WORLD WAR Z(上)

WORLD WAR Z(上)

作者名 :
通常価格 722円 (657円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

中国で発生した謎の疫病──それが発端だった。急死したのちに凶暴化して甦る患者たち。中央アジア、ブラジル、南ア……疫病は急速に拡がり、ついにアウトブレイクする。アメリカ、ロシア、日本……世界を覆いつくす死者の軍勢に、人類はいかに立ち向かうのか。未曾有のスケールのパニック・スペクタクル。大作映画化。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年05月31日
紙の本の発売
2013年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

WORLD WAR Z(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年08月26日

    ゾンビ戦争を生き残った人たちの証言を時系列に沿って集めたフィクションドキュメントルポ。ゾンビものの面白さの一つはゾンビという非人間性の塊に遭遇した時にみせる人々の人間性という物があると思うのだけど、この作品も時系列に沿って集められた証言で語られるその時々の様子からその人間性が滲み出ていて面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月06日

     世界が「ゾンビ世界大戦」を経験した後、生き残った人達のインタビューを集めた疑似ドキュメンタリー風作品。
     非常に面白い。強烈な吸引力のある作品ですね。複数の人々のインタビューで、世界が遭遇した事態を浮かび上がらせる手法は想像力を刺激させられます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    「ゾンビ襲来: 国際政治理論で、その日に備える」で出てきた「参考書籍」翻訳されてた!(映画化はどうでもイイ)完全にインタビューの積み重ねで状況を説明している主砲は、個々の人物の認識としてなので矛盾があってもOKというずるい手法だが、それはそれで有りだなと。むしろこのゾンビにより人類が滅亡寸前にまで追...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月22日

    映画はイマイチだったが原作は面白い、というか映画とは別物だ。共通するのはゾンビが出る、という一点で、ブラッド・ピットのようなヒーローもいなければ、解決方法も違う。
    「ゾンビ戦争」が終わって様変わりした世界で、関係者にインタビューして回るという構成。作家の想像の中にはゾンビとその世界がリアルに存在して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月19日

    映画のCMを観てから読んだので、映画の雰囲気と全く違うインタビュー形式でビックリ。
    でもそのおかげで、いつの間にか本当にあったことのように錯覚して、読んでてはっと我に返ることが何度か。
    兵器の名前が複雑すぎてちょっと読んでて辛い部分もあったけど、引き込まれる内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月12日

    予備知識も無く『このミステリーがすごい!』で20位にランクされていたので読み始めたのだが、かなりハードなゾンビ小説であることに驚いた。

    ある組織に所属する『わたし』がゾンビ戦争を生き延びた人々にインタビューするという形式で物語が進む。

    あり得ないストーリーなのだが、インタビューによりゾンビに関す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年08月22日

    マックス・ブルックスによるゾンビ小説。
    世界ゾンビ大戦の終結から10年、その戦争を生き抜いた人々にインタビューした証言録という体裁で物語が進む。上巻は感染の発生から大規模な戦争へと移行し、人類がどんどん追い詰められていく様子がリアルに描かれている。
    戦争を生き抜いたということで軍人中心で物語が進んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年10月23日

    まだ上巻、インタビュー形式で淡々と綴られる物語。
    必然的に軍事、政治関係者の比率が高い。最終的な感想は下巻を読まないとダメですね。

    このレビューは参考になりましたか?

WORLD WAR Z のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • WORLD WAR Z(上)
    722円(税込)
    中国で発生した謎の疫病──それが発端だった。急死したのちに凶暴化して甦る患者たち。中央アジア、ブラジル、南ア……疫病は急速に拡がり、ついにアウトブレイクする。アメリカ、ロシア、日本……世界を覆いつくす死者の軍勢に、人類はいかに立ち向かうのか。未曾有のスケールのパニック・スペクタクル。大作映画化。
  • WORLD WAR Z(下)
    754円(税込)
    死者の大軍を前にアメリカ軍は大敗北を喫し、インド=パキスタン国境は炎上、日本は狭い国土からの脱出を決めた。兵士、政治家、主婦、オタク、潜水艦乗り、スパイ……戦場と化した陸で、海で、人々はそれぞれに勇気を振り絞り、この危機に立ち向かう。「世界Z大戦」と呼ばれる人類史上最大の戦い。本書はその記録である。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています