アップル帝国の正体

アップル帝国の正体

作者名 :
通常価格 1,152円 (1,048円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

シャープ、ソニー、ソフトバンク、ヤマダ電機……日本企業は“植民地化”されていた!
アップルの真の姿とは? 経済ジャーナリストが迫る衝撃のドキュメント!紙と電子同時発売!!

スティーブ・ジョブズというカリスマの陰に隠されていた、アップルの真の「凄み」。それは時に獰猛な姿さえ見せてビジョンを実現する組織の「実行力」にある。ものづくり、流通、通信、音楽、家電量販店、携帯電話etc. 日本企業を翻弄するその手法を知る人は少ない。厚いベールに覆われた、「アップルの正体」に迫る!

プロローグ アップル帝国と日本の交叉点
第1章 アップルの「ものづくり」支配
第2章 家電量販店がひざまずくアップル
第3章 iPodは日本の音楽を殺したのか?
第4章 iPhone「依存症」携帯キャリアの桎梏(しっこく)
第5章 アップルが生んだ家電の共食い
第6章 アップル神話は永遠なのか
エピローグ アップルは日本を映し出す鏡

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
電子版発売日
2013年07月12日
紙の本の発売
2013年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

アップル帝国の正体 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年10月03日

    アップルのすごさと恐怖じみた経営戦略があった。日本企業の堕ちかたが鮮明に書かれていた。極秘にされながら、これまでの情報を引き出せたのはすごい。日本企業は、生き残るためにアップルは必要だが、また、自分の首を絞めている、このジレンマ。店頭に置かれているアップルの見方が変わる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月28日

    コンピューターが出始めの頃アップルはあこがれであった。
    それがマックと呼ばれる頃には手が届くところまでおりてきて一時はマックユーザーではあったのだが、windowsが使い物になり始めた頃からまたマックとは縁が遠くなったのである。
    会社から支給のipadは持っているものの、自費で購入したアップルの製品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月03日

    主に日本国内の,メーカー,家電量販店,携帯キャリア等に対するアップルの強圧的な姿勢を証言や数字を元に示している。
    日本企業のこれまでの仕事の仕方とも比較されている。アップルの,結果を出すためにとことんやる方針も学べる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月23日

    知られざるアップルと日本企業の関係を描いた本

    これを読むとiPhoneのCMが3つのキャリアで同じものなのになっているのかか(なぜ独自のCMを作らないか)がよくわかる

    今年読んだ中で一番おもしろかったかも

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月18日

    非常に興味深く読んだ。

    アップルのやっていることは、商売の「イロハ」だ。
    しかし、利害が交錯すると、その基本を貫くことは難しい。
    「良い戦略、悪い戦略」でも冒頭にアップルの例が載っている。教科書に載っているような戦略をやり遂げた例として、ジョブズ復帰後が取り上げられていた。

    本書では、アップルの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    若い著者が取材に基づいた読み応えのある書である。アップルの内情を知ることで日本企業はどうすればよいか。生き残る為の策をよく考えなければならない。勝者が全てを取るという現状を覆す為に何をすべきか。簡単ではないが、今ここで考え直さなければ帝国に組み込まれ、ゆっくり衰退してしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月26日

    アップルとグーグル、どちらがビジネスモデルとして優れているのか?日本にとって利益になるのか?考えさされた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月28日

    どのようにアップルが今のブランド力を作り上げたか、その裏にある闇?についての話。

    ・内容
    アップルは部品一つ一つにこだわり、ファンを得て、ブランドを構築した。
    アップル製品は世界中で爆発的に売れ続け、 アップル部品サプライヤーの「帝国」になった。
    アップル製品が売れれば売れるほど、「帝国」に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月22日

    アップルの下請けと化した日本メーカーの苦悩の本だな、という率直な感想。

    例えば、iPodを磨きあげた日本の中小企業の匠の技は、ビデオに撮影されて、こなれた研磨の仕事は、安く大量に生産できるアジアの国へ移植されてしまった。
    日本の匠の技術をあっという間に飲み込み、海外展開によって、あっという間にコモ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月25日

    著者は、週刊ダイヤモンドの記者2名。元々は週刊ダイヤモンドの特集「Appleの正体」の記事らしい。

    日本人は諸外国に比べて、iPhone好き、apple好きが多いといわれデザイン性が高いと言われるappleが秘密主義であり、その裏側にある部品調達としての日本企業の苦悩、、コントロールされる家電量販...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています