千一夜物語(10)
  • 最新刊

千一夜物語(10)

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ついに千一夜の物語を語りおえたシャハラザード。王は彼女の命を奪わなかったばかりか、二人の間には深い愛情がはぐくまれ、物語が続く間に三人の子供にもめぐまれていたのだった。手に汗握る冒険譚から一転、美しい朝の輝きに彩られて、幸福に満ちた大団円が待っていた。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

千一夜物語(10) のユーザーレビュー

レビューがありません。

千一夜物語 のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 千一夜物語(1)
    1,100円(税込)
    妻の裏切りに心を狂わせたシャハリヤール王は、一夜に一人の処女をはべらせたあげく殺していた。これに心を痛めたシャハラザードは、みずから王のそばに上る。聡明な彼女の語る話の面白さに王は毎夜、殺すのも忘れて聞き入り、千一夜目に達したときには、ついに王の心は温かく溶けていたのだった。東西のあらゆる物語の中で最も多くの驚きと不思議に満ちた大ロマン。定評あるマリュドリウス版からの個人全...
  • 千一夜物語(2)
    1,100円(税込)
    「おおご主人さま、あなたの恋の奴隷、あなたの目に征服された男のほうに身をかがめて下さいませ……」美少女を救ったガーネム。二人はたちまち恋におちるが、彼女はなぜか深くは許さない(「恋の奴隷ガーネムの物語」)。他にも「アニス・アル・ジャリスの物語」など、シャハラザードが奏でる官能と機知に満ちた話の数々に聴き入る王。さて彼女の命運はいかに?
  • 千一夜物語(3)
    1,100円(税込)
    孔雀の夫婦が旅をしているとガチョウが助けを求めてきた。イブン・アーダムというあやしい生きものから逃げてきたのだという。イブン・アーダムはライオンをもとり殺すほど怖ろしいものだ。その正体はいったい何なのか?(「鳥獣佳話」) 他にもシャハラザードが語る寓意に満ちた話を満載。
  • 千一夜物語(4)
    1,265円(税込)
    象さえも持ち上げるロク鳥や人を一口で飲み込む大蛇などが登場し、奇想天外な冒険に満ちた七回の航海が繰り広げられる御存知「船乗りシンドバードの物語」。他に、美しい若者と少女が魔女とおりなす妖しい話「ブドゥール姫の物語」、奴隷の女と青年が不思議な道すじをたどった末に結ばれる「幸男と幸女の物語」などを収める。
  • 千一夜物語(5)
    1,100円(税込)
    ひげの濃い中年男と、すべすべした若い男とどちらが恋人として素敵なのか? 二人の女がそれぞれの相手を自慢しあうが、さいごに、やはり中年男のほうがいいということになる話(「いずれを選ぶか。青年か、はたまた、壮年か」)。何百人もの人間や宮殿さえも入ってしまう袋の話(「不思議な袋」)など、艶ばなしや奇想天外な物語に満ちた一冊。
  • 千一夜物語(6)
    1,100円(税込)
    貧しい漁師がアッラーに祈りながら網を打つと、二匹の猿がかかった。その猿を使ってまた網を投げると、たくさんの魚が捕れた。彼の前には次々と運が開け始める。そして……(「貧乏カリーフの物語」)。他にも「黄色い若者の物語」や「ハサン・アル・バズリの冒険」など、シャハラザードの語りも五百夜を過ぎて、ますます巧みな展開が楽しめるお話の数々。
  • 千一夜物語(7)
    990円(税込)
    貧しい家の不良少年アラジンの前に、ある日、親類だと名乗る変わった男が現れた。男はさびしい岩山にある穴倉から、ランプをとってくるようアラジンに命じた。無事ランプを手に入れたアラジンだったが、しかしそれを男に渡さない……。本作全編中で最も名高い話の一つである「アラジンと魔法のランプの物語」。実は一般に知られているよりもはるかに豊かで奥深い話なのだった。他に「処女の鏡の物語」「無精...
  • 千一夜物語(8)
    990円(税込)
    大金持ちだが、ものすごくケチな男がいた。それもただのケチではなく、衣服はボロボロ、風呂代を節約するためにアカは層をなしている。特にゾウリには擦り切れないよう釘が打ち付けられていて、重いことこの上なかった。このゾウリが、ある時から彼に次々ととんでもない事件をもたらし始める……。皮肉と笑いにみちた短篇「減らない草履」など、物語はいよいよ八百夜を超えて、佳境をむかえる。
  • 千一夜物語(9)
    990円(税込)
    盗賊たちが大岩に向かって「開け、ゴマ」と叫べば、なんと岩が二つに割れて入り口が出現。それをこっそり見ていたアリ・ババが同じく呪文を唱えると、金貨や宝石が山と積まれた穴倉まで現れて……。おなじみ『アリ・ババと四十人の盗賊の物語』をはじめ『魔法の書の物語』や『金剛王子の物語』他を収める。クライマックスを目前にシャハラザードが紡ぐ話は一気に高みへと駆け上がる。
  • 千一夜物語(10)
    990円(税込)
    ついに千一夜の物語を語りおえたシャハラザード。王は彼女の命を奪わなかったばかりか、二人の間には深い愛情がはぐくまれ、物語が続く間に三人の子供にもめぐまれていたのだった。手に汗握る冒険譚から一転、美しい朝の輝きに彩られて、幸福に満ちた大団円が待っていた。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています