ひみつの陰陽師8 やっつ、やっとのことで大団円【電子版限定・書き下ろしつき】
  • 最新刊

ひみつの陰陽師8 やっつ、やっとのことで大団円【電子版限定・書き下ろしつき】

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】すべての事件の糸を引いていた<宮>。玲雅(あきらまさ)は都の崩壊を食い止めるために宮の邸に向かう。そこで知ったのは、己の出生にまつわる衝撃の事実だった。一方、建御名方神(たけみなかたのかみ)を鎮めに諏訪へ向かった真澄は、結界を解かれて流れ込んできた負の念に呑みこまれそうになる。必死に祈りを捧げる真澄のもとに現れた“神”の正体は…!? 二人の後日談やスペシャルマンガも多数収録、これがほんとの大団円!!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2013年11月22日
紙の本の発売
2013年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
26MB

関連タグ:

ひみつの陰陽師8 やっつ、やっとのことで大団円【電子版限定・書き下ろしつき】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    だんだんと激しくなる闘いの中で、
    真澄が真っ直ぐで健気で神々しい。


    いやー、圧巻のラストでした!

    そして、その後の二人についても❤️


    覗き魔さんや妖し達がいい息抜きになって、
    ラブコメディとなってるけれど、
    ガッツリしっかり、読み応えあるお話!


    満足!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月16日

    堂々、完結! 三か月連続刊行とか作者すごくないですか。
    黒幕が誰だかわかり、不穏な動きをしていた河伯の目的もわかり、ハラハラしました。今まで関わった人全員が都の危機にかけつけてくれ、今までの経緯があるから二人はお互いを信じることができたんですね。本当に感動しました。
    神様が嘆いて見捨てようとした世界...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月30日

    とうとう天つ神と国つ神の争いにまで発展してしまった『ひみつの陰陽師』。
    今回だけはギャグ要員の人たちも持てる能力をフル活用してシリアスに決めていた。

    まあ、大団円と銘打っているだけあって、丸く収まってよかったのだが、ツンデレ先輩が、天然タラシの真澄にブンブン振り回されるのをもう読めないのはとても残...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年04月06日

    最終巻です。前巻からの続きの宮様との対決は3/5くらいで終わって、残りはおまけの短編とかまんがとかがあって、最後に近況報告の短編が入ってます。

    宮様は、予想していたとおり、宮様と玲雅が血縁関係にあって、玲雅も「託宣の子」でした。玲雅は宮様との対決では、いやにあっさり自分の体を手放してしまってて、「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ひみつの陰陽師 のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • ひみつの陰陽師1 ひとつ、秘め事だらけの宮廷絵巻【電子版限定・書き下ろしつき】
    【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】1巻は発売後即重版!! 男装陰陽師少女の平安妖コメディ! 男と偽り、陰陽師として出仕した真澄。真澄の正体を知りながら、彼女のために秘密を守っている玲雅(あきらまさ)。麗景殿で起きた怪異を調べるため後宮に向かった真澄は、見知らぬ少女に言い寄られてしまい…!? お家存続のため男と偽って陰陽師として出仕することになった真澄は、先輩陰陽師・玲雅の華麗な技に魅せられ、弟子入りを決意する。傲慢で人使いの荒い玲雅に、いきなりしごかれる真澄。二人は、後宮に現れる物の怪退治に臨んだが、間一髪で取り逃がしてしまう。男女の逢瀬の場にしか現れない物の怪を罠にかけるため、真澄は「女装」して、玲雅と一夜を過ごすはめに…!? 2011年度ロマン大賞受賞作!!
  • ひみつの陰陽師2 ふたつ、不運な姫君は百花の陰に鬼を飼う【電子版限定・書き下ろしつき】
    【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】女の身ながら、男装して陰陽師として宮廷に出仕した真澄。先輩陰陽師の玲雅(あきらまさ)は、その秘密に気づいているが、真澄のためを思って口をつぐんでいる。女御同士の呪詛騒ぎの後始末に駆り出された真澄は、後宮の床下で発見した人形の憎悪の炎に襲われる。たて続く後宮の怪異と、この人形には何か関係が…? 一方、怪異の出所を調べるために再び後宮に潜入した真澄は、突然見知らぬ女童に言い寄られ…!?
  • ひみつの陰陽師3 みっつ、三日夜の餅をあなたと【電子版限定・書き下ろしつき】
    【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】ある中級貴族から、娘の邸で起こる怪異を祓ってほしいと頼まれた玲雅(あきらまさ)と真澄。以前から幸世姫(さちよひめ)の周囲に妖しが出没しており、縁談を控えた姫に悪い噂が立たないようにとのことだった。だが、当の幸世姫に怪異を恐れる様子がない。しかも、姫の縁談の相手が真澄たちの上役・右近(うこん)だと知って…!? いっぽう陰陽寮では、真澄の従兄で宮廷陰陽師の一人、正直(まさなお)が、ある不審な行動をとっていた……。
  • ひみつの陰陽師4 よっつ、黄泉姫は愛を願う【電子版限定・書き下ろしつき】
    【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】左大臣の命で、紀伊に妖し退治に行くことになった玲雅(あきらまさ)と真澄。この旅行を機に真澄との関係を進展させたい玲雅だが、なぜか賀茂家の当主・正直(まさなお)も同行することになり、うまくいかない。到着早々、黄泉童子と呼ばれる強大な妖しに襲撃された一行。だがそのとき、真澄は黄泉童子の傍らに巫女(かんなぎ)の霊がいることに気づいた。この土地にまつわる、荒ぶる妖しと巫女の悲しい伝説を知った真澄たちは……。
  • ひみつの陰陽師5 いつつ、色にでにけり我が恋は【電子版限定・書き下ろしつき】
    【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】賀茂家の伯母に、正直と“真子”の縁談をもちかけられた真澄。とっさに「真子は玲雅(あきらまさ)と恋仲だ」と嘘をついてしまう。事情を聞いた玲雅も、真澄を結婚させたくない一心で芝居に協力することに。伯母に「陰陽師の実力を示せ」と迫られた玲雅は、真澄邸で術を披露するが、なぜか術が暴走し、窮地に立たされる。都に不穏な空気が流れる中、伯母に玲雅の許婚の存在を知らされた真澄は!?
  • ひみつの陰陽師6 むっつ、無垢なる瞳は未来をうつす【電子版限定・書き下ろしつき】
    【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】お互い気持ちを告白し、ついに「お付き合い」をすることになった玲雅(あきらまさ)と真澄。だが、自分が女だとばれていることを知らない真澄は、あくまで「男同士のお付き合い」だと思っており、いまいちかみ合わない。そんな時玲雅は、赤子の見きわめのために高階家の出産に立ち会ってほしいと依頼される。覚えのない口伝を不審に思いながらも赤子を取り上げた玲雅だが、その赤子が突然姿を消してしまい…!?
  • ひみつの陰陽師7 ななつ、泣く子も黙る嵐の予兆!?【電子版限定・書き下ろしつき】
    【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】本当は女だということが、実光に知られてしまった……!! 玲雅(あきらまさ)の傍を離れなければ秘密をばらすと脅された真澄は、ついに玲雅に真実を告げる決意をする。が、そのたびに邪魔が入ってなかなか機会が訪れない。真澄の秘密がみんなにばれ、陰陽寮を放逐される前に、都の結界を破った敵の正体を見破らなくてはならない。実光を操る謎の黒幕<宮>の正体は? また、彼の目的は一体何なのか……!?
  • ひみつの陰陽師8 やっつ、やっとのことで大団円【電子版限定・書き下ろしつき】
    【電子版限定書き下ろしミニ小説つき】すべての事件の糸を引いていた<宮>。玲雅(あきらまさ)は都の崩壊を食い止めるために宮の邸に向かう。そこで知ったのは、己の出生にまつわる衝撃の事実だった。一方、建御名方神(たけみなかたのかみ)を鎮めに諏訪へ向かった真澄は、結界を解かれて流れ込んできた負の念に呑みこまれそうになる。必死に祈りを捧げる真澄のもとに現れた“神”の正体は…!? 二人の後日談やスペシャルマンガも多数収録、これがほんとの大団円!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社コバルト文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング