お釈迦様もみてる8 潔き一票【マリア様がみてるカラー口絵つき】

お釈迦様もみてる8 潔き一票【マリア様がみてるカラー口絵つき】

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 三学期がはじまり、花寺学院高校では選挙管理委員の召集があった。それは、三年である柏木優が生徒会長を引退する日が近づいているということ。祐麒(ゆうき)たち一年生は、次の生徒会にも自分たちの居場所をどうにか確保したいと考える。だが、現生徒会役員の二年生はこのまま生徒会に留まるつもりはないらしい。そんななか、祐麒は選挙管理委員の生徒会から険しい視線を向けられていると気づき…?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年08月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

お釈迦様もみてる8 潔き一票【マリア様がみてるカラー口絵つき】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年07月22日

    いつもの生活がいつまでも続く、とは限らない。
    居心地の良い空間が終了する時
    そこに居続けるために、どうすればいいか。

    単純に考えれば、心太方式で出て行きますから
    どうにかせねばなりません。
    が、頑張り具合が違う方向な気がする…!!
    そして委員はきちんと言いましょう。
    それこそ『嫌い』であろうともw...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月28日

    結末はこれしかないだろうに、あーだこーだの選挙のお話し

    小笠原邸のお正月のアレもあんな理由があったのですなぁ

    ってか、何より白薔薇様が懐かしすぎて涙が出る
    やっぱり男前だなぁ(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月24日

    マリみてで結果がわかっているから、結果がどうなるかではなく、どうやってそこに辿り着くか、というところを読む話なんだろうな。

    今回は読んでいて、なんかイラッとしたのですが、なんでイラッとしたのか考えてみたところ
    1.祐麒が周りの態度やなんかからまったく状況を読めない。読めないにもほどがある。
    2.と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月02日

    花寺の生徒会役員選挙。結果はマリみて読者なら、ご存知の通り、なんだけど。いやー、祐麒はある意味愛されているなー。厳しい意見も期待されてるから、かな。潔き一票。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月08日

    当選!
    まあ、結果は知っていたけど。
    このシリーズ、どこまでやるんですかね?
    個人的には「マリみて」>>>「釈迦みて」なので
    まあ、どこで終わってもショックではないですが…

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年12月05日

    花寺の生徒会役員選挙の話。
    「マリア様がみてる」で結果はわかっていたわけだけど、立候補のいきさつや祐麒の心情とかが興味深い。
    リリアンの選挙も同じ日で、ロサカニーナの時なんだよね。
    このシリーズはマリ見てに追いつくまでいくのだろうか。マリ見ての本線の続きも読みたいぞ。

    このレビューは参考になりましたか?

お釈迦様もみてる のシリーズ作品 1~10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • お釈迦様もみてる1 紅か白か【マリア様がみてるカラー口絵つき】
    「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 源氏(紅)か平氏(白)か。仏教系の花寺学院高校入学の朝、福沢祐麒は選択を迫られる。祐麒にはわけがわからなかったが、ほかの新入生は、校門を入って程なく現れた源平関所(分かれ道)を迷いもなく右へ左へ進んでいく。けれど祐麒は、その意味を誰かに訊くことも、適当に道を選ぶこともできずにいた。挙句、意志とは関係...
  • お釈迦様もみてる2 学院のおもちゃ【マリア様がみてるカラー口絵つき】
    「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 花寺学院高校に入学早々、「光の君」こと生徒会長の柏木優の烏帽子子(えぼしご)となってしまった福沢祐麒。ユキチという呼び名をつけられたうえ、柏木に『安木節(やすぎぶし)』セットを渡され、生徒総会の余興で踊るよう命じられる! 振り付けを調べるため図書室へ向かうと、二年生四人組に因縁をつけられるが、危ない...
  • お釈迦様もみてる3 ウェットorドライ【マリア様がみてるカラー口絵つき】
    「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 花寺学院高校の生徒会長・柏木優の烏帽子子(えぼしご)である福沢祐麒は、友人たちと生徒会を手伝っている。そんなある日、避暑地で生徒会の合宿があると知った彼らは、期待に胸躍らせた。けれど、ある事情から一年生の参加は難しく、諦めることに。がっかりする彼らのもとに、柏木が合宿の許可を持ってきた! ただし、場...
  • お釈迦様もみてる4 自分応援団【マリア様がみてるカラー口絵つき】
    「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 花寺学院高校の体育祭はクラス対抗戦だ。中学のときより盛り上がるだろう、と福沢祐麒は楽しみにしていた。けれど、なんだか様子がおかしい。クラスでは淡々と出場種目が決められ、祐麒が出る種目では合同練習もなく、冷めた雰囲気だ。一方で熱く練習にいそしむ種目もあり、意気込みの温度差に祐麒は困惑する。その上、生徒...
  • お釈迦様もみてる5 スクール フェスティバルズ【マリア様がみてるカラー口絵つき】
    「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 花寺学院高校の文化祭には、リリアン女学園から薔薇さまと呼ばれる生徒会役員が招待されている。男子校に女生徒が来ることもあって、生徒たちが浮き足立つのは必至。そのため、文化祭に加えて薔薇さま方を迎え入れる準備に生徒会は大忙しだった。けれど、福沢祐麒の烏帽子親で生徒会長の柏木優(すぐる)はどこか上の空。誰...
  • お釈迦様もみてる6 S-キンシップ【マリア様がみてるカラー口絵つき】
    「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 花寺学院高校の生徒会役員には、一卵性双生児の薬師寺兄弟がいる。日光・月光と呼ばれ、常に行動をともにする彼らは、一緒にいないと違和感を覚えるほどだ。そんなある日、いつものように生徒会長の烏帽子・福沢祐麒が生徒会の手伝いをしていると、月光先輩がおもむろに腹痛を訴えはじめた。どうやら虫垂炎の疑いがあるらし...
  • お釈迦様もみてる7 超難解問題集【マリア様がみてるカラー口絵つき】
    「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 「マリア様がみてる いばらの森」と同じ頃、花寺では!? 期末試験が迫ったある日、生徒会の仕事を手伝っていた祐麒(ゆうき)たちは、アンドレ先輩に「勉強しろ」と言われてしまう。人並みに試験勉強はしているものの、それでは足りないらしい。その上、「危機感を持て」とも言うのだ。先輩の真意がわからず戸惑うなか、祐...
  • お釈迦様もみてる8 潔き一票【マリア様がみてるカラー口絵つき】
    「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 三学期がはじまり、花寺学院高校では選挙管理委員の召集があった。それは、三年である柏木優が生徒会長を引退する日が近づいているということ。祐麒(ゆうき)たち一年生は、次の生徒会にも自分たちの居場所をどうにか確保したいと考える。だが、現生徒会役員の二年生はこのまま生徒会に留まるつもりはないらしい。そんなな...
  • お釈迦様もみてる9 オン ユア マークス【マリア様がみてるカラー口絵つき】
    「マリア様がみてる」姉弟編・電子版特別「マリア様がみてる」カラー口絵つき! 生徒会長に当選し、新たな一歩を踏み出した祐麒(ゆうき)。二月に入り――いよいよ、三年生である柏木先輩の卒業を意識せざるを得ない時期になってきた。ヴァレンタインの朝から、祐麒はイライラを募らせていた。それは高田が書類を手にコソコソしている姿を見たからだ。祐麒は感情を抑えられずにトラブルを起こしてしまうが...
  • お釈迦様もみてる10 蛍のヒカル
    三月――。卒業式が近づいているというのに、今ひとつ校内の雰囲気が盛り上がりに欠けることに、祐麒は物足りなさを感じていた。姉の祐巳が通うリリアン女学園では生徒会役員だけで催す送別会があるらしい。だが、花寺の生徒会には、寄せ書き一枚贈る雰囲気もないのだ。そんな中、祐麒は卒業式の送辞を仰せつかる。同時に、源氏と平氏が内密になにやら話し合いをしていることに気づいて…?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています