嘘だらけの日中近現代史

嘘だらけの日中近現代史

作者名 :
通常価格 616円 (税込)
紙の本 [参考] 820円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「そもそも中国は近代国家ではありません。近代国家の尺度で中国を判断するから見誤るのです」。――気鋭の憲政史研究者が「嘘にまみれた中国」の正体を明かす。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
SPA!BOOKS新書
ページ数
267ページ
電子版発売日
2013年07月05日
紙の本の発売
2013年06月
コンテンツ形式
XMDF

「嘘だらけの日中近現代史」のユーザーレビュー

ネタバレ

中国について

mac 2018年11月23日

一部、ご紹介します。

・中国史のパターンは
①新しい王朝の成立
②自分(皇帝)より強くなりそうな者、反対派を粛清する
③人減らしとしての対外侵略戦争
④皇帝の特権として、「漢字の一斉改変」「改竄歴史書の作成」
⑤生き延びた者の特権として、皇帝側近の跳梁
⑥人民の不満が高まることによ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月15日

中国には近代などない。あるのは、独裁の古代と殺戮の中世だけ。
大切なのは外交でも経済でもなく、内部闘争。
モノの限度を知らない相手とは分かり合えない。

いろんなキーワードがある。
そんな「文明」と対峙せざるを得なかった日本の現代に至るまでの「見方」を記述してあり面白い。

韓国、という視点はすっぱ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年09月23日

「中国史は独裁の古代と殺戮の中世の繰り返し」に激しく共感。近現代ぐらいはちょっとは違う様相がみれるのかと思ったら、倉山氏の解説に沿ってもう一度歴史を見てみたら、やっぱり古代と中世の繰り返しw

また、20世紀は世界中が共産主義に引っ掻き回された時代といってもよさそう、と思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月20日

私が読んできた著書による歴史観からすれば、大きな違いはない。しかし、本著は半ば週刊誌のゴシップ記事のように、陰謀論的な裏の論理を結びつけ、時代背景を解き明かす。真偽はさておき、読んでいて興味深い。多面的な観察力を要する、時代を紡ぐ一本の論理。複合的なその回路の本線を辿るには、立場や思想が邪魔をする。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月05日

日本のお人好しな歴史と、シナの独裁と殺戮の歴史がよく分かる。現代の中国も古代シナと変わらないんですね。
日本については現場の帝国陸海軍の練度は最高レベルだがそれを率いるエリートやマスコミにバカが多いという構図は満洲事変以来の日本の伝統になってしまった気がする。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,825

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!