(ニューズウィーク日本版e-新書No.40)
    中国から欧州までを陸と海のシルクロードを繋ぐ、巨大経済圏「一帯一路」構想。 その戦略に潜む中国政府の野心と落とし穴とは? <内容> 1、現代版シルクロードに隠された野望 2、「一帯一路」の甘過ぎる見通し 3、新経済構想、中国人の言い分 4、一帯一路はユートピアじゃない *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年5月26日号掲載の特集記事で構成しています。
  • ドローンの時代(ニューズウィーク日本版e-新書No.41)
    人助けにもテロにも使えるドローン(無人飛行機)。 期待と不安を駆り立てる新技術の無限の可能性とは? <内容> 1、人類に迫り来るドローンの時代 2、進化系ドローンの潜在力 3、小型無人機に潜む大きなリスク 4、ドローン操縦士を待ち受ける後遺症 5、手遅れになる前に対策を急げ *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年6月16日号掲載の特集記事で構成しています。
  • イラン核合意のリスク(ニューズウィーク日本版e-新書No.42)
    長年対立を続けてきたイランとアメリカが、核協議で合意に達した。 この歴史的決断は、中東と世界の秩序をどう変えるのか? <内容> 1、イラン核合意の地政学リスク 2、中東の宗派戦争は激化する 3、「大義」を捨てたイラン国民こそ真の英雄だ 4、ノーベル賞ものか、中東崩壊の序章か *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年7月28日号掲載の特集記事などから構成しています。
  • 健康寿命の先端科学(ニューズウィーク日本版e-新書No.43)
    巨額の資金を投じてシリコンバレーで進む、不老不死の研究。 しかし永遠に生き続けることは本当に幸せなのか!? <内容> 1、永遠の命を目指して進む最先端技術 2、パーツ交換で延命 脳の中身も移植? 3、最新研究が明かす長寿と健康のメカニズム (世界最高齢、低カロリー食、社会的孤立、リベラルVS保守、女性の長寿) *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年8月4日号掲載の特集記事から構成しています。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ニューズウィーク日本版e-新書 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング

ニューズウィーク日本版e-新書 に関連する特集・キャンペーン