ポスト中国の世界経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.1)

ポスト中国の世界経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.1)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

中国の成長が世界を支えた時代は終わりを告げた!

中国ビジネスで高まるリスクの本質と、世界経済の新たな成長エンジンとして注目を集める東南アジア各国の最新の経済事情を詳細にリポート。

*この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年1月29日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。

<内容>
1、「ポスト中国」の時代と世界経済の行方
2、東南アジアの時代がやって来る!
3、インドネシア~消費ブームに乗った稼ぎ頭
4、ミャンマー~世界が熱視線を送る最後のフロンティア
5、タイ~リスクに負けない規模と質
6、シンガポール~超近代都市国家のアキレス腱は
7、マレーシア~先進国入り目前の優等生国家

ジャンル
出版社
CCCメディアハウス
掲載誌・レーベル
ニューズウィーク日本版e-新書
電子版発売日
2013年09月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~43巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 43件
  • ポスト中国の世界経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.1)
    中国の成長が世界を支えた時代は終わりを告げた! 中国ビジネスで高まるリスクの本質と、世界経済の新たな成長エンジンとして注目を集める東南アジア各国の最新の経済事情を詳細にリポート。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年1月29日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、「ポスト中国」の時代と世界経済の行方 2、東南アジアの時代がやって来る!...
  • 動き出した10億人市場 アフリカ新時代(ニューズウィーク日本版e-新書No.2)
    かつて「絶望の大陸」と呼ばれたアフリカに今、世界の企業が熱い眼差しを向けている! いまだに貧困や汚職を抱えながらも、急速な発展へと向かう新興アフリカ諸国の実情を、現地在住ジャーナリストらがリポート。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年3月12日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、眠りから覚めた10億人市場の底力 2、新生アフリカをリ...
  • シェール革命で何が変わる?(ニューズウィーク日本版e-新書No.3)
    「夢のエネルギー」とまで呼ばれるシェールガスは、世界の何を変えるのか? 日本の脱原発議論から世界のエネルギー勢力図、さらには国家間のパワーバランスまで。「シェール革命」が引き起こす世界情勢の変化を詳しく解説。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2012年12月12日号」に掲載された特集の記事を編集したものです。 <内容> 1、世界の勢力図を塗り替えるシェール革命 2、アジアを...
  • 貧困層ビジネスの新時代(ニューズウィーク日本版e-新書No.4)
    40億人の世界の貧困層をターゲットにしたBOP(ベース・オブ・ピラミッド)ビジネスを成功に導く秘訣とは? BOPビジネスの提唱者である米コーネル大学教授が、BOPビジネスの目指すべき未来を語る。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年4月23日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、貧困層ビジネスが世界を変える 2、モバイルマネーで動きだす...
  • オバマ外交が危ない「アジア重視」の真実 (ニューズウィーク日本版e-新書No.5)
    「アジア重視」路線へと米外交の方向転換を打ち出したオバマの真意とは? アジアでは中国と北朝鮮を放置し、中東地域では混乱を引き起こしたオバマ外交。その危うさを多角的に検証する。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年3月5日号」に掲載された特集などから記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、二枚舌オバマの無気力外交 2、「アジア重視」外交一年半の成績表 3、米外交...
  • 外資系で生き残る処世術(ニューズウィーク日本版e-新書No.6)
    「実力主義」なんて嘘っぱち!? グローバルでフェアな職場というイメージとは程遠い、想像以上にウエットな外資系企業で日本人が成功を収める処世術とは。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年2月5日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、日本人が勘違いする外資系の掟 2、突然のクビ宣告に負けない自衛策 3、アメリカでも進まない職場いじめ対策 ...
  • 名作シネマで旅する世界の街角(ニューズウィーク日本版e-新書No.7)
    海外旅行より面白い名作シネマの旅へようこそ! 観光旅行では見えない、映画だけが描き出せる世界の都市の魅力を綴ったコラム集。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版4月30日・5月7日合併号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、ロマンチックなパリへの賛歌『ミッドナイト・イン・パリ』 2、『28日後…』が描く孤独で憂鬱なロンドンの現実 3、美しさと歴史の...
  • 日本人が知らない村上春樹(ニューズウィーク日本版e-新書No.8)
    日本人作家ハルキ・ムラカミに、なぜ世界は熱狂するのか? アメリカ、フランス、韓国、中国――。世界各国の作家、ジャーナリストが、謎に包まれた村上春樹の人物像と文学の真価を探る。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年5月21日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、日本人が知らない村上春樹 2、『多崎つくる』書評~心地よい声音の中を旅して 3...
  • 行き詰まる韓国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.9)
    韓国経済の成長を阻む構造的な欠陥とは? 過去10年に渡って順調な成長を続けてきた韓国が今直面する、格差拡大、財閥の市場独占、イノベーションの欠如といった深刻な経済課題の詳細をリポート。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2012年12月5日号」に掲載した特集などから記事を抜粋して編集したものです。 <内容> 1、限界が見え始めた韓国経済 2、イノベーションを阻む「コピー文化」 ...
  • 危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)
    中国の成長神話を脅かす不安要因とは? 下方修正される成長率、金融不安を引き起こす「影の銀行」――。借金漬けのまま低成長を迎えた中国経済は、すでに「危険水域」に入った! *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年7月2日号」に掲載した特集などから記事を抜粋して編集しています。 <内容> 1、水増し中国経済、成長率3.6%の衝撃 2、シャドーバンキングという時限爆弾 3、改革の抵抗...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ニューズウィーク日本版e-新書」に関連する特集・キャンペーン