日本の和食、世界の和食(ニューズウィーク日本版e-新書No.33)

日本の和食、世界の和食(ニューズウィーク日本版e-新書No.33)

作者名 :
通常価格 275円 (250円+税)
獲得ポイント

1pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「世界無形文化遺産」の登録で、海外では空前の和食ブームが続く!
しかし日本国内では、伝統を受け継ぐ仕組みが危機に瀕している。
岐路に立つ和食の現状を、国内と海外からリポート。

<内容>
1、日本の和食、世界の和食
2、世界を目指すSAKEの挑戦
3、和食文化の神髄を守り続けるべきだ
4、本物に近づく海外和食

*この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年1月20日号掲載の特集記事で構成しています。

ジャンル
出版社
CCCメディアハウス
掲載誌・レーベル
ニューズウィーク日本版e-新書
電子版発売日
2015年04月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~43巻配信中

※予約作品はカートに入りません

31~40件目 / 43件
  • 2015年 世界を読み解く(ニューズウィーク日本版e-新書No.31)
    「テロ組織が跋扈する中東に希望はあるのか?」 「強硬姿勢のロシアが第2の『冷戦』を生むのか?」 「アメリカは世界のリーダーの気概を失ったのか?」 米国務長官ジョン・ケリー、元香港総督クリス・パッテン、米コロンビア大学教授ジェフリー・サックスら、各界トップの専門家が世界の今を読み解く! <内容> 1、「不安の時代」は2015年も続く 2、第2次冷戦を回避するために(ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大...
  • 2015年 世界経済の行方(ニューズウィーク日本版e-新書No.32)
    「拡大中国が世界経済の覇権を握るのか?」 「アメリカは利上げに踏み切るのか?」 「ユーロ圏は危機を克服できるのか?」 ジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大学教授、クリスティーヌ・ラガルトIMF専務理事、マリオ・ドラギ欧州中央銀行総裁ら各分野の第一人者が、世界経済の行方を見通す! <内容> 1、危機克服の真価が問われる2015年 2、大事なのは政治だ、ばか者!(ジョセフ・スティグリ...
  • 日本の和食、世界の和食(ニューズウィーク日本版e-新書No.33)
    「世界無形文化遺産」の登録で、海外では空前の和食ブームが続く! しかし日本国内では、伝統を受け継ぐ仕組みが危機に瀕している。 岐路に立つ和食の現状を、国内と海外からリポート。 <内容> 1、日本の和食、世界の和食 2、世界を目指すSAKEの挑戦 3、和食文化の神髄を守り続けるべきだ 4、本物に近づく海外和食 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年1月20日号掲載の特集記事で...
  • 「イスラム国」過激思想の原点と実態(ニューズウィーク日本版e-新書No.34)
    シリア内戦をきっかけに中東で急速に勢力を拡大する「イスラム国」。 残虐さで世界を戦慄させるテロ集団の、知られざる原点と実態をリポート。 <内容> 1、追いつめられる残虐ISIS 2、自称カリフの平凡な素顔 3、残忍ISISの支配の実態は 4、安倍中東外交 機能不全の実態 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年2月3日号、2月17日号掲載の特集記事で構成しています。
  • 中国経済の新常態(ニューノーマル)(ニューズウィーク日本版e-新書No.35)
    国家大改革の狼煙か、単なる景気減速の言い訳か――。 中国が打ち出す「ニューノーマル」の真の狙いと習近平政権の未来とは? <内容> 1、中国「新常態」の厳しい舵取り 2、新常態がもたらす中国経済の新常識 3、PM2.5と新常態は遠くて近い関係 4、習体制を脅かす異常事態の影 5、ハエたたきの影響はトラ狩りより深刻? *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年3月31日号掲載の特集...
  • パイロットが危ない!(ニューズウィーク日本版e-新書No.36)
    衝撃のドイツLCC機墜落事故は副操縦士の故意だった! 「安全の守護神」と信じられていたパイロットへの信頼が、今揺らいでいる。 <内容> 1、崩れたパイロットの安全神話 2、空の旅、危ないのはアジア 3、操縦士のメンタルはどう調べるべきか 4、悲劇を生んだ原因は守られ過ぎた操縦室? *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年4月7日号掲載の特集記事で構成しています。
  • 米中 覇権争いの新局面(ニューズウィーク日本版e-新書No.37)
    中国主導のアジア投資銀行AIIBに殺到するヨーロッパ諸国――。 アメリカは中国との「覇権争い」に敗れつつあるのか? <内容> 1、アメリカは中国に追い越されたか 2、AIIBの次に中国が狙う基軸通貨の座 3、脅威も規模も過大評価? AIIBをめぐる誤解 4、アメリカを裏切る欧州の代償 5、中国にふさわしい役割を与える時 6、中国がひた走る「100年マラソン」 *この電子書籍は、ニュー...
  • ヒラリーは勝てるか?(ニューズウィーク日本版e-新書No.38)
    2016年のアメリカ大統領選に出馬を決めたヒラリー・クリントン。 ヒラリーは果たしてアメリカ史上初の女性大統領になれるのか? ヒラリー、そして女性政治家が持つ「強さ」と「弱さ」を検証する。 <内容> 1、ヒラリー出馬と女性の権力 2、女が権力を握る本当の意味 3、本命ヒラリーの強みは弱み 4、リーダーさえも逃れられない女らしさの呪縛 *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年4月28...
  • 生まれ変わるキューバ(ニューズウィーク日本版e-新書No.39)
    アメリカとの国交正常化で、止まっていたキューバの時計が50年ぶりに動き始める! 情熱の国に生きる素朴な人々と、今も続く「革命」――。 キューバには今後どんな変化が待っているのか? <内容> 1、新生キューバへ向かう人々の「今」 2、荒廃と困窮が生む唯一無二のアート 3、大作家ヘミングウェイとキューバの秘めた関係 4、半世紀止まっていた時計の針がいよいよ動きだす *この電子書籍は、ニュ...
  • 中国 新シルクロードの野望(ニューズウィーク日本版e-新書No.40)
    中国から欧州までを陸と海のシルクロードを繋ぐ、巨大経済圏「一帯一路」構想。 その戦略に潜む中国政府の野心と落とし穴とは? <内容> 1、現代版シルクロードに隠された野望 2、「一帯一路」の甘過ぎる見通し 3、新経済構想、中国人の言い分 4、一帯一路はユートピアじゃない *この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2015年5月26日号掲載の特集記事で構成しています。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ビジネス・経済」ランキング

「ニューズウィーク日本版e-新書」に関連する特集・キャンペーン