日本を極めた外国人(ニューズウィーク日本版e-新書No.13)

ビジネス・経済13位

日本を極めた外国人(ニューズウィーク日本版e-新書No.13)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本文化に心底ほれ込み、その道を極めた16人の外国人を紹介!
茶道や能楽といった日本の伝統文化、アニメやラーメンなど日本独自のポップカルチャーに心を奪われ、スペシャリストを目指す達人たち……。
彼らの姿から、日本人が忘れかけていた匠の技、和の心の神髄が見えてくる!

<内容>
1、輪島塗に飛び込んだイギリス人女性の23年
2、「メリハリ」が生む深遠な尺八の調べ
3、「道」に導かれてたどりついた茶道の心
4、HENTAIばかりがアニメじゃない!
5、囲碁という果てなき宇宙へ
6、「週5でラーメン食べてます」
7、剣道の心技を究め武士道の神髄を追う
8、イラン人作家と異文化の風
9、木造和船の秘伝を守り抜く職人魂
10、アニメ主題歌をおしゃれに輝かせて
11、仏教に失望した末に到達した座禅の理想郷
12、消えゆく琉球語を守りたい
13、目からウロコの墨絵をより自由に大胆に
14、元エリート外交官はうどんで日韓の橋渡し
15、クリエイティブで奥深い弁当箱ワールドへ
16、英語で追求する能の道

*この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年8月20日号(夏季合併号)」に掲載された特集記事を、再編集したものです。

ジャンル
出版社
CCCメディアハウス
掲載誌・レーベル
ニューズウィーク日本版e-新書
電子版発売日
2013年12月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~43巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~20件目 / 43件
  • TOEFL時代の英語術(ニューズウィーク日本版e-新書No.11)
    大学入試へのTOEFL導入で日本の英語教育が変わる? 留学希望者の英語力テスト「TOEFL」が求める、「読む・書く・聞く・話す」能力はどうすれば向上できるのか。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年7月23日号」に掲載された特集記事を編集しています。記事中の事実関係、データ、年齢、肩書等はすべて掲載当時のものです。 <内容> 1、TOEFL時代を乗り切る英語術 2、噂...
  • 東京五輪まで7年の課題(ニューズウィーク日本版e-新書No.12)
    2度目のオリンピックを7年後に控えた東京が今、直面する課題とは? ロサンゼルス、シドニー、ロンドン……。過去の五輪開催都市から、成功と失敗の法則を学ぶ。 *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年9月24日号」に掲載された特集記事などを編集しています。記事中の事実関係、データ、年齢、肩書等はすべて掲載当時のものです。 <内容> 1、東京五輪、あと7年の過ごし方 2、五輪の呪いと...
  • 日本を極めた外国人(ニューズウィーク日本版e-新書No.13)
    日本文化に心底ほれ込み、その道を極めた16人の外国人を紹介! 茶道や能楽といった日本の伝統文化、アニメやラーメンなど日本独自のポップカルチャーに心を奪われ、スペシャリストを目指す達人たち……。 彼らの姿から、日本人が忘れかけていた匠の技、和の心の神髄が見えてくる! <内容> 1、輪島塗に飛び込んだイギリス人女性の23年 2、「メリハリ」が生む深遠な尺八の調べ 3、「道」に導かれてたどり...
  • 過激化する韓国の反日(ニューズウィーク日本版e-新書No.14)
    国をあげて日本バッシングを繰り返す韓国。その反日感情の深層で何が起きているのか? 過激化する「反日」を読み解くカギとなる、韓国社会の構造変化を詳細にリポート! <内容> 1、過激化する韓国の反日心理 2、韓国が戦争犯罪を認めない訳 3、対日「袋小路」外交の理由 4、朴が日本に放つ和解のシグナル *この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年10月1日号」に掲載された特集記事を編集...
  • エアライン新常識(ニューズウィーク日本版e-新書No15)
    世界の航空業界は、変革の時代を迎えた! 機体製造や運航技術の革新、大幅な規制緩和によって空の旅は日々進化を遂げている――。 エアライン業界の最新トレンドと「新常識」を徹底取材して好評を博したニューズウィーク日本版の特集から、厳選記事を一挙掲載! <内容> 1、旅を楽しくするエアライン新常識 2、ほかでは絶対に言えない! 現役CAの本音トーク 3、トラブル続出 B787は飛び続けられるか 4、事故率...
  • 宮崎駿が世界に残した遺産(ニューズウィーク日本版e-新書No16)
    世界の批評家、クリエーターたちを虜にし、日本発のアニメ文化「ジャパニメーション」を牽引し続けた宮崎駿が、引退を宣言した。 巨匠ミヤザキが世界に残した「遺産」とは何か? アメリカ、中国、フランスのジャーナリスト、クリエーターがその真の意味を語る。 <内容> 1、宮崎駿が世界に残した遺産 2、世界を魅了した宮崎駿とその哲学 3、ナウシカと中国SFと共産党と 4、ジブリのアニメは現代の浮世絵だ 5...
  • アメリカも困惑する韓国の世界観(ニューズウィーク日本版e-新書No.17)
    なぜ韓国は日本を敵視するのか? なぜアメリカのアジア戦略に反して中国に歩み寄るのか? 同盟国アメリカを困惑させる韓国の外交姿勢の混乱とジレンマ、その根底にある驚くべき「世界観」を探る。 <内容> 1、アメリカが困惑する韓国の世界観 2、日本批判にアメリカもうんざり 3、韓国がアジアで生き残る方法 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2013年12月3日号掲載の特集記事を再編集して構成してい...
  • ビットコインの可能性(ニューズウィーク日本版e-新書No.18)
    革命的な発明か、それとも単なるバブルか――。 世界が注目する「新通貨」ビットコインの仕組みとリスクを徹底解説! <内容> 1、ビットコインの可能性 2、現金と電子マネーに並ぶ「第3の通貨」になる? 3、サトシ・ナカモト その痕跡と正体 4、ビットコイン懐疑論の大きな勘違い *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年2月25日号掲載の特集記事を再編集して構成しています。
  • 中国軍の虚像(ニューズウィーク日本版e-新書No.19)
    中国軍は本当に強いのか? それとも弱いのか? 膨大な軍事費で新兵器を増強しても、実戦能力や兵士の士気には難点だらけ――。 過大評価される人民解放軍の実像に迫る。 <内容> 1、弱いがゆえに危険な中国軍 2、膨張する中国海軍は張り子の虎か 3、ロシア最新機を買いたい理由 4、中国は超大国と張り合わず *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年3月25日号掲載の特集記事を再編集して構成しています。
  • ロボットと人間の未来(ニューズウィーク日本版e-新書No.20)
    家庭や職場から、災害対応、戦場まで……。 いま世界では、様々な分野のロボット開発が加速している。 人型ロボット「ヒューマノイド」時代の到来は、 人類に明るい未来をもたらすのか? <内容> 1、ロボット革命が切り開く人類の未来 2、ターミネーターを禁止せよ 3、兵士とマシンの奇妙な愛情 4、鉄腕アトムをあきらめないで *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2014年4月29日/5月6日合併号に掲載した...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ニューズウィーク日本版e-新書」に関連する特集・キャンペーン