フッサール 起源への哲学

フッサール 起源への哲学

作者名 :
通常価格 1,925円 (1,750円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

なぜ、私の前に世界は「現象」しているのか。この問いを巡り、現象学の祖はいかに思索し、どのような限界に漸近していたのか。気鋭の哲学者による驚きに満ちた「現象学」解読の、そしてフッサール超克の試み。(講談社選書メチエ)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社選書メチエ
ページ数
304ページ
電子版発売日
2013年06月28日
紙の本の発売
2002年05月
サイズ(目安)
1MB

フッサール 起源への哲学 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年07月14日

    [ 内容 ]
    「世界が現象する」とはどういうことなのか。
    フッサールの問題系に気鋭の哲学者が挑む。
    驚きに満ちた「現象学」解説の、そしてフッサール解体の試み。

    [ 目次 ]
    第1章 たび重なる「転回」―数学から超越論哲学へ
    第2章 事象そのものへ―「現象」への還元
    第3章 記号と意味―「現象」の内...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月11日

    フッサールの思考の進展を丹念に追いながら、超越論的現象学が本来的にたどり着いた認識の絶対根拠を明らかにしていく。現象学というものが実に根源を追求する学であることを、著者自らが実践しつつ納得させてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月19日

    第1章では、心理学主義と論理学主義のはざまの道を歩もうとしたフッサールの努力が、たいへんわかりやすく整理されている。第2章以下では、フッサールの思索した道を著者自身の哲学的思索を通じてたどりなおしている。著者の議論はたいへん明晰だが、「現象学的」と呼ぶにはやや思弁的な性格が強いように思う。

    フッサ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています