幽麗塔(1)
  • 完結

幽麗塔(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった・・・・・・・・

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
電子版発売日
2013年05月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
56MB

書店員のおすすめ

「百数十年もの間動かなかった時計塔が、2年前の夜、ただ一度だけ動いたことがある。
藤宮たつ(60)が養女・麗子(23)に惨殺された夜のことである。」
この時計塔は幽麗塔と呼ばれており、物語はこの幽麗塔を中心に進んでいきます。主人公・天野は、ひょんなことから謎の美青年・テツオと出会い、幽麗塔の元へ連れてこられて、「ここの管理人に応募しないか」と言われる。もともとオカルトの類に興味があった天野はその晩、興味本位で幽麗塔に入っていってしまった。そこで白装束の男に襲われ、目が覚めると時計針に体が縛り付けられていた。時間の経過とともに下半身と上半身は折れ曲がっていき、もうダメだと天野は死を覚悟するが。。。
幽麗塔に隠された秘密とはいったい何なのか。テツオはいったい何者なのか。天野を襲ったのは誰なのか。まさに本格ミステリー・サスペンス漫画です!謎が謎を呼んでいく展開に、読む手が止まりませんでした。ホラー要素もあって、何度か「うわっ」と声に出してしまうようなシーンもありましたw 昭和20年代という時代感も忠実に再現されていて、懐かしい感じのミステリー漫画となっています。ミステリー漫画を読んだことがない人も是非一度、この作品をきっかけに読んでみてはいかがでしょうか。

幽麗塔(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年03月16日

    医龍の乃木坂 太郎さんのミステリー。

    最初キャラクターの顔は医龍と印象が被りましたが、読み進めていくうちにきっちり上書きされました。
    第2位時世界大戦後を舞台にした江戸川乱歩調の怪奇幻想ミステリー。
    まだ種がどんどん撒かれている途中ですが、なかなかにポテンシャルを感じさせるよいスタートになっている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    絵とストーリーがマッチ!

    さるこ 2020年01月13日

    きれいな絵と、横溝や江戸川乱歩を想起させる怪奇猟奇的なストーリー、時代設定がマッチして、極上の作品になった!あっというまに引き込まれて、読むのをやめることができない。無料版だけで我慢できず、全巻ポチってしまった、、、苦笑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月17日

    すごく面白いです!
    久々にレビュー書こうと思えるくらいに!
    1巻をためし読みしてから1日で既刊すべて揃えてしまいました。
    続きが気になって頭がいたいくらいです…絵も美しく、惚れ惚れしますね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月30日

    絵が美しいです。昭和29年。時代も興味深い。いきなり読者が共犯者になる展開、いいですね。原作:黒岩涙香『幽霊塔』も探してみようかな。4月30日、再読。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月15日

    久し振りに恐ろしい漫画に出会いました…。

    2巻くらいから突然金田一少年の廉価板みたいなミステリーが始まり、ロードムービー化しだしたので、あれ?つまんなくなった?と思ったのですが、それはおまけみたいなものだったようで。
    トリックがいまいちの部分がありましたが、それはこの物語の本質ではなかったです。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月09日

    4巻まで読んだ。
    一巻ごとになぞが出てきて、それを探偵が解き明かしていくのかと思っていたら、幽霊塔という大きな謎があって、そこに行くまでにいろんな事件に巻き込まれていくって話だった
    男装の麗人とか、ヘタレ男子とか、マッドサイエンティストとかいろいろ出てくる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月23日

    見目麗しい探偵が華麗に事件を解決していく漫画かと思ってかかったら、いい意味で火傷しました…コミックスの表紙からは想像できないくらいドン退きな怖いシーンもあればグロいシーンもありで、完全に読む前のいろんな想像を裏切られた…。でも面白い!とまらん!「えっそんな…ええ?違うの??」とどんでん返しがかなり多...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月29日

    古本屋で一目惚れして、遂に買ってしまった。ミステリー×ホラーかな。絵がとても美しく、趣きがあります。

    昭和29年、ニートなダメ人間天野が、時計塔にまつわる怪奇的殺人事件に巻き込まれていきます。謎の美青年テツオや、怪しい検事丸部など、みんなが怪しく裏がありそうなのです。

    おどろおどろしい昭和の雰囲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月04日

    昭和30年くらいの薄暗くて耽美でどろどろな怪奇小説の雰囲気。ちょっと古風な絵柄がぴったり。あからさまに怪しいひとたちがわんさか出てきて、比較対照の主人公がほほえましくなってくる。テツオの体型がなぞ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月21日

    医龍と同じで相変わらずこの人の作品はどうしようもなく惹きつけられるパワーがある。謎に継ぐ謎の連続で引き込まれずにはいられない。陰影が深くてやたらと迫力のある作画、それでいて不思議と色気のある女性像、残酷さ、不愉快さ、無理難題に対するあっと驚くような解答とそれに伴うカタルシス。ほんとにスキのない作風だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

幽麗塔 のシリーズ作品 全9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 幽麗塔(1)
    完結
    605円(税込)
    時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった・・・・・・・・
  • 幽麗塔(2)
    完結
    605円(税込)
    顔の見えない殺人鬼「死番虫」との対決を決意した、天野。「死番虫」の正体かもしれない、死んだはずの麗子。天野は麗子の写真を手に入れるため、テツオと共に瀬戸内のとある島へと向かう。しかし、一見平和なその島で天野達が見たものは、古来受け継がれる秘密の因習。今も繰り返される悲劇の掟・・・・・・その真相に触れてしまった天野達に、島民は、本性をむき出しにする・・・・・
  • 幽麗塔(3)
    完結
    605円(税込)
    死んだはずの麗子が現れた。自らの義母を磔(はりつけ)にして殺した、麗子。事件後、神戸港で遺体として見つかった、麗子。その麗子が、何故・・・・・・その存在は、何・・・そして、誰・・・麗子、「死番虫」、そして麗子の元婚約者・本城志郎。この3者の関係が見えてくるほどに、そして幽霊塔の謎が明かされるほどに、「死番虫」の殺意は膨張し、天野らに向けられる。
  • 幽麗塔(4)
    完結
    605円(税込)
    テツオは、死んだはずの麗子だった。炎に包まれた幽霊塔の地下迷宮は殺人鬼「死番虫」を下敷きにして崩れ去った。しかし、その遺体が見つからない。迷宮で「死番虫」が犯した無差別殺人の罪は、幽霊塔から姿を消した天野とテツオに着せられる。当局に手配された二人は、天野が女装し、夫婦を装い身を隠す。女が男に・・・男が女に・・・へんてこな偽装夫婦。そんな二人が潜伏先の宿で出会った、一冊の小説...
  • 幽麗塔(5)
    完結
    605円(税込)
    幽霊塔の秘密を知る小説家不変木は、沙都子の実の母だった。丸部に性的虐待を受けてきた沙都子は、丸部家を出て、実母と暮らす道を選択する。実母は、共産主義を信奉する活動家で、同胞を日本から北朝鮮に移住させる計画を進めていた。何もかもが違う生活に戸惑う沙都子冷めたごはん、ぬるくなった味噌汁、暗い家。そしてそこにもまた「死番虫」が現れる。天野、テツオ、活動家グループ、「死番虫」、バト...
  • 幽麗塔(6)
    完結
    605円(税込)
    丸部により軟禁された、天野とテツオ。 ご主人様の丸部は、もう好き放題。 変態丸部に弄ばれつつも、 天野とテツオが、その恥辱に耐えられるのは、 互いへの信頼があるから。 親友がいるから。 しかし、 ワケありの隠し事が、 二人の友情に亀裂を生む。 亀裂は修復されぬまま 二人は、幽霊塔へと足を踏み入れる。
  • 幽麗塔(7)
    完結
    605円(税込)
    二人一組で幽霊塔の財宝を探す命がけのゲーム。 勝ったペアには財宝の半分が与えられる。 天野・山科ペアは、落ちてくる天井トラップをなんとかクリア。 一方、テツオと丸部は、死の絶壁トラップに苦戦し、絶体絶命。 しかしその状況下で、丸部はテツオを口説きはじめる。 テツオの運命は……!?
  • 幽麗塔(8)
    完結
    605円(税込)
    幽霊塔内部、12枚の扉に囲まれた円形の部屋。 その扉のどれか一つが 財宝の隠し部屋につながっている。 天野が選んだ扉の先にあるものは…… そして、「死番虫」との決着は…… 覚悟を決めた天野は、 もはや、かつての天野ではない。 かといって運命は、 そう都合のよいものではない……
  • 幽麗塔(9)
    完結
    660円(税込)
    「死番虫」を撃ち殺し 財宝探しの勝者となった、天野。 一方テツオは、 脳交換手術によって、丸部と体を交換し 男として生まれ変わろうとする。 しかし天野には その前にテツオに伝えたい想いがある。 ドレスをまとい、直視できないほど美しいテツオ。 天野はその美にたじろぎながらも テツオに、ある告白をする。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています