負け美女 ルックスが仇になる

負け美女 ルックスが仇になる

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

セクハラされたり、変なナンパ男に嫌な思いをさせられたり、いい男よりDV男に走ったり、AVを見すぎておかしくなったり…。
美女なのにうまくいかないオンナたちの、本当にあった悲惨で笑える恋愛話をイラストを交えて綴る。

犬山紙子(いぬやま・かみこ)
プチセレブな家庭環境でありながら、女子中高、大学と、ゲームと漫画に明け暮れる時代を過ごす。ブログで発表していた、恋愛&ビッチネタのイラストエッセイが、ツイッターをはじめとして人気に。うまくいかない美女やイケメンの実話は、あるある感とカタルシスで共感を呼ぶ。派手なルックスとは裏腹に、夜な夜な「モテない美女軍団」でビールを飲んだくれている。柴犬命で愛犬コロッケを溺愛しつつ、彼氏いない歴、いま堂々の3年。

ジャンル
出版社
マガジンハウス
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年08月30日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
24MB

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    大学生〜20代前半の女子の恋愛エッセイ。簡潔で読みやすい。
    女子ならではのリアルな話が面白い。
    美女でも必ずしも幸せにはなれないという話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月22日

    20代モデル業界周辺の女性と男性の生態。ファッション、会話、モテ、セックス‥

    ネットの評判が本になっただけある。ウマイし、オモシロイ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月19日

    本書は、筆者自身を含めたうまくいかないオンナたちの、本当にあった悲惨で笑える恋愛話だそうです。悲喜交々の男女関係が筆者自身によるイラストと文章でつづられておりまして、女性に対する幻想が無くなります。

    彼女の事は雑誌か何かで知って本書を手にとって見ました。女性、特に『美女』と呼ばれる人間の奥底に潜む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月05日

    とんとんとん
    あんあんあん

    とんとんとんとん
    あんあんあんあん

    いやもう、これだけでめっちゃ面白かったっす。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月06日

    犬山さんの周りの変わった人の恋愛観を綴った本。変な友達のエピソードを他の友達に話してるような気楽さ。面白い。けど、どっか引っかかるのは、本人のエピソードがぜんぜんないから。雨宮まみさんや能町みね子さんのような自分の内面をエグるような内容とは対極。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月28日

    どこつながりでこの本にたどり着いたかは、忘れた。
    普段だったら読まないジャンルだけど、ジャンルが広がった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月27日

    ネタのような話も多いけど、中々面白い。顔が良くても、頭が良くないとうまく生きられない世の中なのかもしれない。でも負け美女と言われてても、不細工よりは幸せなんじゃないかと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月18日

    酒井順子さん的な考察を期待してましたが、だめん○ウォーカーのような、コミカルなダメ恋愛話のオムニバスでした。マンガのように、サラッと読んでお終いです。
    登場人物はみんなそれぞれ美人という事でしたが、キャッチコピーのような、美人すぎる故に損をした、って話は あったかなぁ…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月13日

    ルックスが仇になる。。というタイトルから、「おっおっ!何か現在、巷では、美女と男のすれ違いがおきている?」と思わせられるような、面白いネタ本かな。。とタイトルに興味を持ってしまった。。しかし・・ちょっと期待バーをあげてしまった分、中身は・・大した話ではない。著者の知人・友人、学生時代などの話しのネタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています