ドグラ・マグラ(上)

ドグラ・マグラ(上)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 572円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和10年1月、書き下ろし作品として松柏館書店から自費出版された。〈日本一幻魔怪奇の本格探偵小説〉〈日本探偵小説界の最高峰〉〈幻怪、妖麗、グロテスク、エロテイシズムの極〉という宣伝文句は、読書界の大きな話題を呼んだ。常人では考えられぬ余りに奇抜な内容のため、毀誉褒貶が相半ばしている。〈これを書くために生きてきた〉と著者みずから語り、十余年の歳月をかけて完成された内容は、狂人の書いた推理小説という異常な状況設定の中に、著者の思想、知識を集大成する。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年06月25日
紙の本の発売
1976年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ドグラ・マグラ(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月11日

    凄い………。
    研究して描かれたものだろうと思うけど、キチガイ地獄外道祭文はまさしくも頷ける。
    というのも、昔は精神病患者など、何かしら障害があると納屋に閉じ込めるのが当たり前だったそうで、後に"解放"を謳うのも何となく理解出来ました。
    この本は、理解出来たら異常

    とか

    理解出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月11日

    いやーいいですよ(笑)
    僕はこれ好きですけどねー
    だいぶ前の作品なのに今読んでも色褪せない新鮮さっていう(笑)
    夢野久作さんには頭が下がります。
    まあ、要約は出来ないんで感想は書けないんですが。
    オススメします。
    まあ、読後感にまかせて感想を書いているので絶賛する私は気が狂ってるのかも知れませんが(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    チャカポコチャカポコチャカポコチャカポコチャカポコチャカポコチャカポコチャカポコチャカポコチャカポコ…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月07日

    文章としては、慣れないと読みにくいように感じる。
    一方で内容面については、一見すると単なるミステリーのようにも感じるが、どちらかというと、ホラーに近いように感じた。
    何度読んでも、見え方が違い、なかなかに興味深く、大変面白い。
    なお、一気読みには向かない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月14日

    読み進めていくたびに物語が掴めなくなっていく
    物語は進んでいて犯人にも近づいているはずなのに分からなくなっていく

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月15日

    やっと上巻読み終えた。半分でそんな気分。
    高校の時は読み進められなかった。

    超有名だけど、その複雑すぎる話の展開で読み切るのも難しい。

    ミステリーという形を取ってるけど、そんなにテンポよく進んでいく代物ではない。こっちが騙されてる気分になって、何がなんだかわからなくなってくる。
    印象的だったのは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月07日

    奇妙な現象や語り口調、過去の出来事、登場人物の相関図それら全てが奇妙に巧妙に盛り込まれていて一回読んだだけでは理解し尽くせない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    ・禽獣性の下にある隔膜を今一つ切開くと、今度は、その下から虫の心理がウジャウジャと現れて来る。たとえば、仲間を押し落としても高いところへはい上がろうとする。誰にも見えないところをはい廻ってうまいことををしようとする。うまいことをすると、すぐに安全第一の穴へ潜り込もうとする。栄養のいい奴を見付けると、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月10日

    表紙からして女の人が主人公だと思ってたら違った。どんどん話の中でまた別の話が始まって今どこにいるのかわかんなくなっていく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月10日

    中身(真実)が説明されているはずなのに、それがいっこうに摑み取れない。何故ならその容れ物は千変万化し、中を覗き込むほどに距離感は曖昧になり、やがては自分が容れ物の中にいるのか外にいるのかすら分からなくなってしまうから。
    ここに描かれた有るのか無いのかわからない理屈と因果は、実際中身など無いこの世界の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ドグラ・マグラ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ドグラ・マグラ(上)
    550円(税込)
    昭和10年1月、書き下ろし作品として松柏館書店から自費出版された。〈日本一幻魔怪奇の本格探偵小説〉〈日本探偵小説界の最高峰〉〈幻怪、妖麗、グロテスク、エロテイシズムの極〉という宣伝文句は、読書界の大きな話題を呼んだ。常人では考えられぬ余りに奇抜な内容のため、毀誉褒貶が相半ばしている。〈これを書くために生きてきた〉と著者みずから語り、十余年の歳月をかけて完成された内容は、狂人の...
  • ドグラ・マグラ(下)
    638円(税込)
    昭和10年1月、書き下ろし作品として松柏館書店から自費出版された。〈日本一幻魔怪奇の本格探偵小説〉〈日本探偵小説界の最高峰〉〈幻怪、妖麗、グロテスク、エロテイシズムの極〉という宣伝文句は、読書界の大きな話題を呼んだ。常人では考えられぬ余りに奇抜な内容のため、毀誉褒貶が相半ばしている。〈これを書くために生きてきた〉と著者みずから語り、十余年の歳月をかけて完成された内容は、狂人の...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

夢野久作 のこれもおすすめ

完結
ドグラ・マグラ ─まんがで読破─

ドグラ・マグラ ─まんがで読破─

無料あり
ドグラ・マグラ

ドグラ・マグラ

  • ブラウザ試し読み

無料あり
悪魔祈祷書

悪魔祈祷書

  • ブラウザ試し読み

無料あり
いなか、の、じけん

いなか、の、じけん

  • ブラウザ試し読み

無料あり
キチガイ地獄

キチガイ地獄

  • ブラウザ試し読み

無料あり
少女地獄

少女地獄

  • ブラウザ試し読み

無料あり
卵

  • ブラウザ試し読み

無料あり
瓶詰地獄

瓶詰地獄

  • ブラウザ試し読み

ドグラ・マグラ に関連する特集・キャンペーン