おはようおかえり(3)
  • 完結

おはようおかえり(3)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

堂本家次女・堂本理保子(どうもと・りほこ)、28歳。東京(よそ)からも声をかけられるぼちぼち評判のアクセサリーデザイナー。言葉はキッパリしているけれど難儀な恋にはまってます。――京都人が一番好きなんは色恋の「ややこし話」。それを人に伝えるときの枕詞は「誰にも言うたらあかんえ」。『おはようおかえり』には、「誰にも言うたらあかん、ややこし話」が詰まっています。“よー知らんけど(笑)”

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング・ツー
電子版発売日
2013年08月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
67MB

おはようおかえり(3) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年01月06日

    奈保子の過去がここで明らかになる。そして、それぞれ、少しずつ前に歩み出す。
    二巻のドロドロ路線から持ち直してきて良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月23日

    京都のシンボル、東寺の使い方が洒落ている。

    前の職場が登場して懐かしい気持ちに…。

    追いかける恋が楽しい理由…恋は幻想が作り出すということ?
    1+1=2じゃない明日が見たい気持ちも、2やから安心する気持ちもどちらも分かるけど。

    カズくん、鈍すぎて実佑紀ちゃんやなくても怒るわ、そら。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月27日

    大半のセリフが標準語ではない、雰囲気満点の作品も3巻に。ドロ沼な展開も予想していましたが、掲載誌を考えるとこれが限界なのかも?多くの男子は女子に夢を持っていますので…( ´ ▽ ` )

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月24日

    ここに出てくる女性が全員女子力高すぎて完全にファンタジー。
    大人の少女漫画として読めば面白い。
    京都の街並みと京都弁が心地良い。
    モーニングよりフィールヤングって感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月26日

    大人は大変なんなぁ……。
    人間関係とか、恋愛関係とか、煩わしいなぁ……。
    それでも世界は廻ってるねんなぁ……。

    そんな感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

おはようおかえり のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • おはようおかえり(1)
    完結
    都の恋路、上ル下ル。仕事の路地(ろおじ)、いったりきたり。――堂本一保(どうもと・かずほ)・社会人3年目、25歳。きれいな(だけどこき使う)姉2人、かわいい(けど貪欲な)年下彼女に囲まれて、むっちゃええ日々、過ごしてます。京(みやこ)の恋はちょっと濃いめ。鴨川沿いでケンカして……川端通で出会って……木屋町で飲んだくれ……市役所付近で心惹かれ……読むと京都に行きたくなる!
  • おはようおかえり(2)
    完結
    堂本家長女・堂本奈保子(どうもと・なほこ)、31歳。ホンマもんばかり取り扱った(高級)アクセサリーショップ経営中。ゆるふわカールをなびかせて恋より団子な生活、送ってます。――うまくいかない一保(かずほ)の恋。その傍らでひそやかに続く、奈保子と理保子(りほこ)の恋は、なにやらややこしい様子で……。
  • おはようおかえり(3)
    完結
    堂本家次女・堂本理保子(どうもと・りほこ)、28歳。東京(よそ)からも声をかけられるぼちぼち評判のアクセサリーデザイナー。言葉はキッパリしているけれど難儀な恋にはまってます。――京都人が一番好きなんは色恋の「ややこし話」。それを人に伝えるときの枕詞は「誰にも言うたらあかんえ」。『おはようおかえり』には、「誰にも言うたらあかん、ややこし話」が詰まっています。“よー知らんけど(笑)”
  • おはようおかえり(4)
    完結
    離婚の原因となった、松嶋(まつしま)の義母と再び相まみえることになった奈保子(なほこ)。一方、一保(かずほ)も実佑紀(みゆき)の転勤をきっかけに、大きな一歩を踏み出すことを決意する……。
  • おはようおかえり(5)
    完結
    東京で実佑紀(みゆき)と同棲をはじめた一保(かずほ)。養女となり松嶋(まつしま)の家を継ごうとする奈保子(なほこ)。相談もせず話を進める姉に不満を抱く理保子(りほこ)。ケンカもできない距離ゆえに増す三姉弟間の不協和音。ゆく川の流れの中で移ろいゆく物語、堂々完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています