中学生の君におくる哲学

中学生の君におくる哲学

作者名 :
通常価格 1,155円 (1,050円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「どうして勉強しなきゃいけないの?」「なぜスカートの丈を短くしたら叱られるの?」「『いじめ』はなくならないの?」「僕らの生きている『世界』って?」「『死ぬ』のはどういうこと?」中学生諸君!テツガクシャ校長が一緒に考えます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
ページ数
202ページ
電子版発売日
2013年03月15日
紙の本の発売
2013年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

中学生の君におくる哲学 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年02月02日

     身近なところで若者が自ら命を絶った。著者からこの本を贈られたのは、その十日後だった。亡くなった若者とこの著者の二人から「メメント・モリ(死を思え)」と言われたような不思議な気持ちで読み始めた。
     哲学者である著者が、慶應義塾中等部(中学校)の校長を務めたことから生まれた著作。
     全編を通して、「ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月20日

    中学生に向けて発した哲学をベースにしたメッセージ集。
    決して簡単な本ではないと感じたが、考えることの大切さは分かる。
    日々「今」を大切にして、自分の頭でしっかりと考えたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年02月28日

     著者は慶應大学文学部教授で、去年まで系列の中学校の
    校長先生を兼任していた哲学者。
    難しいことを噛み砕き、心を尽くして
    子どもたちに語りかけてきた数年間の記録です。
    人生を輝かせるために「本当の自由」を手に入れなさい
    と繰り返し語られています。

     とっかかりとなる題材は「短すぎるスカート丈」
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています